商品到着後に郵送される請求書を使ってコンビニ/銀行などで支払えるBtoC通販向け後払い決済サービス「NP後払い」の株式会社ネットプロテクションズホールディングスが約60億円の資金調達を実施

資金調達情報
調達額:約60億円

ラウンド:ラウンド不明

募集方式:第三者割当増資(資本業務提携)

調達先:株式会社ジェーシービー

調達年月:2021年2月

企業情報
企業名:株式会社ネットプロテクションズホールディングス

住所:東京都千代田区麹町4丁目2-6 住友不動産麹町ファーストビル 5階

事業内容:商品到着後に郵送される請求書を使ってコンビニ・銀行・郵便局・LINE Payの

もっとみる
トップページ「データ提供」より、調達データベースを有料で提供してます〇
1

飲食店のDXに繋がるオンラインサービスをまとめてみた

この一年間でテレワークやペーパーレスなどサラリーマンの働き方は大きく変わってきました。

変化を嫌う日本ではなかなか進まなかったDXが外的な要因によって一気に進んでいる状況です。
(DXは簡単に言うと、デジタルの活用により「古い仕組みによる非効率や機会損失」を避けて「新たな利益を生み出せる状態」に変化することです。)

それでは、そんな一年間で飲食店の働き方はどのように変わったのでしょうか?

もっとみる

ユーザー数8,600万人!LINEを制する者がマーケティングを制す

説明不要の必須コミュニケーションアプリ「LINE」
この記事を読んでいる中で使っていない方はいないと思います。

そんなLINEのMAU(月間利用者数)は約8,600万人。
日本人口の68%以上をカバーしています。

最近では「LINE Pay」や「LINEマンガ」、「LINE music」などなど新しいサービスも多く追加されていて、複数のLINEサービスにお世話になっているという方も多いのではな

もっとみる

集客戦略として店舗にPayPay(キャッシュレス決済)を導入するメリット

キャッシュレス還元キャンペーン、マイナポイント事業によって日本全体にしっかりと普及したキャッシュレス決済。
コロナウィルス懸念から非接触のニーズも高まり、今後も更に定着していくことが予想されます。

日銀に事務局を置く金融広報中央委員会の調査によると、この1年間でキャッシュレスの普及は以下のように進んでいます。

●1000円以下
 現金 84%→71%
 クレジットカード 9%→14%
 電子マ

もっとみる

【自己紹介】
越智 善隆(旧姓:菅)/Yoshitaka Ochi

/アドバンストプランナー/ #JMOOC 事務局アソシエイト/新規事業部/ #eラーニング ソリューション/ #BtoC #BtoB ビジネス

かつて百貨店が犯した過ちを、現代の多くの小売店が繰り返してしまいそうな気がする、って話。

近年、メーカーや卸業者のBtoCマーケティングへの意識が高まっていると感じる件

メーカー会社や卸業者でも、BtoCの販売手法やビジュアルマーチャンダイジング的なところへの意識が高まり、そしてそれを小売店に提案することで、販路を拡大しよう、小売店との関係性を強固なものにしようとする動きがよくみられます。

特にここ最近では、メーカー会社が、小売店のIT活用やEC化について提案したり、中ではそれにか

もっとみる
ありがとうございます!
5

社販のメリット

前職がBtoB企業で法人向けに商品を売っているメーカーだったのに対して、転職先がBtoBとBtoCの両方を扱う企業であるので、一般消費者向けの商品も取り扱っている。それの余りものをいただいたときに私は食べないので実家にあげたところ実家がとても気に入ったらしく自分でお金を払って買うようになったそうだ。そこで年始に実家に戻った時に社販で買うと安く買えるけど欲しいかと聞いたところ、欲しいと返答があったの

もっとみる

おはようございます。マスオです。

本日より本格的に営業のノウハウ(BtoCメイン)や賃貸に関して書いていこうと思います。
性分上、一度に一気に、が全く出来ない人間なので、小出ししながら、最終的にはBookにしていきます。

スキありがとうございます☺️
2

BtoBの営業とBtoCの営業の違いについて

こんにちは、ろいすうです。

私は、BtoBの営業マンを6年続けています。

今回は、就活生の皆さんからよく質問をいただく、「BtoBとBtoCの営業の違いって何?」について説明をしたいと思います。

私はBtoBの営業しかしていませんので、BtoCの営業部門で働いている同期からの情報をもとに整理しました。



いつも通り、結論から申し上げます。

「BtoCの営業は、対象者が老若男女問わずた

もっとみる
スキありがとうございます!大変励みになります!( ;∀;)
3

vol.150 ~パーソナルメディアストラクチャー~ part2

前回の続きを書いていきます。

*ゼロの状態からセルフメディアを構築する方法

情報取得の理解

Google(意識的情報取得)
興味有り ⇨ ブログ/HPに誘導 ⇨ SNS誘導
※長いコンテンツでも求められる

SNS(無意識的情報取得)
興味無し ⇨ SNS誘導 ⇨ ブログ/HPに誘導
※長いコンテンツは見られない

SNSでの情報発信の基礎

(短縮情報)✖︎(無広告)✖︎(人間味)

※現

もっとみる
嬉しい!またよろしくお願いします😙
22