スカウト使ってない場合の風俗店の辞め方

スカウト使ってない場合の風俗店の辞め方

風俗で働いていると、いろいろな理由で「やめたい」という思う瞬間がたくさん訪れます。 しかし、実際にやめるとなった場合、どのような手順でやめればいいのかが分からないと悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。 そもそも仕事を「やめたい」と思う理由には、どのようなものがあるのでしょう。 自分と似た理由で「やめたい」と感じている人は、意外と多いかもしれません。 風俗の仕事は、非常にハードで体力をかなり使います。自分の身体を使ってサービスを行うため、身体が資本ともいえる仕事

スキ
3
既婚男性が不覚にも風俗嬢にガチ恋して落ち着きを取り戻すまで(4)

既婚男性が不覚にも風俗嬢にガチ恋して落ち着きを取り戻すまで(4)

前回の続きです。 カラオケ後のRさんへの想いカラオケ当日に、Rさんに1時間遅刻されたことで、Rさんに対する想いが冷めてきました。 Rさんにとって、私は、大事な恋人候補ではないのであろうと。 ただの、良客の一人なのかな。。と。 熱い、焦りに似た、Rさんへの想いは落いてました。 「次にお店に行くのは、2週間後ぐらい、いや、もしかしたら3週間後ぐらいにでいいかもな。少し落ち着こう」ぐらいな気持ちでいました。 この時の私自身のRさんへの思いを整理すると、Rさんを、とっくに

スキ
2
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/88320?page=2

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/88320?page=2

スキ
1
インターネットの狭間取材#147: 「鬼出勤: その2 300万、500万円のゆくえ」

インターネットの狭間取材#147: 「鬼出勤: その2 300万、500万円のゆくえ」

今回は「鬼出勤: その2 300万、500万円のゆくえ」についてコメントをさせて頂きます。 「鬼出勤: その2 300万、500万円のゆくえ」:前回、鬼出勤をした場合の収入は月に300万、500万円ぐらいと説明をさせていただきましたが、この稼いだお金はどこへいってしまうのでしょうか? これだけ勤務していると、そもそも¥を使う時間すらないではありませんか? どうなっているかというと、なんと「締め日に全金額をもってホストクラブで パ~と使う」うのが一般的(?!)、しかも自分

スキ
3
あることをやめたら、指名がとれるようになった。

あることをやめたら、指名がとれるようになった。

「男性なんて、根本的に女性を下に見ているんだから、うまいこと言って持ち上げて、良い気分にさせておけばいいんでしょ」 指名がとれない嬢だったころ、わたしは心底、こう思っていた。 この考えは、根本的に間違っている。 そもそも、わたしの独りよがりであることと、目の前のお客様のことを全く考えていないところ。 接客業たるもの、相手を見ていないだなんて、論外中の論外。 本題に戻る。 わたしは当時、接客中にあえて【ある言葉】を使っていた。 「わたし、バカだから分からないんです

スキ
1
風俗①

風俗①

″感覚を理解できない″変わってる″ 引越し転勤の度ありのままを出せば出すほどそれ等が何処に行ってもついて回って、小中高 先生にも友達にも誰からも 中学のとき自分で何冊もPTSD、AC、依存症の本を図書館で借りては読んだ それでも何十回も言われ続け、生きづらさに変わって それでも根源的な所謂原始的な感情″誰かを愛したい、愛されたい″″言葉で感覚を共有したい″という気持ちは幾つになっても、今でも変わらず ″差し出した愛は誰にも受け取って貰えないんだ″ ″私も周りもこの程度な

マンガ:『万人受けって結局誰にも受けないんだよね』って話。
+2

マンガ:『万人受けって結局誰にも受けないんだよね』って話。

みなさ〜ん、ご無沙汰しております、元ぴかちゃんことひかるで〜す! 今まで文章を中心にブログを書いていたのですが最近息抜きにお絵描きするのにハマっている私です!ww 拙い絵ですが、なんかこっちのがわかりやすいて面白く伝わるかな〜って あ、ちなみに先に断言しておきますが、私は風俗嬢として現役復帰する気は毛頭ございません! ではなぜ未だにぴかちゃんの名前で書いているかと言いますと、 純粋に、自分の経験がちょっとした学びになったり、 元気が出るエピソードだったり、 笑える

スキ
6
インターネットの狭間取材#146: 「鬼出勤 その1」<ー レベルが違いすぎ、過労死が可愛く見える

インターネットの狭間取材#146: 「鬼出勤 その1」<ー レベルが違いすぎ、過労死が可愛く見える

今回は「鬼出勤 その1」についてコメントをさせて頂きます。 これは夜のお仕事の「鬼出勤」のお話です。 どうも、普通のサラリーマンより仕事をしているようです。 「鬼出勤(夜のお仕事の場合の定義)」:鬼のように出勤しまくってお金を稼ぐ人々です。 一つのお店に週7で出勤することまだ「鬼出勤」とは呼べません。 「鬼出勤」の例としては: 昼の10時から夜の10時まで「お風呂屋さん」、夜の12時から朝の5時まで出張系サービス店、朝の7時から10時まで早朝営業のお風呂屋さんの業務

スキ
2
【短編小説】バイバイ、メロンちゃん。

【短編小説】バイバイ、メロンちゃん。

1「……るからさ、持ってきてやんなよ」 「どしたの優しいじゃん」 「うっせ」 誰かの話し声が聞こえて、目を覚ました。 開きかけた瞼にオレンジ色の光が眩しくて、すぐにギュッと目を瞑る。 「あ、起きた」 「大丈夫?」 男の人と、女の人の声だ。 あれ、私、どうしたんだっけ…。 急にハッとして、ガバっと起き上がった。 い、痛い…。頭、ズキズキする。 「とりあえず水飲んだほうが良いよ」 頭を押さえながら、声のした方にゆっくりと振り返る。 坊主頭で右耳にピアスを付けた男の人

スキ
15
デリヘル嬢が入店後に短期間で本指名トップになるも辞めてしまった理由

デリヘル嬢が入店後に短期間で本指名トップになるも辞めてしまった理由

人の性癖というのは、本当に奥が深いなぁと、風俗に通う内にさらに思うようになりました。中には、至ってノーマルな私は思わず「うへぇ…」と吐き気を催してしまようなプレイをご所望する方もおられるようです。 私が愛用している新宿のデリヘルは、「基本的にオプションが無料」となっており、嬢の裁量で「どこまで対応するか」という点が幅広く、とても面白い店です。 イラマチオを対応できるという嬢もいれば、「イラマチオで奥に突っ込んで、そのまま吐く」ということを対応する嬢もいるようです。さらに、

有料
100