路地裏のまっすん

東京下町の路地を歩きながら、写真を撮らせてもらいました。東京育ち、舞台俳優、声優の増田裕生さんです。(前半は無料です) 陽が落ちてお別れです。劇場がある、馴染みの町。ありがとう路地裏が似合うまっすん。 ここからは、またさらにいろんな表情のまっすん写真と共に時間を遡ります。

500

#一日一写

ただ街を歩き、気づく

僕は街が好きだ 最近は 歩く頻度が増えました 宇都宮ですが ただ、街を歩く 街じゃなくても近所でも その歩いていると様々に出会いがある 人もそうだが 道の脇にある緑や草木や木など 建物や 看板のキャッチフレーズや 文字やコンビニ ひっそりと佇む路地 自分はただ、歩くのが好きなのか…

#一日一写

+9

たまに私の作品紹介 雨

路地裏に佇む、絶品焼きカレー♪🍛@浅草橋

みなさん、焼きカレーって食べたことありますか?☺ 今回ご紹介させていただくお店は、JR総武線「浅草橋駅」東口、都営地下鉄浅草線「浅草橋駅」から徒歩1分にあります「ストーン」さんです✨ 創業1991年で和食・中華・フレンチ・イタリアンなど数多くのレストランで修行し、オープンされたとのこと…

第一章 初めての土地で単身出張、二泊三日の場合①

⇩ <序章>及び<目次>はこちら 第一節 道路幅の選択 貴方は初めて訪れる不慣れな土地に出張で訪れました。本来は取引先との会食が入っていたのですが、先方に急な所用が入り、急遽その夜は単身で食事をしなければなりません。貴方がもし、食事に興味が無く、一刻も早くホテルに帰って動画でも観…

宵闇の中で

涙声で電話しながら歩く女の子 自転車を押しながら談笑する青年達 俯いて歩くスーツ姿の男性 犬の散歩 ランニング それぞれの1日があって そこに何があったのかは解らなくても 街路灯に照らされる表情に 私の心を揺り動かす何かがある 何か悲しいのね、大丈夫? 楽しい事あったのね お疲れ様で…

【偏愛的路地裏論】 序章 -目次つき-

 世の中には高尚な書き物は数多在りますが、その様な事はその様な方々に任せておくに越したことは無いと思い、それならばこの世で一番無用なるものを、人生の限られた貴重な時間を使って書き散らす事が最大の贅沢であると思い、又、無用なる友人たちの無責任な囃したてに応じてやろういう浅儚な魂胆か…

金曜日の夜、電車に揺られて戦争をする。

 金曜日、17時47分。  リュックを背負ったスーツ姿の僕。ワイヤレスイヤホンを両耳に。左手はポケットに。ドアに背中を預け、スマホで動画を観賞しながら電車に揺られている。  ふと顔を上げる。  兎のマスクを被った女が反対側にいる。こちらから見て左側の手摺りに身体を預け、楽しそうにスマホ…