マガジンのカバー画像

haccobaの楽しみ方

19
運営しているクリエイター

記事一覧

僕たちの酒 Taisuke Sato を楽しむ

僕たちの酒 Taisuke Sato を楽しむ

haccobaLAB_×
阿部酒造・WAKAZE FRANCE・LIBROM Craft Sake Brewery

新潟県柏崎市にある酒蔵「阿部酒造」。
ここは、haccobaの佐藤太亮がいちから酒づくりを学ばせていただいた、haccobaの原点となる場所です。
その阿部酒造では、毎年、酒づくりの最後にその年の集大成として、蔵人たちが自分たちのつくりたいお酒を自由に醸します。それが『僕たちの酒』

もっとみる
Happy Sour Hour を楽しむ

Happy Sour Hour を楽しむ

haccobaLAB_ × クラフトサケブリュワリー協会設立記念酒
2022年6月27日、全国のクラフトサケをつくる酒蔵6つが集まり、「クラフトサケブリュワリー協会」が立ち上がりました。
クラフトサケを広め、その社会的な地位を確立しながら、これから生まれる醸造所を支えることで、日本により豊かなサケ文化を築くことを目指します。

そして、クラフトサケを一緒に広めてくれる仲間をMakuakeにて募集し

もっとみる
グルートな夜 を楽しむ

グルートな夜 を楽しむ

haccoba LAB_ × 越後薬草
醸造メンバーの後藤くんがタンク責任者としてつくったお酒の第二弾です!
(第一弾のお酒「おこめとカカオのスタウト」)
今回のお酒は、いままでとはちょっとテイストが違います。
いつもは、すいすいと飲みやすいタイプが多いのですが、このグルートな夜は、あえて少し重めの口当たりになっています。
ゆったりとした夜のお供として、ちびちびと味わう。
ちょっと大人なチル体験の

もっとみる
卵鞘酒 -Good Old Koji Idea-を楽しむ

卵鞘酒 -Good Old Koji Idea-を楽しむ

haccoba LAB_ × ANTCICADA
近年、食糧危機や環境問題の観点などからも注目されている昆虫食。
栄養価も高いということから、大手のメーカーさんも商品開発されていますが、まだちょっと抵抗があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。かくいう私も、虫が苦手で、幼い頃に一度だけ食べたイナゴの佃煮の印象がどうにも拭えませんでした。
しかし、日本橋にある昆虫食レストランANTCICAD

もっとみる
土 -D- を楽しむ

土 -D- を楽しむ

haccoba LAB_ × D2021
昨年、私たちがD2021のメンバーの方々にお送りした1通のメールをきっかけに、今回のプロジェクトがスタートしました。
D2021のみなさんとの対話を重ねていくなかで、南相馬を訪れてその様子をでドキュメンタリーにしたり、Gotchさん率いるアーティストの方々に、微生物に聞かせる音楽を製作していただくこととなりました。
そしてこの「土-D-」(ど)というお酒は

もっとみる
Ring.Ring.Ring. を楽しむ

Ring.Ring.Ring. を楽しむ

haccoba LAB_ ×  ゴロクヤ市場
「秋田県産の野菜を余すことなく、その美味しさを届けたい」
ゴロクヤ市場(いちば)さんは、そんな想いで秋田の野菜の卸をされている方がいます。
じつは、ゴロクヤ市場さんとhaccobaとは深いつながりがあります。
私たちのお酒づくりに欠かせない東洋のホップ “唐花草”は、ゴロクヤ市場代表・佐藤飛鳥さんのおじいさんの山で採れたものをいただいています。
今回、

もっとみる
おこめとぶどうとホップと を楽しむ

おこめとぶどうとホップと を楽しむ

haccoba LAB_ × FUKKOKU by ITONAMI
2021年に岡山のデニムブランドITONAMIさんが実施した、みんなでつくる回収デニムプロジェクト「FUKKOKU」。私たちも回収拠点の1つとして参加しました。
集めたデニムをほぐして再び生地を織り上げる。役目を終えた服たちが新たな命を宿すこの企画をお酒でも表現できないかと考えて、出来上がったのがこのお酒「おこめとぶどうとホップ

