Writing Hack!プロライターでいこう

6
記事

これからライターとして独立するなら、覚悟しておいた方が良いと思うこと

副業や複業、フリーランスなど働き方が多様化する中で、今もなおライターという仕事を選択する方は多いようです。その理由に考えられるのは、まずインターネットの普及により“書く”ことのできる場が増えた(=書く仕事に就くうえでのハードルが下がった)こと。そして、誰でもパソコン1台あれば資格など必要なく始められる(=誰でもその瞬間からライターを名乗れる)こと。また、インターネットメディアの台頭により、ライター

もっとみる

“運動できる”コワーキングスペース「Plus Fit」を作ったワケ

本日7/22(月)、千葉県印西市で”運動できる”コワーキングスペース「Plus Fit」をオープンしました。その名の通り、デスクには色んな運動のできる仕組みを用意。さらにフィットネス&ケアが行えるエリアも設け、色んな有酸素運動や自重トレーニング等が行えます。詳細について気になって頂けた方は、以下ホームページをご覧ください。

フリーランスな私が、なぜコワーキングスペースをオープンするに至ったのか。

もっとみる

無料・有料noteの位置づけについて

noteでは、無料・有料の両方で投稿しています。たまに「なんで有料なの?」と聞かれるので、自分なりにザックリご説明しておきました。

●有料note

私にとって、私自身が経験してきた物事、仕事などを通じて見聞きした情報は財産です。そして、その中から導き出したノウハウや自分なりの答えもまた、私の中にしかない価値あるものだと考えています。そのため、そうした情報を含むnoteについては、原則として有料

もっとみる

2018年の振り返りと2019年の抱負

平成最後の年末年始を越えて、2019年に入りました。皆さんにとって、2018年は短かったですか?それとも、長く感じられたでしょうか。同じ24時間・365日でも、人によって時の流れの感じ方は違うもの。私はといえば、過去最速と言っても良いほどあっという間だったと感じています。

せっかくnoteで多くの方と繋がっているので、昨年の振り返りと今年の抱負について綴っておきたいと思います。あまり何か役立つも

もっとみる

フリーランスが営業力を身につけておくべき理由と基本手法

会社員から独立してフリーランスになると、やるべきことの多さに驚くかもしれません。それはフリーランスだからといって、事業運営に必要な業務そのものものは企業とあまり変わらないから。例えば事務や営業、経理、総務など。企業であれば部署・担当者が分かれている業務を、フリーランスは自分自身で行わなければいけません。

私の場合、経理は税理士に任せています。独立当初は会計ソフトを使って自分で青色申告していました

もっとみる

ライターが時給ではなく成果報酬で仕事するべき理由

私がライターとして仕事を始めたのは、約12年前のこと。当時はインターネットなんて今ほど普及しておらず、ライターの仕事は紙媒体が大半でした。そのため、基本的にはページ単位で報酬を受け取ることが多く、アルバイトやパートに見られる”時給案件”に違和感を覚えます。同時に、ライターとしての経験を踏まえて考えてみると、「なぜライターが時給で働かなければいけないのか」と不思議にすら感じてなりません。もっと言って

もっとみる