焼肉食べたい...あっ自己紹介します!

外出禁止...けど焼肉食べたい。あ、ベランダで一人焼肉しよう!

私、きょんは結構焼肉が好きです。どれぐらい好きかと言うと、飲みに行ってはだいたい締めに牛タンと冷麺が食べたくなって、深夜であろうと焼肉屋に駆け込むくらい焼肉が好きです。ちなみに牛タンは厚切り派です。

2019年の10月からシンガポールに赴任しているんですが、赴任前にいた大阪では少なくとも2週間に一回、シンガポール来てからも大体月1

もっとみる
気に入ってもらえましたか!ありがとうございます!
1

【シンガポール】ソーシャルディスタンスを守るロボット犬

日本では公園に人が集まって密だと問題になっていますが、シンガポールではソーシャルディスタンスを守るロボット犬が誕生しました。

ボストン・ダイナミクス社のロボット犬「スポット」を使用し、ソーシャルディスタンスがしっかりと保たれているか監視をしています。

見た目の威圧感もあり、ちょっと怖い感じがしますね。
こちらは試験的にシンガポールのBishan-Ang Mo Kio公園で実施されていて、近づき

もっとみる

シンガポールから日本に本帰国したら、日本の”ふつう”が”感動!“に変わっていた話#5

これって海外に移住した人にとってはありがちな話かもしれない。でも自分が感じたことの備忘ためにも書いておきたいと思います。

突然ですが、シンガポールで働いていたオフィスのある、オンボロなビルのエレベーターに閉じ込められた事があります。

災害時以外で、エレベーターに閉じ込められた事ありますか?!!

シンガポールって、古い建物は壊して新しく建て直する傾向にあって、シンガポール中、いつもどこかで工事

もっとみる

シンガポールにもリゾートあるよ【ドローン】

ドローン撮影による、シンガポールのセントーサ島の様子。めちゃくちゃ人工ビーチ!

SG NEWS✩高速道路で違法レース実施により逮捕 - SGの車事情

シンガポールは明るい北朝鮮だなんて言葉をよく聞くくらい、法律が厳しいです。

ポイ捨てをしたら最大SGD2,000の罰金、喫煙所以外でタバコを吸うとSGD1,000の罰金などなど…

びっくりするくらい細かくいろんな規定がされてます。

でもね、実際ポイ捨てをする人や喫煙所以外でタバコを吸う人なんて、日本の比じゃないくらい見てきましたし、いちいち取り締まってもないと言うのが現状です。

マナーが悪

もっとみる
またチェックしてくださいね♡!
2

声楽タイムズ第8回「シンガポールにて」

日本声楽家協会事務局の木村雄太です。

去年の秋にシンガポールに行き、現地で活動されているバリトンの方とコンサートを行いました。
出演したコンサートの会場は以前、裁判所や国会議事堂として使われていた
アート・ハウスというヴィクトリア様式の白く美しい建物でした。

せっかくなら滞在中に色々な芸術をインプットしたいと思い、
ナショナル・ギャラリー・シンガポールという広大な国立美術館を訪れたり、
シンガ

もっとみる

まだまだ終わらない緊急事態宣言。その中で何が出来るのか。

シンガポールも6月2日より段階的な規制緩和が始まりますが、、、。

F&Bに関しては7月1日以降から店内飲食が可能となることが決定しました。

ということは、規制緩和されると言ってますがこの2ヵ月とさほどいや、ほとんど変わらないです。

今まで通りデリバリー、テイクアウトのみ。
外食してたら捕まっちゃいます。そもそも出来ません。
友達、彼女、彼氏とは遊べません。
遊んだら捕まっちゃいます。

この

もっとみる
ありがとうございます😊🙏
2

【シンガポール3度目のマスク配布】~このマスクのクオリティはヤバイ!~

シンガポールは学ぶ国!

そしてフィードバックを
踏まえて改善する国!

そういう国だとしみじみ実感する
3度目のマスク配布が実施されました。

今回の配布マスクは
クオリティに感動しました。

そこで、本日はシンガポールの
マスク配布に関する内容を記載します。

< 目次 >
1.シンガポールでのマスク配布に関して
2.2回目の配布マスク
3.最強!3回目の配布マスク 

1.シンガポールでのマ

もっとみる
【大吉♪】明日いいことがあるに違いない♪ スキありがとう
30

1962年のシンガポール。

1962年に撮影されたシンガポールの映像。City HallのNational MuseumやChinatownのThe Majesticなど今でも現存する建物がみられます。

Thank youuuuu♡!
1

USMLE STEP2 CS Case 37 プレゼン例

First Aid for the USMLE STEP 2 CS Clinical Skills 6th Editionの、Case 37: 55-Year-Old Man With Bloody Stoolを基にプレゼン例を書いてみました。僕はシンガポールでしか臨床実習をしたことがないので、アメリカで使われてる英語とは少々異なるかもしれませんがご了承ください。

コメント、意見、大歓迎です!

もっとみる