【要注意】うつ病がいつまでも治らない3つの悪習慣【あなたは大丈夫?】

こんにちは!がーさんです!
重度のうつ病を克服し、現在は精神療法士兼カウンセラーとして年間300人以上のうつ病患者様のリハビリを行なっています。

今回はうつ病がいつまでも治らない3つの悪習慣というテーマでお話していきます。

皆さんの中にも「うつ病があまり良くならないんだよね」とか「なんか体がだるいんだよね」という方いると思います。

実はうつ病がなかなか治らない人には共通する悪習慣がある場合が

もっとみる
スキありがとうございます!
1

うつ病体験談1

こんばんは、ふくのごはんです。

ここでは私の体験談を少しお話させていただきます。

あくまで私の経験談のため参考程度にしてください。よろしくお願い致します。

うつ病は、年々罹患者が増えており、現在では100万人以上の患者がいるとの報告があります。

私は当時、訪問看護ステーションの管理者として働いていましたが、管理者業務に加え、多重業務を抱えておりました(あまりにブラックな会社であったため詳細

もっとみる

#333 NHKの受信料

どうも,こんにちは。

古田博大(ふるたひろまさ)です。

このブログを初めてご覧になる方は,はじめまして。

いつもご覧くださっている皆様,いつもアクセスありがとうございます。

僕は,1990年生まれで現在30歳。2017年1月から弁護士として働き始め,ちょうど2年半が経過した2019年7月10日にうつ病を発症し,それから今日までずっと休職しています。

うつ病発症からしばらくは,眠ったり食べ

もっとみる
スキありがとうございます!

今日も

結局今日も腹筋と散歩はできた

年金の督促のレターが来ていた

つーかこの前払ったのに

なんで同じのがくるの?

もう嫌だ

HSPとはなんぞや

今話題になっているHSPですが、私はうつ病になってからカウンセラーの方からこういう体質の人がいると言われて知りました。

どういう状態なのかはきっと興味のある方なら、ご存知でしょう。程度の差はあれ、5人に1人の割合で存在するというHSP、WEB診断をしてみた結果です。

過去の経験で出来上がってしまった後天性の質なのか、はたまた元々生まれ持ったものなのか、合わせ技なのか。

なるほど、それは生きづ

もっとみる
ありがとうございます!
3

自分を強く持ちたい

1日双極性障害に対して考えていた。

結果このように思った。

「自分を強く持とう……」

病気がなんだ。双極性障害がなんだ。

余計なことをうじうじ考える前に、もらった仕事をコツコツこなすんだ。

自分をしっかり強く持て。

負けるな。得体の知れない恐怖と面と向かってたら負けちゃう。

うっかり死にそうになるときもあるし、病的ハイテンションになって超絶調子良いと思うかもしれない。

そんなものと

もっとみる

さんぽ

今日も30分ほど散歩にいってきた。

私が散歩をする理由はひとつ

うつ病にいいからと書いてあった、聞いたからだ

別に散歩がすきではない。

基本何もしたくない

ただいいと言われれば、無理にでも行こうとする。

ある意味単純。ある意味バカである。

早く良くなりたいと焦るあまり、いいと言われればやる。

さすがに体調悪いときはさすがにいけないが・・・

今日も近くのマクドナルドまでいって

もっとみる

おはようございます

みなさんおはようございます。

ふくたんです。

みなさんは昨日は眠れたでしょうか?

私の場合は薬で眠れるので安心です。

昔は眠れなくて、ベットの中で焦ってしまうこともありました。

明日仕事なのに眠れないと焦りますよね。

つくづく薬ってすごいなぁって思います。

今日の目標としては

いつもの腹筋、できれば散歩はしたいですね。

読みかけの本も数ページでも進めたらいいなぁ

そんな感じです

もっとみる

鬱から立ち直った理由

単刀直入に言うと、鳥です。見てくだされば分かると思うんですけど、こんな可愛いのが家にいたら治るに決まってるんですよ。

それはさておいて、うつ病の辛いところって、何をすれば治るのか、どのくらいの人がどの期間で治ってて、その理由はなんなのかが全くと言っていいほど分からないことです。

辛さを比べることは出来ませんが、身体の病気ではこの薬を飲み続けたら何ヶ月後に治るとか、この手術は何割成功するとか、余

もっとみる
私を孤独から救った貴方に幸あらんことを。
1

過去を振り返る話。(恋愛編)

※だいぶ生々しい話を書こうと思うので、嫌にならないでください。(読むなら)

恋愛は散々たる内容です。散々たるというと過去の自分に失礼だから、言い方を変えると、いろんな経験をさせてもらっていろんな方向に成長したというのが正解かな。

そりゃ、幼少期の可愛らしい恋もあった。幼なじみはいないけど、「好きな子」という存在がいないということは人生のうちに一度もなかったと思う。

当時から人を好きになること

もっとみる