TechCrunch

【保存版】ニュースレター配信サービス「Revue(レビュー)」の使い方完全解説

最終更新日:2021年2月25日 書籍化のお知らせ本記事と同じ内容の電子書籍が出版されました。 タイトルは『緊急出版!日本一早いRevueスタートダッシュマニュアル: Twitterが買収した注目のニュースレター配信サービス初期設定から配信方法まで完全解説』です。 「Amazon Kindle」と「Google Play Books」で無料公開中ですので、じっくり読みたい方はぜひ今すぐダウンロード頂けますと幸いです。 以下のロゴをクリックすると、各書店にリンクします。

スキ
8

限られたパイを奪うのでなく、需要そのものを創り出す〜新しいパンの経済圏〜

パンのサブスクリプション「パンスク」で一時期話題を集めた株式会社パンフォーユーが、どんどん新しい仕掛けに挑戦しているようです。 * 株式会社パンフォーユーは、パン屋が抱える販路拡大や運営面の課題をDXによって解決するスタートアップ企業だ。独自の冷凍技術とITのノウハウを掛け合わせて、パンを媒介にした新しいエコシステムを作ろうとしている。 僕が彼らのことを知ったのは、ちょうど昨年の今頃だった。 コロナウィルス感染拡大が始まろうとしたタイミング、まだステイホームとは言われ

スキ
5

たかが舞茸、されど舞茸。「雪国まいたけ」カット工程自動化開発の意義とは?

TechCrunchで「雪国まいたけ」を目にするとは。 AIと雪国まいたけという組み合わせがキャッチーだなと思いつつ記事を読んでみたら、とても意義深い取り組みで驚きました。 * 2014年に東京・文京区で創業した株式会社ロビットは、ものづくりイノベーション・カンパニーとしてAI、ロボティクスなどの専門領域が強みのスタートアップだ。ソフトウェアに留まることなく、ハードとの連携を積極的に模索し、「ハードとソフトの融合」を目指している。 TechCrunchの記事によると、

スキ
3

フェイクミートも全然あり、むしろ良い

焼肉ライクでフェイクミートが食べられるネクストミーツというアップがあります。こちらは代替肉開発スタートアップとして最近話題になっています。 こちらが年末くらいに「フェイクミート」という代替肉を、焼肉チェーンの焼肉ライク49店舗で日本初の焼肉用代替肉として販売開始したというニュースがTechCrunchであがっていました。 提供店舗へ新宿西口店でも提供しているようなので訪れました。 食べ比べセットがあったので、試しにこれをチョイスしてみました。 大豆由来とのことなので赤

スキ
25

TechCrunchで優勝した僕たち207が、今欲しい3つのピース

こんにちは207(ニーマルナナ)株式会社の高柳です。 この度TechCrunch Startup Battle Online 2020にて最優秀賞をいただくことができました。 この場をお借りして、改めてお礼を言わせてください。 決勝前日、いきなりにも関わらず夜な夜な中目黒のカフェで最高のフィードバックをしていただいた、207社のエンジェル(出資時は本人の希望で非公開)であるLaxyerX石黒さん。(サンタが間に合わない問題や泥臭いスタートアップのスライドは石黒さんとの会話

スキ
61

【祝】決勝進出!! TechCrunch Japan『Startup Battle Online 2020』に出場しました!

みなさん、こんにちは! HotelStyle OS『aiPass』を運営する、CUICIN株式会社でCS・セールスを担当している岩森です。(最近では、もっぱら広報の人として、クイッキンの今を伝えています。笑) 私たちクイッキンでは、戦略コンサルティングと、その戦略を実現をするためのHotelStyle OS『aiPass』を提供することで、宿泊業の経営課題を「DX」で解決しています。 今回の記事では、クイッキンが出場したTechCrunch Japanの『Startup

スキ
10

海外版techcrunchのスタートアップ情報をslack自動通知するbotを作ってみた

自分だけの情報収集経路を作ろう!、という考えの第一歩として、海外版techcrunchのスタートアップ情報をslack自動通知するbotを作ってみました。 プログラム自体は簡単だったので30分くらいで実装できました。 CrontabでPythonファイルをバッチ処理で呼び出す形で実装 ①海外版TechcrunchのStartupコーナーをスクレイピング ②前日記事のみタイトルと記事URLを保存 ③SlackのWebhookで任意のチャンネルに通知 import conf

スキ
91

TechCrunch Startup Battle Online 2020 GroupD memo

X Asia:友だちや家族で一緒に購入すると、通常より10〜50%割引で買える「シェア買い」アプリの提供 https://x-asia.co/ 「KAUCHE」シェア買い割引できる、友人に連絡、決済で成立 リーチ費用を割引に還元で、購入者にリーチ コロナ真っただ中で立ち上げ。物の流通停滞 母がレストラン経営 JPとCHのハーフ、CHではオンラインへの切り替えが早かった。 ECへのインフラ切り替え 月購入回数3回、リテンション率51% 拡大は食品以外にも家電、化粧 地域も国内だ

スキ
1

Tech Crunch StartupBattle Online 2020 GroupC memo

Crezit:個人向け与信事業を提供したい企業向けに簡単に実装可能なシステム「Credit as a Service」を提供する。 https://crezit.jp/  「X Crezit」 新たな金融サービス創るのが大変 業規制、資本要件、1年以上かかる API利用で、ローン・クレジット機能構築が可能 小さい会社でも金融サービス創れる 月額システム利用料、トランザクションフィー、事業開発・運用支援マネタイズ チーム6名 QA ・USのIPOファームのような自分のブランド

スキ
2

Tech Crunh StartupBattle Online 2020 GroupB memo

今年は完全オンラインのTech Crunch スタートアップバトル。 グループAは見逃してしまったのですが、今日からできる限りメモ作ります! フツパー:工場の検品業務などで利用できる画像認識技術をエッジで提供 https://hutzper.com/ 「はやい・やすい・巧いAI」 製造業の人手不足を解消 AI7割実証実験で終わってしまう。 エッジAIでコスト・セキュリティ面クリアに 端末とSaaS エッジ部分とAI部分 人一人の目視チェックよりも安いコストへ ターゲットは3

スキ
2