ウィーンのゲイパレードで感じた日本との圧倒的な差

昨年の今頃、私はウィーンに住んでいた。
volksgartenのバラ園にバラを見に行ったとき、近所の広場でちょうどゲイパレードがあっていて、友人と行ってきた。

Rathausと呼ばれる市庁舎で大々的に開催され、LGBTを表す虹色がそこかしこに掲げられていた

“日本では見られない光景だ…”と感動した。

LGBTとは、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを指す、セクシュ

もっとみる

2020.05.23.17:11 ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2020の再放送を見た。

ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2020の再放送を見た。

最高だった。

三時間があっという間だった。

コンサート会場に入り込んで、興奮した。感動した。

ウィーンの景色や建物、雰囲気、バレエも素敵だった。

音楽って素晴らしい。

生き返ったような気がする。

2020.05.23.17:11

ありがとうございます❗️
7

リンツのクリスマスマーケット

2019年12月にザンクトフローリアンのアドベントコンサートに行ったとき、リンツのクリスマスマーケットにも行ってみました。トラムに乗っていると、たくさんのかわいい天使が道を彩っていたので、途中で降りて天使を見ながら中央広場に向かいました。

クリスマスマーケットに到着。

グリューワインが入ったマグカップはこちら。Linzer Chirstkindlmarktの文字があります。

パンの上にラクレ

もっとみる
Thank you so much!
2

ビザ更新日記 5/21

いろいろ書類を用意するのはいいけど、メールで送る際この様式でいいのかと思い、もう一度サイトを確認。

ウィーンの学生ビザのページhttps://www.wien.gv.at/amtshelfer/dokumente/aufenthalt/aufenthaltsbewilligung/bescheinigungen/studierender.html

ここのZuständige Stelleのとこ

もっとみる
ありがとうございます!
5

ビザ更新日記 5/20

コロナ禍で家に籠る生活が続いている。

毎日ゆっくりと時間が過ぎていく。

何もしていないわけでは無いので、それなりに充実した毎日(お金は稼げていない)を送っている。このままでも幸せかと思っていたある日、嫌なことを思い出してしまった。

そう、ビザのことである…!!

毎年恒例の地獄の更新の時期が、やってきていたことを、日本にいたためにすっかり忘れていた。

コロナの影響で、メールでの書類提出が可

もっとみる
ありがとうございます!
3

ウィーン国立歌劇場

音楽の町ウィーンにふさわしいオペラの殿堂。現在の建物は1869年に落成し、グスタフ・マーラーが音楽監督を務めた時期に黄金時代を迎える。大戦による破壊を経て再建された。

■ウィーン国立歌劇場入口艶やかな大理石の柱や壁面に囲まれた大空間が現れます。所々にあしらわれた彫刻と絵画、そして大階段を見下ろす様に描かれた天井画は、溜め息が出る程の美しさ!派手さを抑えた白と金を基調とした色使いはとても上品で、見

もっとみる
嬉しいです。
13

世界遺産「ウィーン歴史地区」

■オーストリアの世界遺産「ウィーン歴史地区」
歴史地区はリング状になっていて周囲を環状線の電車が走っています。1周は約20分から30分ほどでまわれます。歴史地区の主要な観光名所は、環状線の中心にあるシュテファン大聖堂、ウィーン国立歌劇場、ベルヴェデーレ宮殿、王宮周辺、市立公園などがあります。散策も楽しめ歴史地区では、観光用の馬車も走っているとされています。中世から残る建物と石畳の調和をゆっくりと味

もっとみる
いい日のなりますように。
12

ベルヴェデーレ宮殿

■プリンツ・オイゲンの夏の離宮「ベルヴェデーレ宮殿」
オスマントルコ軍との戦いでウィーンを救った英雄オイゲン公の夏の離宮だった美しいバロック建築の建物。ベルベデーレとは「美しい眺め」という意味で、庭園から見る宮殿はまさに美しい眺望。住まいがあった下宮と迎賓館として使われた上宮から成る。現在は美術館として公開されている。

■ベルヴェデーレ宮殿の庭園
ベルヴェデーレ宮殿の庭園は、バロック造園技術の最

もっとみる
マイホームページもご覧ください。
12