見出し画像

セミナーを通して「すぐやれる」人に。


■東京第2期受講生 朝倉さん

画像1

 

わたしが教えないセミナーを受講しようと思った理由は、第1期の受講生の変容ぶりを確かめたかったからです。

わたしが知っている以前の顔つきとはまるでちがっていたのです。いったいこの短期間になにがあったのか、というほど晴れやかな表情をしていました。
この理由を知りたくて、わたしは教えないセミナーに飛び込みました。


教えないセミナーで役にたったこと、それは「人生は仲間と環境で決まる」ということです。
これから伸びていくメンバーとともに切磋琢磨できていることは非常にうれしいことでした。

まず、驚いたのが「自己紹介」。
「自己紹介」だけで5時間もの時間を費やすなんてこれまで聞いたことがありませんでした。
この自己紹介の練習を徹底的にやったおかげでわたしには度胸がつきました。
この自己紹介の講から1週間以内に、わたしは静岡で初めての家庭教師をすることとなりました。
初めましての顔合わせは人生で何度も体験する。
でもまだまだぎこちない。
でもゆっくりと緊張をほぐしていくのにそんなに時間はかかりませんでした。
無事家庭教師の生徒さんは第一希望へと合格をしていき、非常にうれしい気持ちになりました。


次に印象に残っているのが「自分史」です。
生まれてからこれまでの人生の棚卸で気付けたことがありました。
それは人生の体験全てがコンテンツ化できるということ。
自分の体験が誰かの役に立つ、この発見が大きかった。
自分の強みや好きなことも再発見できました。
これが分かり、わたしは他の参加者と杉田さんの会話をヒントにして、電子書籍を書き出版しました。


画像2


人は2種類に分けられると思います。
すぐやる人かそうでないか。
この教えないセミナーに入ると「すぐやる人」の方にいけると思います。
日々生きる意識が変わり続けているから変われるのだと思いました。
今私は世界を活動拠点にする作家になる道を歩んでいます。
自分の人生を歩んでいきたい人におすすめのセミナーです。



教えないセミナー公式サイトはこちら↓↓

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
スギタシンゴが贈る究極のセミナーの受講生体験談です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。