教えないセミナー体験談

スギタシンゴが贈る究極のセミナーの受講生体験談です。

教えないセミナー体験談

スギタシンゴが贈る究極のセミナーの受講生体験談です。

    最近の記事

    迷っても悩んでも、進む道を自分で選べる私に。

    ■NTUの受講生 YUASAさん 心が動いて、これをしたい!そう思うのに、行動できない。やっとスタートしても、成し遂げられない。 自分の想いも、行動力も、いつも中途半端で、どこも居場所ではないような、そんな感覚がありました。 NTU受講前の私です。 なぜそんな私だったのか、NTUを通してその理由を知りました。 私が、私自身を分かっていなかったから。 私が、私自身を信じ、選び続けてこなかったから。 私が、私自身を幸せにするのだと、「真に」理解していなかったから。 0歳

    スキ
    4
      • 気づいたらクリエイターになっていました。

        ■NTU受講生(沖縄) ちゅらたまさん 我が子が誕生してから 働き方に疑問を持つようになりました。 沖縄に住んでいたって 家にいても工夫次第で 「働くことはできるんじゃないか?」 「もっと自由になりたい」 そんなことを考え始めて 色々なセミナーに行きました。 そんな時に出会ったのが『教えないセミナー』 自分をブランディングする 自分で考える 行動する 「これだ!」と思って入学をしました。 入った始めは 「動画編集なら在宅でもできるし・・・。」 みたいな感じでした

        スキ
        3
        • このセミナーで人生の基礎をつくれました

          ■福岡第1期受講生 堀内さん 1人でも多くの人に「教えないセミナー」と出会ってほしい。 そういう思いで 私の体験談を書かせていただきます。 このセミナーを受けるきっかけとなったのは 主催となった杉田先生との会話でした。 「このセミナーは受けてみて!」 それまで杉田先生のセミナーをいくつも受講したことはありましたが 杉田先生自身からそう言われたのは初めてでした。 その杉田先生の自信に圧されたのか 「はい!わかりました!」と私は即答していました。

          スキ
          1
          • 自分のことをもっと知りたいと思えました。

            ■福岡第1期受講生 大矢さん ここ数年、「私が本当にやりたいことは何だろう」という思いがありました。 普段、家事育児をして、会社員として働きながら このまま過ごすことに疑問を持ち 本来の自分で生きることができたら…。 という思いを抱えていた中で、教えないセミナーを受講することに決めました。 セミナーでは、元々興味のあった神社をコンテンツとしての軸にして臨みました。 セミナーとセミナーの間、自分を見つめることに意識が向くので 自分の思考の癖や、陥りがちなパターンが

            スキ
            1
            • 大きく変化するきっかけを掴み、さらに自分の選択を正解にできる心の強さを手に入れることが出来ました。

              ■東京第2期受講生 高山さん 東京第一期を卒業してもっとこの環境で学びたい。 もっと成長したいと思い、東京第二期も受講することを決めました。 「自分がやりたいと思うことを実行する」それが自分の幸せへと繫がる。そう第一期で学んだわたしは今回、 住む場所。働く場所。会う人。の全てを変える選択をしました。 第一講ではまだそんな大きな選択は考えられなかったわたし。 でも仕事以外の時間で自分のしたいことをしているだけでは時間が足りない。もっと大きく成長したい。そんな思いだけはあり

              スキ
              4
              • 自分のことを沢山気づくことが出来ました。

                ■東京第2期受講生 中村さん 僕は自家焙煎珈琲店をやりたい。という夢があります。でもそれに向けて何をすればいいのかわからない状態でした。 そんな中、NGO先生の教えない教育に共感と関心を持っていた僕は、自家焙煎珈琲店へのヒントになると思い「教えないセミナー」に参加しました。 セミナーでは杉田先生の湧き出るアイデアに感動しました。聞いたことない事、ありそうで無い事、自分では思いつかないアイディアが爆発しています。 杉田先生との会話を通して僕は、自分がすぐ回答や正解を求めて

                • 自分の根っこを振り返ることで “自己の在り方”と稼ぎ方“を合致させることが出来た。

                  ■東京第2期受講生 kuniさん 私は25年、住宅資材会社で働いてきましたが、外資系生命保険会社に転職する事を決めていました。 ただ、なぜ外資系生命保険会社に移るのかという理由を明確にする為にこの教えないセミナーに参加しました。 このセミナーでは「売り方」を考えるのではなく、 「なぜ その商品なのか?」 「なぜ 自分がその仕事を選んだのか」 「今後 どう行動するのか?」 それをを明確に出来ると思ったんです。 セミナーを受ける事で「自分の根っこ」がクリアになって

                  • セミナーを通して「すぐやれる」人に。

                    ■東京第2期受講生 朝倉さん   わたしが教えないセミナーを受講しようと思った理由は、第1期の受講生の変容ぶりを確かめたかったからです。 わたしが知っている以前の顔つきとはまるでちがっていたのです。いったいこの短期間になにがあったのか、というほど晴れやかな表情をしていました。 この理由を知りたくて、わたしは教えないセミナーに飛び込みました。 教えないセミナーで役にたったこと、それは「人生は仲間と環境で決まる」ということです。 これから伸びていくメンバーとともに切磋琢磨

