鬱1歩手前で踏みとどまった時の事。

まず言いたいことは、真面目な人、神経質な人とかはなりやすいと言われるが、環境によって誰でも鬱になりうるという事。

私は、適応障害という診断を受けたことがあるがその時の症状、鬱との違いを残しておく。あくまで私個人の場合で全員に当てはまる事ではないけど、近い人がいたらいち早く誰かに相談、受診して欲しい願いを込めて。

・適応障害だった時の症状

・歯応えあるものを食べなくなった→咀嚼する気が起きない

もっとみる

辛いあなたへ。って物語。

生きてる限り、何でもできるし、逃げることができる。
でも、「死」から逃げることだけは、誰一人できない。

私は昔、「死」というものが本当に怖かった。私の家族や周りの人は体が丈夫で、最近まで葬式にも一回も出たことがなかった。だからなのかもしれない。朝、テレビの中で動いていた人が悲しい音楽と黒い見出しで紹介される。それを見ると胸がギュウっと握りつぶされているようで、どこかから誰かに見られているようで、

もっとみる
嬉しいです!
6

人間の本当の美しさ

人は比べたがる生き物だ。一方では外見を一方では権威的力を。

それ以外にも人は何かと比べたがる。収入も、乗っている車も、身体的関係を持った異性の数も、どこを見回してもそればかりの気がする。

これを書いてる僕もかなりの比較主義者だ(笑)

比べるのが悪いと言っているわけじゃない、いい意味で自己成長に繋げれるなら。

ただ、誰かと比べて、その自分を責めて、何がやりたいかを見失って、どんどん自信をなく

もっとみる
ありがとうございます!
4

靴が!壊れた!!

なんですかこれぇぇぇぇえ!!!

何か凄く違和感を感じたので足元を見てみると、お気に入りの靴が大変なことになっていました。

普段立ち寄ることのない古着屋さんで、シンプルで可愛く、履きやすそうなこの靴を見つけ、試着するとまるでシンデレラかのように足にフィット。
スニーカー以外のお洒落な靴でこんなにもサイズが合うことがない私は、少し値段が張るものの即決で購入したのが昨年の夏頃です。

運命的な出会い

もっとみる
ありがとうございます!

有名人の自殺が続いてるから世間が
騒いでるけど、芸能界のたった数人以上に国内で年間2万人も自殺する一般人の話は無視してるバカばっかり。

有名人が自殺した時だけ騒ぐ低レベルな奴とか信用出来なくて、とても相談する気にならない。

一般人も有名人も、死の悲しみは平等
なのにね。

嬉しいモフ❤️
3

寂しいなんて贅沢を、言える立場じゃない

昨日は寝言もひどく、

今日は一日涙が止まらず、

目元がパンパンに腫れて痛い。

そういう時私は、自分の心を分析する。

辛い時こそ、自分自身にすら、嘘をついてしまうことがあるから。

本当の気持ちに、蓋をしてしまうから。

感情に麻酔をかけてしまうから。

でもどうやら今の私は、

自分自身にすら、本音が言えないみたい。

自分の心にも嘘をついて、

そうして見たくないものに蓋をして、

辛さ

もっとみる

自分の価値観を大切にすると人生は生きやすい

こんにちは

いつもお立ち寄りくださり

応援して頂きありがとうございます!

さて、いきなりですが

あなたは自分が大切にしている

価値観について

はっきりと把握できていますか?

意外とね、自分が何に一番価値を感じているのか

ぼんやりとしか、わかっていない方も多いんじゃないかなって

思っているんですが

自分ではね、お金が一番大事だって思ってて

お給料も悪くない会社で

仕事を朝から

もっとみる
ありがたし!
1

生きてるだけで致命傷

自殺は逃げ、甘えなんて言う人が居るけど

私はそうは思えない。

死にたいって思う時って死に対する恐怖よりもこれから先を生きる事への辛さが上回ってしまった状態だから。

「死にたい」と言われたら「じゃあどうぞ死んでください」とは言えないけど「死ぬなんて思っちゃ駄目だよ」なんて言葉も言いたくない。

生きてりゃ良いことあるよなんてよく言うけどそんなの無責任過ぎる。

どんな言葉をかけるのが正解なんだ

もっとみる

【感想3選】今まで食べてきた辛いインスタントラーメンをオススメする

こんにちはsomekichiです。

今回は「辛いもの」をメインテーマとして、somekichiが今まで食べてきた辛いものの中で、オススメしたいものを紹介させていただきます。

私は辛いもの自体は好きなのですが、得意ではないので、「ほどほど辛いものが好き」という方には参考にしていただければと思います。

では、紹介していきます!

プルダックポックンミョン

辛さ:🔥🔥🔥🔥
旨味:⭐️⭐️

もっとみる
有難うございます!!by somekichi
16

自殺決行を3日後に控えた私が
「傷付けられて、苦しめられて、我慢
して生きるのも、コレで終わりか。」
と思いながら部屋のカレンダーを眺めて
いる夢を見た。

現実で旅立ち予定日が近づいた時も同じ
気持ちになるのかな。

ドキドキ・・・ワクワク・・・少しだけ
ビクビク・・・・・・。