わたしはラヴェル:手紙・文章・インタビュー<もくじ>
見出し画像

わたしはラヴェル:手紙・文章・インタビュー<もくじ>

葉っぱの坑夫

本作品は2021/22年・葉っぱの坑夫プロジェクト「モーリスとラヴェル」の中のコンテンツです。プロジェクトはファンタジー小説『小さなラヴェルの小さな物語』(作:コンガー・ビーズリー Jr.、絵:谷このみ)、評伝『モーリス・ラヴェルの生涯』(マデリーン・ゴス著)と、この『わたしはラヴェル:手紙、文章、インタビュー』で構成されています。
音楽も生き方もエキセントリックだったフランスの作曲家、モーリス・ラヴェル。ここでは友人や家族に宛てた手紙、自作や他の作曲家についてのコメント、レクチャーやインタビューなど紹介します。

*以下のリストの ✔マークのついているものは公開されています。(各項目で年代の古い順にリスト) 

 [インタビュー] お気に入りはシェーンベルク 1924.5.1

✔[インタビュー] 北欧音楽、シェーンベルク、『子供と魔法』 1926.2.9
 SvD(スウェーデンの日刊紙)      

✔[インタビュー] モーリス、自身をかたる 1928 エオリアンでの録音時

✔[インタビュー] 『ボレロ』が意図どおりに演奏されることは稀です  
 1931.3.31  De Telegraaf(オランダの朝刊紙)        

✔[インタビュー] モーツァルトは完璧な作曲家だね 1932.5.5(Candide)

✔[文章] ショパンの音楽における「隠された意味」について 1910.1.1 Le  Courrier musical(ショパン生誕100周年特集号への寄稿) 

 [文章] インスピレーションについて  1928.1-2 

 [文章] ジャズをもっと真面目にとるべきです   1928.3

✔[文章] 自作を語る:左手のためのピアノ協奏曲 1933.1.14 Le Journal

✔[文章] 工場で音楽をみつける  1933.8.9 New Britain

 [手紙] ストラヴィンスキー ← → ラヴェル 1915.1.2 — 1915.1.10

✔[手紙] 新しい家の中でキャンプ生活です 1921.2.28

✔[手紙] クーセヴィツキーへ :『展覧会の絵』1922.5.1

✔[手紙] エレーヌ・ジュルダン=モランジュへ 1922.5.9

✔[手紙] アメリカ・ツアーから(1)  1928.1.3.〜1928.2.7

✔[手紙] アメリカ・ツアーから(2)  1928.2.10.〜1928.4.14

✔[手紙] ユダヤ人とされたことへの反論(ハンス・ブルックナーへ) 
 1937.5 

✔[手紙] ラヴェル最後の手紙     1937.10.29

 ・・・・・つづく

===========================
プロジェクト「モーリスとラヴェル
===========================

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ホントですか? サンキュ!
葉っぱの坑夫
2000年4月からウェブ上で、翻訳作品を中心にさまざまなコンテンツを公開してきました。内容としては移民文学、野生動物観察、音楽家インタビュー、外国語で書かれたハイクなどです。コンテンツの中から紙の本や電子書籍も作っています。 https://www.happano.org