NTU

迷っても悩んでも、進む道を自分で選べる私に。

■NTUの受講生 YUASAさん

心が動いて、これをしたい!そう思うのに、行動できない。やっとスタートしても、成し遂げられない。
自分の想いも、行動力も、いつも中途半端で、どこも居場所ではないような、そんな感覚がありました。

NTU受講前の私です。

なぜそんな私だったのか、NTUを通してその理由を知りました。

私が、私自身を分かっていなかったから。
私が、私自身を信じ、選び続けてこなかった

もっとみる

気づいたらクリエイターになっていました。

■NTU受講生(沖縄) ちゅらたまさん

我が子が誕生してから
働き方に疑問を持つようになりました。

沖縄に住んでいたって
家にいても工夫次第で
「働くことはできるんじゃないか?」
「もっと自由になりたい」

そんなことを考え始めて
色々なセミナーに行きました。

そんな時に出会ったのが『教えないセミナー』

自分をブランディングする
自分で考える
行動する

「これだ!」と思って入学をしました

もっとみる

日本・台湾 常識の違い 〜公共の場

こんにちは。山下夏輝です。
現在、国立台湾大学情報工学科の修士課程に在学しております。
専門は 自然言語処理 です。

今回の記事は、

日本・台湾 常識の違い 〜公共の場
についてです。

結論から申し上げますと

台湾:公共の場は、誰の場所でもない
日本:公共の場は、みんなの場である

中国語:請勿在此曬棉被
日本語:ここで布団を干さないでください
台北にある中学校の敷地をかこむ柵に貼られてい

もっとみる
スキ! ありがとうございます! 私、これからも頑張ります!
8