tiktokのフォロワーと視聴習慣の関係

どうも左利き専門家@トスカネリです

TikTokをやっていく中でなかなかフォロワーが増えない、、、

フォロワーを一気に増やすための方法はないのか、、、?

フォロワーに見てもらえる方法はないのか、、、?

そんなことを考える中で僕は以下の仮説を見出したので皆さんもこの仮説があってるか是非試してみてください!!(僕はもちろん試しますw)

勢いが大事

視聴習慣とかフォロワーの前に大前提として知

もっとみる

【ラブレター from インフルエンサー#02】「ゆるくて甘ったるい雰囲気に騙されて、地域の人たちがアナキズムと砂糖に毒されていく様が楽しみです!」(田中トシノリさん/映像作家)

「アナキド」プロジェクト・クラウドファンディング実施にあたって、各界のインフルエンサーのみなさまに応援メッセージという名のラブレターをいただく本連載【ラブレター from インフルエンサー】。

第2回目の今日は、新作『ひびきあうせかい RESONANCE』(2020年公開)を完成させたばかりの映画監督でもある、映像作家のトシくんこと田中トシノリさんです。

みくが尾道を初めて訪れた時、実は最初に

もっとみる
スキありがとうございます!今後とも、よろしくお願いします!

SNS雑感

自分のことをインフルエンサーだと思っていても、周りから見たらただのアジテーターだった…

言いたいことを垂れ流しにしてしまえるSNSが当たり前の時代では、こういうことも増えてしまうのだろう…

大学時代に初めてSNS(mixi)と出会った。(今はもうやっていないが…)
その後、Facebookを始めた。
そして最近になってTwitterもやるようになった。

どうもTwitterには危なっかしいイ

もっとみる

【ラブレター from インフルエンサー#01】「これが真にドーナツに穴があいている証拠なのです。」(村上博郁さん/「チャイサロンドラゴン」代表)

わたしたちが新たなプロジェクト「アナーキー・イン・ザ・ドーナッツ」のクラウドファンディングを実施するにあたって、各界のインフルエンサーのみなさまに応援メッセージをいただきました。

応援メッセージとして依頼した文章でしたが、わたしたちの予想を遥かに上回るみなさまの愛情がそれぞれの文面から溢れ出し、わたしたちにとっては応援メッセージどころかラブレターにしか思えなかったので、【ラブレター from イ

もっとみる
スキありがとうございます!今後とも、よろしくお願いします!
2

【バーチャルインフルエンサー】アイコニックなアンドロイドモデル

ファッションにまつわる記事をキュレーションするnoteを書いています。本日はバーチャルインフルエンサーについて。
前回の記事ではテクノロジーについて少し考えてみました。AirPodsを中心にお話してきたのですが、僕らは視覚的にもテクノロジーを感じるようになりました。あらゆる面でという意味です。Vtuberもその1つですし、今はサウンドアートとオペラが近接し、その中心のヴィジュアル面を担うのが、ヒト

もっとみる

「PR投稿」の依頼が来た時に、インフルエンサー側が考えているコト

こんにちは。
ぼくは韓国系の動画を主に上げている、チャンネル登録者4.3万人のYouTuberです。
YouTube、TikTok、Instagram、Twitter、の合計フォロワー数は、10万人を超えました。(2020年1月15日現在)

昨今、インフルエンサーマーケティングの重要性が謳われており、「#PR」がついた投稿や、Instagramストーリーズを活用した「アフィリエイト」投稿を多く見

もっとみる
ありがとうございマリウス
16

「映像」から「動画」への変化を体感

「面白い番組が全然ないっちゃん」

テレビチャンネルを頻繁に変えながら妻がつぶやいていました。

そういえば、私自身もここ数年スマートフォンでYouTubeを見ている時間の方が圧倒的に増えたと感じます。

今仕事上、海外のYouTuberを日本に呼び、インバウンドの集客を目指す企業さんや地方自治体さんのPRの仕事を1つの仕事としてやっています。

たまたまYouTubeで本の要約を移動時間に聞いて

もっとみる

4%で生きる

インフルエンサーの方々が、「しょうもない質問がきて困る」というのを良く耳にする。

ググればわかるようなこと。
を、わざわざ聞くって何だろう?

それって、相手の時間と労力と能力を奪っていることに気づいていないのだと思う。

私も、開業当時、あれこれ試行錯誤しながらやっていた際、

「私もそれやりたいんです!」
「そのサイト使用、どれくらい手数料かかりますか?」

など、かなりしつこくされたことが

もっとみる
今日もいいことありますように☆
40

TikTokがEC機能をテスト導入、勢いを増すソーシャルコマースの波。

若者を中心に人気の動画アプリTikTokは、一部ユーザーに対し、EC機能のテストを開始した。リリースからわずか3年でダウンロード数が約15億回を突破したTikTok、今や一般ユーザーのみならず、ファッション企業やインフルエンサーも利用する一大プラットフォームだ。

そんなTikTokによるEC機能導入は、どのような影響を与えるのだろうか。近年増加しているソーシャルコマースやファッションの観点から、

もっとみる
ありがとうございます!次の記事も楽しみにしてて下さい!
26