                    スキ
                    2
                    • 自分の人生を生きている。そう感じられるようになりました。

                      ■東京第2期受講生 小玉さん 40歳という節目の年を迎え 私は、このままの人生で本当にいいのか? という自問自答を日々繰り返していました。 ちょうどそんな時に友人からこの教えないセミナーのことを聞き 今の自分にぴったりだと思い受講を決めました。 ワークの中で自分自身を見つめ直す棚卸をした際に 自分がやりたいと思ったことを 何かしらの理由を付けて後回しにし 結果的にあきらめてしまっている自分に気づきました。 忙しいことにかまけて自分自身としっかり向き合うことを忘

                      • やっと本当の自分に出会えました。

                        ■東京第2期受講生 Nikoさん わたしはずっと「何か」に「誰か」に遠慮して生きてきました。  自分の想いを半分も言葉にできず、表現できず、ずっと押し込められたまま、心の奥底でもがいていたんです。 そこから少しずつ自分を解放し始めてはいましたが、一気に突き抜ける「何か」がほしかった私は これだ!と思い「教えないセミナー」に参加しました。  教えないセミナーでわたしは 今までどんなセミナーに行っても、どんなコーチに出会っても見つけられなかった本当の自分に出会うことができた

                        • 自分との向き合い方。自分を大切にする生き方。それを身につけることが出来ました。

                          ■東京第1期受講生 高山さん 教えないセミナーに出会った時、私はこんな疑問を自分に抱いていました。 「自分の好きなことって何だろう。自分のやりたい事って何なんだろう…。」 自分の事なのに「何もわからない。」そんな状態の時にこのセミナーに出会いました。 第一回目のセミナー。 受講生同士の自己紹介で私は特に伝えられるものがありませんでした。 その時の杉田先生からのアドバイス。 「無いものはつくればいい。」その言葉に私は「とりあえず、やってみよう!」そんな気持ちを持てるようにな

                          スキ
                          8
                          • 教えないセミナープロデューサー杉田真吾

                            ◼️教えないセミナーで一番成長するのは私です(笑) 時代の変わり目にあって、その中核を担うのがこの【教えないセミナー】。参加を決めた受講生の覚悟を受け取るからこそ、教えないのです。 「いつまでに○○を何名まで集めなさい!」そんなことは言いません。やるもやらないも、集めるも集めないも、そんなことは受講生が決めること。覚悟をしてお金を支払った人に対して、「あれしろ、これしろ、というのは失礼だ」という考えです。 で、受講生よりも行動して結果を出すのが、実は私、杉田です。このセ

                            スキ
                            5
                            • 「考える」という幸せへの導き方を学びました。

                              ■東京第1期受講生 菊地さん 私は教えないセミナーに出会うまでは、人から言われた事をそのまま行うことが正しい。そう信じてきました。 でも、このセミナーでは指示がないんです。何をしたらいいか教えてくれないんです。 だから、自分で考えるしかありませんでした。 自分で考えるなんて、やったことが無ない。分からない…。 そこからのスタートでした。 私がまず起こした行動は「考える」とはどうゆう事なのかを調べてみました。 本屋さんに行き、思考法についての本を読みました。本を読んでいる

                              スキ
                              4
                              • 教えないセミナーに変わるきっかけをもらいました。

                                ■東京第1期受講生 西村さん このセミナーに出会うまで、僕は自分に対して嘘をついて生きてきました。 人に嫌われたくないから、人が望む自分を演じ続けていたんです。そのせいで人間関係のトラブルばかり…。 自分が嫌になった僕はこの自分をどうにか変えたいと思い、色々なセミナーへ行きまくりました。 そんな中、出会ったのがこの教えないセミナー。 第一回目から僕は変わるきっかけをもらいます。 それは「お前には何があるんだ?」という自分に対する問でした。 教えてくれないからこそ自分自身で

                                スキ
                                3
                                • 迷う事なくすんなりと自分の中に取り入れる事ができました。

                                  ■東京第1期受講生 前原さん このセミナーは、自分自身を理解出来るセミナーだと思います。 「教えないセミナー」では教えてもらえません。なので、自分で答えを見つけるしかないんです。 でもそこが他のセミナーとは違う所。 他人から教わる答えでは無く、自分の頭で答えを考え出していきます。 だから迷う事なく、すんなりと自分の中に取り入れる事が出来るのです。 セミナー当日では 自分で考え抜いた答えを発表します。その答えに対し杉田先生からの暖かく力強いサポート・アドバイスを頂けま

                                  スキ
                                  3
                                  • ルールも無い、全てが自由。これが本当に楽しい!!

                                    ■東京第1期受講生 佐藤さん 「教えない」「教えない」というネーミングに惹かれ、受講を決意しました。 そもそも、僕はセミナーとは「教わるもの」という概念があったからです。 実際に受講した感想は「楽しい!」これに尽きます。 答えのない答えを探し求め、自分自身を掘り下げ、とことん思考し、そして自分で答えを生み出す。 脳みそに汗をかきながら、自分自身の中から“何か”を生み出す。 時に講師の杉田先生の無限に出てくるアイディアの数々にヒントを貰い新しい発見をする事も…。 ルール

                                    スキ
                                    6