宮本浩次  ーPassionー
+1

宮本浩次  ーPassionー

昨日、10月16日 土曜日 書店に行き、音楽雑誌のコーナー。 宮本浩次さんだらけ。 表紙になっているのが、数冊、 目の前にズラリ。 手にとり、ページをめくると、 モデルさん並みのいろいろショットが またズラリ。 すごいなあ。 若い頃の浩次さんより 今の浩次さん、 good!! 髭もまた、渋いし。 よい、カッコいい、年のとり方してるなあ。 ( 以下、「浩次( ひろじ)さん」記載。いっぱいでてきますが、ご了承ください ) 実は私が宮本浩次さんがいい!と 思うよう

スキ
42
Passion

Passion

Konitaroです。 僕はPassionという言葉が好きでした。 ”でした”と過去形になっているところが今回のポイントです。 今日のnoteのテーマを考えるにあたり、Passionにしました。 『情熱という意味を持つパッションという言葉をテーマに書こう!』 そう思いこの言葉の意味を調べると…”情熱”だけではなかった、というかむしろ語源は違うところにあり、英和辞典サイトで調べると僕が思っていた意味とは違う意味が並んでいて… 僕は専門ではないので変なことを書いてしまうのは怖

スキ
8
Connection

Connection

ろんなありがたい出会いと幸運のおかげで普通にはできないことができそう。 無意識のうちにしている仕事での繋がりとか会話を、見ていてくれていて価値のあることだと教えてくれる方がいる。そういう人のところで働きたいなって思えるのも幸せ。 Have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. - Steve Jobs

FY22

FY22

ぼんやりと来年の今頃は、という少し具体的な想像ができるようになってきた。 世界が止まって一年半、ひたすら進んでた日常が180度方向転換してから、熱くなるようなことって何だろう、夢中になれることってあるのかなとか、よく考えてる。 この決断と進む道が正しいのかはわからない。いつか散らばった点が繋がると信じて、ひとつひとつ積み重ねていこう。 You can't connect the dots looking forward; you can only connect them

みんなの将来

みんなの将来

みんなはなんで今ある夢や目標を目指そうと思った? いきなりですが、こんな質問を投げかけます。 今ぼくは保健体育の教員になりたいという目標があります。 教員を目指すきっかけになったのは中学の先生に憧れてという小さいものでした。 教員を目指してる人がよく志望動機で言っているのは、自分と同じように憧れがあるとか、恩師に影響を受けたとか、子供が好きだからなど様々あります。 今自分の中にある理想の教師像は、、 その時は面倒臭いとか嫌な先生って思われてても、その生徒が卒業して何年後

スキ
9
パッションの受難

パッションの受難

英語のpassion。日本語でもパッションとして使われるが、この単語には「情熱」と「受難」の2つの意味があることで知られる。 (僕が「受難」の意味を知ったのは、食材辞典で「パッションフルーツ」を調べた時だった。パッションフルーツは「情熱の〜」ではなく、「受難の〜」ということらしい。) この2つの意味は、語源は同じなのか、それとも語源は別でたまたま一つの同じpassionの綴りにおさまったのか? 語源が同じだとしたら、2つの意味には今でも繋がりがあるのか?今では袂を分かっ

当たり前を捨てて、ひらめきを引き出す。AkeruEのデザイン発想|PASSION Vol.4
+10

当たり前を捨てて、ひらめきを引き出す。AkeruEのデザイン発想|PASSION Vol.4

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。 創業者・松下幸之助がのこした考え方は今日も私たちの指針となっています。 連載企画「PASSION」では、「プロジェクト×人」という切り口でパナソニック社員やそこに携わる社外の方々にもお話しを伺い、それぞれが秘めた情熱の源泉を探っていきます。 これまで3回に渡ってお送りしてきた「AkeruE」プロジェクトメンバーの“パッション”に迫るインタビュー。2021年4月3日にオープンしたパナソ

スキ
68
「知る」ことでつながり広がる世界を見ていたい|PASSION Vol.3
+6

「知る」ことでつながり広がる世界を見ていたい|PASSION Vol.3

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。 創業者・松下幸之助がのこした考え方は今日も私たちの指針となっています。 連載企画「PASSION」では、「プロジェクト×人」という切り口でパナソニック社員やそこに携わる社外の方々にもお話しを伺い、それぞれが秘めた情熱の源泉を探っていきます。 今回も引き続き「AkeruE」プロジェクトに取り組んだメンバーの“パッション”に迫っていきます。 2021年4月3日にオープンしたパナソニック

スキ
95
何のために、誰とやる? AkeruEに込めた自分の原点|PASSION Vol.2
+7

何のために、誰とやる? AkeruEに込めた自分の原点|PASSION Vol.2

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。 創業者・松下幸之助がのこした考え方は今日も私たちの指針となっています。 連載企画「PASSION」では、「プロジェクト×人」という切り口でパナソニック社員やそこに携わる社外の方々にもお話しを伺い、それぞれが秘めた情熱の源泉を探っていきます。 今回も、Vol.1の黒尾玲奈さん(パナソニック)に続き、「AkeruE」プロジェクトに取り組んだメンバーの“パッション”に迫っていきます。202

スキ
74
ワクワクが未来をつくる! 私がAkeruEをつくりたかったワケ| PASSION Vol.1
+4

ワクワクが未来をつくる! 私がAkeruEをつくりたかったワケ| PASSION Vol.1

何かを成し遂げるのに必要なのは、知識や経験以上に「それを実現したい」という情熱である。 創業者・松下幸之助がのこした考え方は今日も私たちの指針となっています。 連載企画「PASSION」では、「プロジェクト×人」という切り口でパナソニック社員やそこに携わる社外の方々にもお話しを伺い、それぞれが秘めた情熱の源泉を探っていきます。 今回とりあげるのは、2021年4月3日にオープンしたパナソニック クリエイティブ ミュージアム 「AkeruE(アケルエ)」プロジェクト。 「

スキ
113