デイリーの林雄司さんとかとイベント登壇するよ。緊張するからぼんじりが欲しい。
コメント_2019-08-10_192930

デイリーの林雄司さんとかとイベント登壇するよ。緊張するからぼんじりが欲しい。

堀元見@衒学者

今月末、イベントに呼んで頂いたので登壇してくる。これだ。

「BACKSTAGE」という大きなイベントの中のトークセッション。

会場は虎ノ門ヒルズだそうで、総来場者数は何万人単位にのぼるらしい。すごい。

僕は主に「きったねえ路地裏の焼き鳥屋」などを活動場所にしているので、虎ノ門ヒルズで喋るのはちょっと緊張する。

できればきたねえ焼き鳥屋に近い環境で喋らせて欲しいのだけれど、その要望は出せない。主催者からは「何か要望があったら遠慮なく言ってください」と言われたけど、さすがの僕も1本80円のぼんじりを焼く汚いオヤジを虎ノ門ヒルズに召喚してくれ、とは言えない。


というか、会場もさることながら、このブッキングは何なのだ。

まさかの、「デイリーポータルZ」編集長の林雄司(@yaginome)さんと同列に並べられてしまった。僕にとっての神のような人だ。

僕は中学生の頃からデイリーポータルZを読んでいる。かれこれ13年ほどずっとこのメディアのファンをやっている。

初めて「変なことをやって記事を書こう」と思ったのはデイリーポータルZがあったからだし、結局今は「変なことをする」を仕事にしてしまった。僕の今の人生があるのはデイリーポータルZのお陰である。(人生を狂わされたという説もある)

13年ファンであり続けるってすごいことだ。13年の月日が経つと、小学生は立派な社会人になるし、熱狂的なバンギャは普通の主婦におさまる。そして変なことをやっていた僕は、変なことをやっている。自分の成長のなさに震えるばかりである。


とにかく、僕はデイリーポータルZが好きすぎるので、林さんと対談するのはたいへん緊張するのだ。林さんと並べられるくらいなら、「石原さとみ」とか「イチロー」とかと同列に並べられる方がずっと緊張しない。そういう感じである。ウソだと思うならぜひ確かめるために石原さとみとの対談をセッティングして欲しい。頼む


まあそんなワケで、普段緊張と無縁な僕なのだけれど、今回はちょっと緊張して萎縮してしまう気がする。今回ほどぼんじり焼くオヤジが欲しいと思ったことはない。

でも、せっかくの大きな舞台なので楽しんで喋ろうかなと、なるべく萎縮しないで前に出て喋ろうと思っている。

そこで皆さんに相談なのだけど、本イベントに来場して僕が喋るところを見てはいかがだろうか。僕のフォロワー割引という概念があるらしい。このプロモーションコードを入力して下のサイトからチケットを買うと、30%引きになるんだって。

プロモーションコード:Horimoto

プロモーションコードの決め方がテキトウ過ぎるのではないか」と思った人もいるだろう。僕もそう思った。いいじゃん。大きいイベントのこういう雑な一面を見つけると嬉しいじゃん。仕事ができる完璧美人が、値札のついたままの服を着てるとかわいいみたいな感じだ。

そんなかわいさのあるイベントの、イベント情報およびチケット購入はこちら↓


イベント概要をざっくり説明しておくと、「体験型マーケティングを学ぶ」みたいな触れ込みのイベントである。ざっくり言うと「イベントをやる人のためのイベント」らしい。割とマジメな場所だ。僕のフォロワーに驚くほど刺さらなさそうなんだけど、皆なるべく来て欲しい。僕のフォロワーが来てくれれば来てくれるほど、好き勝手やれるぞという強い気持ちになるから。

あと、できれば会場の後ろの方でぼんじりとか焼いておいて欲しい。そしたらもっと好き勝手やれる。

ちなみに、「入場時には顔認証システムを導入」しているらしい。事前に顔写真を登録しておけば、顔を機械にかざすだけで自動でチケットが発券されるんだって。すごい。SFの世界だ。SFごっこしたい人もぜひ来たらいい。


あと、僕の友人には更に大きな割引があったり、ほぼタダになったりするらしい。「僕の友人である」と思う人は連絡ください。自己申告で大丈夫です。一緒にSFごっこしてテンション上げましょう。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
堀元見@衒学者
雑文を書いて生計を立てています。今年中には初の書籍も出ます。主に「アカデミックで気の利いた悪口で人をバカにする」みたいなことをやってます。毎週月曜更新のマガジンはこれ→https://note.com/kenhori2/m/m125fc4524aca