足関節

長腓骨筋(Peroneus Longus)

足関節外反筋として知られる、長腓骨筋。

前回の後脛骨筋とともに足部のアーチに関わる筋の1つで、長腓骨筋は特に外側縦アーチに関係が深いです。

また、足関節捻挫後に筋力低下や滑走不全を起こしやすい筋でもあります。

それでは早速いきましょう!

長腓骨筋の起始停止

(Visible bodyから引用)

起始:脛骨外側顆、腓骨頭、腓骨外側面
停止:内側楔状骨、第1中足骨底
支配神経:浅腓骨神経L

もっとみる
ありがとうございます!あなたの「スキ」が励みになります(^^)
3

成長期の踵の痛みの原因とは



スポーツを行っている小学生などにおいて踵の痛みを訴えることは非常に多くあり、この踵の痛みを繰り返してしまい安静と復帰を繰り返してスポーツ活動に制限を与えているケースも少なくありません。

踵の痛みは単なる成長痛と判断してしまいがちではありますが、実はセーバー病と呼ばれる成長期特有の怪我の可能性があります。

セーバー病とは

セーバー(sever)病とは踵の骨である踵骨(しょうこつ)に痛みを訴

もっとみる
嬉しいです😃
15

足部・足関節の運動療法

今回は、足部・足関節の運動療法について。

足部には体の4分の1の骨が存在しているということもあり、基本動作を行う際にも基本的には地面に接している部位としては足部しかありません。

足部が重要なことは理解している方も多いと思います。

足部疾患だけに限らず、膝関節・股関節疾患を診る機会も臨床で多いですが、どの疾患にしても必ず毎日診ない日がないのが足部です。

そして、ピラティスを運動療法で行ってい

もっとみる
スキありがとうございます♪( ´θ`)
36

足関節のセルフチェック・トレーニング

スポーツに限らず発生頻度が多い怪我である足関節捻挫後、十分に柔軟性や筋力が改善しないままスポーツ活動を続け、他部位でかばっているスポーツ選手に多く出会います。

まず始めに

捻挫をしたことが記憶にない

ということが問題として挙げられます。
もしくは捻挫は他の怪我に比べて症状が比較的軽度であることが多く、怪我と認識していないケースも多いかと思います。

足関節捻挫は靭帯の損傷を伴い、炎症(腫れや

もっとみる
ありがとうございます!
13

長母趾屈筋を活用する

臨床で長母趾屈筋(FHL)のタイトネスにより足関節の背屈を制限するなど、問題として捉えられることが多い筋肉です。
しかし起始-停止から走行が長い筋肉であることや、蹴り出し時に母趾が伸展されることから、長母趾屈筋を活用することで大きな力を発揮できるのではないかと考えられます。

機能解剖

起始|腓骨後面下部2/3・下腿骨間膜
停止|母趾末節骨底

●走行
後脛骨筋・長腓骨筋の間を走行し、距骨後方、

もっとみる
ありがとうございます!
2

長母趾屈筋(Flexor Hallucis Longus)

さて今回は、長母趾屈筋(FHL)について。

だんだんマニアックな筋になってきました。

長母趾屈筋はその名の通り、足の親指を曲げる筋です。

しかしその走行は下腿の後面から起こり、周囲の筋や関節の関係において足関節背屈時の制限にもなるなど臨床的にも重要な筋の1つです。

しっかり整理しておきましょう!

長母趾屈筋の起始停止

(Visible bodyから引用)

起始:腓骨後面
停止:母趾末

もっとみる
ありがとうございます!一緒に成長しましょう(^^)
4

足関節モーメント

こんにちは、理学療法士・アスレティックトレーナーのタツ(@tatsu_bridge)です。

今回は「足関節モーメント」について、書いていきたいと思います。

それでは、

足底が床に接している場合、下肢には足底から床反力が生じます。

※ 床反力についてはこちらの記事をご覧下さい。

足関節軸よりも前を床反力「F1」が通過するとき、足部は背屈方向(つま先が持ち上げられる方向)に力のモーメントを受

もっとみる
嬉しいです。今後ともよろしくお願いします。
1

足関節背屈可動域制限 ~介入はそれでいいの?~

はじめに

皆さんこんにちは理学療法士のYoshiki(@PtGekikara)です!

この記事は11月1日に開催しました
・セミナーのアーカイブ動画
・当日のスライド、ポイント

をまとめた資料、記事となります!
是非ご興味ある方はご覧ください!

もっとみる

踵周辺の疼痛の見極め方! Part2

前回の記事では、踵の真下の疼痛に関して「踵骨下脂肪体」「足底腱膜」の2つの組織から説明させて頂きました。

突然ですが、皆さん「踵の横の痛みって悩みませんか?」

踵の下なら踵骨下脂肪体や足底腱膜、踵の上ならアキレス腱やKager's Fat Padが存在しているので、何となく痛みを発生させる組織を想像することはできますよね!

踵の横ってあんまり組織が存在していないの、私は何が痛みを引き起こして

もっとみる
嬉しいです!
4

足部外側縦アーチがわかる

足部には内側縦アーチ、横アーチ、外側縦アーチの3つがあり、衝撃吸収や足部の安定性、歩行の効率化などの役割があります。

その中でも、足部外側縦アーチについて考えていきたいと思います。

とはいうものの、外側縦アーチは内側縦アーチよりもわかっていることは少なく、未知な部分でもあります💦

今回の記事では、外側縦アーチの解剖や報告されている文献の紹介、私なりの考えも記載していきたいと思います!

1

もっとみる
ありがとうございます!
11