見出し画像

クラウドファンディングその後 ~ ShopBotがキャンパスに到着!

Explayground
画像10

皆様に多大なるご協力・ご支援を頂き、プロジェクトが成立したGREEN TECH ENGINEER LAB(GTEラボ)のクラウドファンディング
その資金で購入したShopBotが一昨日、東京・武蔵小金井市にある東京学芸大学のキャンパスに届きました。

当日の天気は、ShopBotが到着する予定時間の前後から雨の予報。
雨よけにブルーシートを用意するなど万全の準備を整え、お天気アプリの雨雲レーダーを数分おきに確認しながら到着を待つ我々。

画像11

予定時刻となったその時、視界の先にある北門の方角にFedExのトラックが現れました。さすがFedEx。時間ピッタリです。

 そしてトラックは、我々のはやる気持ちを鎮めるかのように徐行速度でキャンパス内を移動、待ち合わせ場所に到着しました。

画像2

木製コンテナに入ったShopBotは相当な重量になるため、トラックから降ろすのにフォークリフトが必要とのこと。
そこで事前に美術の朝野先生に協力をお願いし、荷降ろしから設置場所までの運搬をサポートして頂きました。

画像3

ここからは朝野先生のフォークリフトが大活躍。事務局の我々が固唾を飲んで見守るなかフォークリフトのつめを操り、まるで赤子を抱きかかえるようなシルキータッチで荷降ろしし、設置場所までの細い通路も絶妙なドライビングテクニックで運搬が完了しました。

画像4
画像5
画像6
画像7


さてここでいよいよ御開帳です。黒い雲に覆われ始めた空からも、ポツポツと雨が降り始めてきたので急がねば。

3.. 2.. 1.. ドーン。

画像8
画像9

ようやく念願のShopBotと初対面。ようこそ学芸大へ!そしてこれからヨロシク!
 
しかしここでプチ問題が発生。木箱のなかに鎮座するShopBotを抱き上げるのは大人4人でも無理。びくともしません。
そこでGTEラボの拠点から電動ドライバーを調達。木箱を分解してなんとか運び出しました。
建屋までの道のりは10m位でしたが、大人4人でも重かった…

画像10

今日の作業はここまで。
中学生を中心としたGTEラボのメンバーが揃う後日、建屋を清掃し、ShopBotを本格設置する予定です。
 
クラウドファンディングにご協力頂いた皆様、別の形でご支援頂いた皆様、改めて感謝申し上げます。
 
メンバー一同、なるべく早くShopBotの操作をマスターし、「森を守る」「森をいかす」活動をさらに深めていきます。
またExplaygroundの他のラボや地域の方々にも使っていただく機会も増やし、活動の幅を広げていきたいと考えています。
 
引き続きの応援をよろしくお願いいたします!

Explayground 事務局


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Explayground
やってみて 、追求して 、つくりだす 。 いつだって 、世界を変えたのは変わり者だった。何にも負けない『好き』の力が新たな世界を創造する。 東京学芸大学とMistletoeの新たな教育の試み。エクスプレイグラウンド。