京都府内の石造物㊷:来迎院五輪塔・層塔(伝・良忍の墓)

名称:来迎院五輪塔・層塔

伝承など:良忍の墓(層塔)

所在地:京都府京都市左京区大原来迎院町 来迎院

大原三千院の入り口から道を右に取り、十分程登った所にある来迎院は、平安時代初期に慈覚大師円仁によって開かれたと言う伝承のある古刹で、平安時代後期に良忍によって再興された際に、来迎院が上院、三千院北方の松林院が下院と定められた。

来迎院には国宝の「伝教大師度縁案並僧綱牒」(東京国立博物館寄託

もっとみる

20年9/28 ハンコ改革、官僚が反抗! 河野大臣「ハ~ン、コんなことするか」

ハンコは鎌倉時代に中国の禅僧達によって、日本に伝えられたと言われています。その中国では現在は、ほんのごく一部しか使われていません。

中国はどのようにしてハンコ文化を取り除いたのでしょうか?

まず、「ハンコを押す」という行為を徹底的に取り締まりました。ハンコ押(反抗)する人々を"犯行”者として逮捕し、強制的に刑務所や収容所に収監 😱 したのです。

ウイグル、チベット、最近の香港 💥 での悲

もっとみる
駄洒落ンジャーの館へようこそ

【いざ鎌倉(5)】失言か?クーデターか?源範頼の失脚

今回は曾我の仇討ちの後の政変を解説します。
前回を読んだ前提の解説となっていますので、未読の方はまず前回の曾我の仇討ちを頭に入れてから今回をお読みください。

口は災いの元?

建久4(1193)年5月28日の曾我兄弟の乱入により、富士の宿営地は大混乱となります。
鎌倉には「頼朝討ち死に」の報が届き、頼家の巻狩での雄姿の報には無反応だった北条政子もさすがに狼狽します。

巻狩で将軍親子と多数の御家

もっとみる

歴史・人物伝~太平記編番外コラム:参考文献は「マンガ日本の古典 太平記」

歴史・人物伝~太平記編はひとまず完結です。日本最長の歴史文学「太平記」の前半にあたる、鎌倉幕府滅亡までを書いてみましたが、様々なドラマがあったことを改めて感じました。
マガジンにまとめましたので、よかったらご覧ください。

本日の本題に戻ります。太平記編を書くにあたっての参考文献「マンガ日本の古典」シリーズの「太平記」についてご紹介します。著者は劇画家のさいとう・たかをさんです。

この本を書店で

もっとみる
ご覧いただき、かたじけなく存じます
1

京都府内の石造物㊶:大長瀬町公民館宝篋印塔

名称:大長瀬町公民館宝篋印塔

伝承など:なし

所在地:京都府京都市左京区大原大長瀬町 大長瀬町公民館

大原三千院より南に下って十五分ほど歩いた大長瀬町の公民館の傍らに、二基の宝篋印塔が並んで建っており、元々この地に存在した墓地にあったものと言う。

場所がややわかりにくいが、京都バスの梅の宮前バス停で下車し、梅宮神社の脇の道を登り切った所にあるお休み処の奥にある。

向かって右側の塔には、鎌

もっとみる

京都府内の石造物㊵:勝林院宝篋印塔

名称:勝林院宝篋印塔

伝承など:なし

所在地:京都府京都市左京区大原勝林院町 勝林院

京都市左京区の大原は石造物の宝庫と言うべき場所で、中世の石仏や石塔が数多く残されている。

紅葉の名所として知られる三千院の北隣にある勝林院は、平安時代初期に円仁が開いたとされる古刹で、法然と顕真らが行った宗論、所謂「大原問答」の舞台としても知られるが、境内には鎌倉時代の宝篋印塔がある。

宝篋印塔は本堂に

もっとみる

【いざ鎌倉(4)】大衆に愛された物語 曾我の仇討ち

本編第4回です。
今回から話は1193年‐建久4年に移ります。
このペースだと1221年まで全50回構想は無理ですね(汗)

今回は軍記物語では『曾我物語』、歌舞伎や能では「曾我もの」として有名な曾我兄弟の仇討ちについて。

本編前回はこちら。

番外編を一度挟みました。

巻狩の実施 源頼家の晴れ舞台

建久4(1193)年3月、後白河院の一周忌の喪が明けると、源頼朝は巻狩を実施します。
巻狩と

もっとみる

歴史・人物伝~太平記編⑨計略を駆使して幕府軍を悩ませた楠木正成

歴史・人物伝~太平記編の第9回です。

今回紹介する河内の武将・楠木正成は、日本史上屈指の軍事の天才と言われ、その計略を多くの戦国武将が参考にしたほどです。また、天皇に忠義を尽し抜いたことから「忠臣の代表的な人物」と言われてきました。

後醍醐天皇の鎌倉幕府倒幕の挙兵に呼応した正成は、小さな勢力ながらも英知を結集した奇想天外な戦略で幕府の追討軍を悩ませ、戦いを引き延ばすことで倒幕勢力を勢いづかせま

もっとみる
ご覧いただき、かたじけなく存じます

歴史・人物伝~太平記編⑧武勇に優れたがゆえに悲劇を生んだ護良親王

歴史・人物伝~太平記編の第8回です。

後醍醐天皇が隠岐へ配流となり、倒幕勢力が衰えるかに思われましたが、天皇に代わって「幕府を倒せ」という令旨(命令)を全国の諸侯に出していたのが、天皇の子・護良親王でした。

親王は幼くして僧籍となり、比叡山の天台座主の地位にいました。もともと学問よりも武芸に長けていたとされ、元弘の変をきっかけに起きた動乱で、僧籍から還俗して倒幕の旗手となったのです。

幕府か

もっとみる
ご覧いただき、かたじけなく存じます

【いざ鎌倉:番外編】イイクニは古い?鎌倉幕府成立は何年か?

noteを始めてから、

「イイクニの話書かないんですか?」

と、お会いした読者の方に言われまして、やはりみんな関心あるんだと感じた「イイクニつくろう鎌倉幕府」問題。

連載が1192年の解説を終えて、1193年に話が移りますので、今回はこの問題をさくっと解説しようと思います。

いまはイイハコ?

私もかつて歴史教科書に関係する仕事をしていた際は、

「いまってイイクニつくろう鎌倉幕府じゃない

もっとみる