BACKSTAGE

BACKSTAGEの主人公

終わった。しんとみラーニングフェスティバル2021。
お日にちが開いてしまい恐縮ですが、
お越しいただいたみなさま、遠方から見守ってくださったみなさま
講師のみなさま、当日運営で動いてくださったみなさまへ
改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、主催サイドは今どうしているかというと・・・
イベント自体は終わりましたが、現在は報告書作成の終盤。

このイベントは、
宮崎県新富町にある、富田浜公園

もっとみる
わたしもスキです!
5

日本のFinTechの雛形を作る〜FOLIOエンジニアインタビュー〜

みなさんこんにちは、FOLIO BACKSTAGEです。

今回のインタビューは、2020年7月に入社されて半年が経過したエンジニアリングマネージャーの原さんにお話をうかがいます。FOLIOに入社した経緯や、具体的にどんな業務をされているのか?などをお聞きしたいと思います。

原 孝治 / Koji Hara
略歴:広告制作会社、印刷会社システム部に勤務の後、産業技術大学院大学を修了。株式会社識学

もっとみる

「商品口座プロジェクト」開発者インタビュー後編 〜もっと多くの人に資産運用を〜

商品口座のビジネスチャンスとは?

司会:
お二人がFOLIOに入社されてから現在に至るまでの経緯を前回のインタビューでお聞きしました。最終回の今回は、前編でお話を聞いた商品口座プロジェクトの今後について聞かせてください。まず高山さんにお聞きしたいのですが、これを基軸に、今後はFOLIOではどのような事業展開を考えているのでしょうか。

高山:
そうですね、引き続き商品口座を作ったロボアドの基盤で

もっとみる

「商品口座プロジェクト」開発者インタビュー中編 〜自由度が高く裁量の幅が広い組織で働くということ〜

金融業界から、異業種からフィンテックへ

司会:
前回は、商品口座プロジェクトについてお二人にお話をうかがいました。今回はそんなプロジェクトを手がけられたお二人経歴や入社理由などフォーカスを当ててお話を聞きたいと思います。早速ですが、高山さんは元々どんなお仕事をされていたんですか?

高山:
私はFOLIOのエンジニアの中では結構珍しい経歴でして、新卒で大手の日系証券会社に入ってトレーダーの仕事を

もっとみる

「商品口座プロジェクト」開発者インタビュー前編 〜将来を予測しながら作り上げる〜

みなさんこんにちは、FOLIO BACKSTAGEです。

前回のインタビューでは、新しく入ってきたメンバーにフォーカスをあてましたが、今回は趣向を変えて、約一年かけてゴールに辿り着いたあるプロジェクトについてお話したいと思います。
このプロジェクトには多くの方が関わっていたのですが、今回は代表してFOLIO証券基盤部の高山さんと松林さんにお話をうかがいたいと思います。今日はよろしくおねがいします

もっとみる

今年もやりましたFOLIO Advent Calendar 2020!

みなさん年の瀬いかががお過ごしですか?FOLIO Backstageです。

我社で毎年定番となっているアドベントカレンダー、今年もやり切りました!

今年も弊社のスタッフが、専門的な話からカジュアルな話題まで、種々雑多な記事を書きました。

今回の年末年始は、お家にいる時間が多くなることかと思います。興味のある記事があれば、ぜひお家時間のお供にご一読ください。

12月1日の記事

12月2日の

もっとみる

四谷の新ランドマーク/コモレ四谷探索

こんにちは!

宝塚と日本酒をこよなく愛する、menu株式会社広報担当の小林です。

前回に引き続き、弊社オフィスのあるコモレ四谷(CO・MO・RE YOTSUYA)について、その周辺を探索してみたのでご紹介いたします。

なお、オフィスや飲食店などが入った複合施設の名前がCO・MO・RE YOTSUYA、オフィス棟がYOTSUYA TOWERになります。

CO・MO・RE の由来は?
人とつな

もっとみる
ダイスキ!
6

menuのオフィス/四谷

こんにちは!

宝塚と日本酒をこよなく愛する、menu株式会社広報担当の小林です。

最近Twitterを割と頑張っているので、宝塚が好きな方、日本酒が好きな方は是非フォローしてください!

いや別に好きではない、という方も是非お願いいたします(笑)

なお、現在はリモートワークが原則ですが、会社承認を経ての出社はOKで、週2日ほど出社している人やフルリモートの人もいて、働き方は自由に選ぶことがで

もっとみる
ダイスキ!
4

エンジニア支援プログラム『Tech buddy』について

こんにちは!

宝塚と日本酒をこよなく愛する、menu株式会社広報担当の小林です。

今回は、弊社のエンジニア支援プログラム『Tech buddy』についてお話させていただきます。

Tech buddyとは

エンジニア職を対象に、業務に集中できる環境と、ものづくりの知見を広げる環境を用意する制度です。

なお、制度対象は、開発本部所属のエンジニア職です。

こちら文字通り、エンジニアのキャリア

もっとみる
ダイスキ!
10