もっとみる
まーるまーる を楽しむ

まーるまーる を楽しむ

haccoba LAB_ × Fattoria AL FIORE
「日本酒でもワインでもない新しいお酒をつくれたら面白いですね」
2020年のクラウドファンディングにて”プロデューザーコース”を応援購入いただいた會澤祥弘様との、そんな話から生まれたのがこの「まーるまーる」です。
お米と一緒にワインの搾りかす(マ-ル)を醸し、ジャンルという垣根を超えた味わいにチャレンジ。
ワインの搾かすをご提供いた

もっとみる
WaiWaiみそゴーゼ を楽しむ

WaiWaiみそゴーゼ を楽しむ

昨年の10月に、下北沢のBONUS TRACKで開催された「OKTOBER FEST」に出店させていただいたときのこと。
醸造責任者である立川の「日本の発酵でゴーゼをつくりたい!」という提案に、五味醤油さんや発酵デパートメントさんが賛同してくださり、わいわいと実現したコラボレーションです。

お味噌を提供いただいた五味醤油さんは、明治元年より山梨の甲府で醸造業を営んでいる”まちのおみそ屋さん”。味

もっとみる
おこめとカカオのスタウトを楽しむ

おこめとカカオのスタウトを楽しむ

haccobaLAB_ × Cacao husk
昨年リリースして好評だった、米麹を焙煎してつくったお酒「おこめのスタウト」が、新たな味わいをまとって帰ってきました!
その名も「おこめとカカオのスタウト」
このお酒は、9月からhaccobaに加わってくれている後藤優希くんがレシピを考案し、タンク責任者を務めました。実は、おこめのスタウトの要である麹を焙煎するアイディアは後藤くんからの提案。今回は、

もっとみる
はなうたホップス -special edition- を楽しむ

はなうたホップス -special edition- を楽しむ

今回の「はなうたホップス -special edition-」は、昨年9月におこなったクラウドファンディングにおいて、”haccobaメンバーズ" にご参加いただいた方への特別編です。
最初の試験醸造酒A / Bから半年後のお酒を楽しんでいただくという企画。
haccobaメンバーズの方へは、定番のはなうたホップス(緑の王冠)と、このspecial edition(シルバーの王冠)の2本をお届けし

もっとみる
Raspberry bonbonを楽しむ

Raspberry bonbonを楽しむ

haccoba_LAB×福島ファイヤーボンズ
”BONDS UP”というクラブアイデンティティを掲げ、誇れる福島のシンボルになることを目指すプロバスケットボールチーム「福島ファイヤーボンズ」。私たちも同じ福島で活動をしているものとして、一緒に福島の未来を創る一歩として、このお酒をつくりました。

このお酒の特徴
- 福島県産ラズベリーが奏でる甘酸っぱくキュートな味わい -寒い季節は、日暮れと共にま

もっとみる
十 -je-を楽しむ

十 -je-を楽しむ

haccoba LAB_× Miho Kajioka
東日本大震災をきっかけにアート活動を再開し、現在はヨーロッパを中心に活動している、アーティストMiho Kajioka。
震災から10年の2021年6月、彼女が再び福島を訪れたことをきっかけに「十 -je-(じゅう)」は生まれました。

今回のコラボレーションでは、同じく福島の郡山で300年以上続く老舗の酒蔵、仁井田本家さんも彼女の写真をラベル

もっとみる
全麹IPA - Yay!Yay! Hazy!! - を楽しむ

全麹IPA - Yay!Yay! Hazy!! - を楽しむ

haccobaLAB_ x ヘラルボニー
福祉領域で圧倒的に異彩を放ち、次々に世の中にインパクトを与え続けているヘラルボニー。
以前より、彼らのビジョンやスタンス、アプローチにはとても共感していて、その取り組みにはいつも心を揺さぶられます。いつか一緒にものづくりをしてみたい!その想いがこのコラボレーションへと繋がりました。

このお酒の特徴
- 麹とホップが放つ爆発的な香りとうま味 -
クラフトビ

もっとみる