explayground

Explayer の本棚—Vol.1小西円先生—

「Explayer の本棚」
Explayer =自分のワクワクを探究し続ける者たち。そんなExplayer たちの本棚から、彼らの思考をのぞいてみようというチャレンジです。

第1回は、東京学芸大学留学生センターの小西円(こにし まどか)先生。
日本語学、日本語教育を中心に研究するExplayer 。
Explayground のEdu Knot Labでも活動されています。

https://

もっとみる

放課後まほらbo第十四話 「危険な遊び」の効果

【第十四話】
■遊びの質の変化と社会
■危険な遊びとは
■冒険の効果
放課後まほらboでは、「あそびは、最高の学び!」の構造化をすすめ、遊びを科学することで、こどものより良い成長を促す「危険な遊び」の効果について考えています。

■遊びの質の変化と社会
 第八話の「遊びの科学-あそびの危機-」でも少し触れましたが、この30年間で子どもの遊びは大きく変化しているといわれています。それは屋外での遊びが

もっとみる
ありがとうございます!
8

放課後まほらbo第十三話 「遊びと仕事」を考える

【第十三話】
■こどもは「お仕事」が好き
■マリア・モンテッソーリの気付き
■ごっこ遊びと役割

放課後まほらboでは、「あそびは、最高の学び!」の構造化をすすめ、遊びを科学することで、こどものより良い成長を促す「遊び」と「お仕事」の関係を考えています。

■こどもは「お仕事」が好き
 第十一話の「遊びの必要性」の話題の中で、こどもにとっての「お仕事」について少し触れました。資質・能力を高めるため

もっとみる
ありがとうございます!
2

放課後まほらbo第十二話 「勉強法」を考える

【第十二話夏の特集号】勉強法が変わる!オンライントークから
■骨太の勉強法
■中学受験で気を付けたいこと
■学ぶ意欲とスキルを育てる
放課後まほらboプレゼンツ勉強法の変わるオンライントークでは、専門家との対話を通して、私たちができる子どもの「学び方」を高める効果的な方法を考えていきます。

■骨太の勉強法

「勉強法が変わる!オンライントーク」では、参加者から事前に専門家にききたいことを募集しま

もっとみる
ありがとうございます!
3

デジタル書架ギャラリー ~図書館のブラウジング体験をオンラインに【Moebius Open Library Report Vol.8】

東京学芸大学の図書館は、コロナで臨時休館になったことを受けて、図書館のさまざまな機能をオンラインで提供することを考えました。「オンライン朝読書ルーム」については、このレポートでも何度か取り上げました。今回は書架をオンラインにのせる試みです。現在、「学芸大デジタル書架ギャラリー」というウェブサイトで、2万冊近くの教育分野の本が収められた本棚の画像を提供しています。Explaygroundの「図書館と

もっとみる

MOLの活動はコロナによってどう変化したのか【Moebius Open Library Report Vol.7】

東京学芸大学のMöbius Open Library(メビウス・オープン・ライブラリー:略称MOL)では、「遊びから生まれる学び」を大切にしながら、図書館と知の未来を考える活動を行っています。最初に考案したPechaKucha from 3 Booksという遊びは、くじ引きでランダムに選んだ本から、新しいストーリーを紡ぎだす遊びです。前回レポートしたとおり、3冊の本をくじ引きして、次回は2月20日

もっとみる

一歩は踏み出してみたが

さて、最初に種を蒔いてから2週間ほどして、またキャンパスに行く用事があり、どうなったか見に行きました。(そんな呑気なことで良いのか?という気もしますが、植物の成長はそんなに早くないので!)

まず衝撃だったのは、囲っていたロープが切れていたことです。

いやこれ、そう簡単に切れるもんじゃないでしょ。人が通るようなところではないし、キャンパス内にはほとんど人がいないし、もし通ったとしても躓いて切れる

もっとみる

はじめの一歩

というわけで、とにかく協生農法をやってみることにしました。前回の記事で紹介したマニュアルを参考に少し妄想し、東京学芸大学のキャンパスの中で「ここでできると楽しそう」と思う場所の目星をつけ、大学事務局に許可をいただきました。

協生農法は前々回の記事で紹介した舩橋さんの動画にあるとおり、砂漠からでも始められるはずですが、痩せた土地や踏み固められた土地から始めると収穫できるまでかなり忍耐が必要そうです

もっとみる

始めるまでの話

前回はこのプロジェクトを行う動機について書きましたが、今回は始めるまでの話。

私は以前ソニーで働いていたので、ソニーソニーコンピュータサイエンス研究所(CSL)とも何度か関わりがあり、最近農業を始めた人がいるという記事をチラッと見たことがありました。余談ですがソニーCSLはとてもおもしろい研究所で、「コンピュータサイエンス」という名前でありながらテーマはとても多彩で、ソニーの事業やコンピュータサ

もっとみる

最初の記事

最初の記事として、本プロジェクトの企画趣旨(やろうと思った動機)をExplaygroundの noteに書きました。

「エディブルヤードラボ始めます」
https://note.com/explayground/n/nf1c41b1545f2

以下にその内容を転記します。
-----------------------------

先日「協生農法」という考え方に出会い、とても興味を持ったので

もっとみる