石橋叩きとテレワーク①

2回目の投稿です。よろしくお願いいたします。

石橋叩き職人が、自分と向き合うきっかけとなったのが、
自律神経失調症でした。結果として会社を休職をしてしまうのですが、その時に自分の気質である「石橋叩き職人」について考えるようになりました。
そんな体験を含めた、自分の今の気持ちを書き残しておきたいと思いnoteを始めました。

ということで今回からは
石橋叩きが自律神経を壊してしまうお話です。

もっとみる
やったぁ!
1

闇記録 011

こんにちは。メンヘラナースです。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

希死念慮がピークに達し、

さっきリスカしたけど、自分で処置して助かった。

看護師でよかった。

でも

孤独な私にとって

楽しいこと何一つないのに

1人で生きていくには

人生長すぎて

病む。

それではまた。

わたしもスキ♡
2

10月です。有料マガジンをはじめることにしました。

おはようございます。イトウカヌレです。

今日から10月。季節の変わり目の長雨と気圧にやられ、なんだか不調だった9月を終え、ようやくカラッとした秋の空気になりました。5月の新緑の季節と、10月の晴れが多い季節が大好きです。

今月から有料マガジンをはじめることにしました。

マガジンの題名は、「どんと来い!繊細な日々」

日記形式で、平日はほぼ毎日更新予定。お値段は月額340円です。

いつか有料

もっとみる
推しは星組です。月も好き!
5

外で呼吸することは、傷つくこと。

基本的に僕は、家で引きこもって仕事をすることが多いです。

忙しい土日月は、家から一歩も出ずに、仕事に没頭していました。

こうして、家から一歩も出ない日を何日か送っていると、ある弊害が生まれます。

それは、外の空気を吸うことが怖くなることです。

誰かと会うのが怖くなったり、面倒くさくなるのです。

そんなこと言ってたら、何もできなくなるので、火曜日になったら散歩に出かけて、行きつけのカフェに

もっとみる
ありがとうございます。過去の記事もよろしくお願いします。
27

どう足掻いても私はHSP

HSPという言葉を知ったのは1年くらい前かな~ 人口の5人に1人が当てはまる「非常に繊細な人」らしい。

これなんじゃない?と教えてもらって、ほとんど全部と言っていい程項目が自分にあてはまるので、逆に当てはまらない人いるの?と思った。

でも、同じくHSPで悩んでる友人によると、当てはまらない人は本当に全然当てはまらないらしい。

・人が近くにいたり見られていると、いつもの実力が発揮できない

もっとみる

HSPとプレッシャー

こんにちは。解決法を3つまとめました!☺️

面接・試験前日や吹奏楽の発表本番前に、緊張や悩んだりしていました。それは、きっとHSP だからこそ、気がつきやすくて感じやすいのだなと最近分かりました。「プレッシャー感じてるんだな」って自覚するだけでも客観的に自分を見ることができて、楽になりました(^-^)

1.最初からベストを尽くさなきゃと思わない

あまり考えてなかったけど意外とすんなりうまく行

もっとみる

凡庸なる狂人

死んで初めて「帳消し」にしかできない人がいる 科学や宗教や金で解決できないものがある

我々には、そんな人たちに、処方薬を持たない せいぜい、接し方を変えるしかない しかもマニュアルや画一性ではなく、相手に寄り添うように

これが難しい

普通の親
普通の家庭が

子を殺す場合がある、子がトラブルを抱えることがあることをご存知か?

普通とは、じつは個別性を無視する
自立的思考や感性を殺すものだ

もっとみる

HSP日記vol.2 「人前で電話ができない」

仕事柄、様々なところに電話することが多いんですよね。

でも、職場で同じ空間に同僚がいる中で電話ができないんです。

「間違ったこと言ってる」「変なこと言ってる」「日本語間違ってる」「もっとスマートに言えばいいのに」「こんなこと思ってたんだ」とかとか

同僚が自分の電話対応を聞いてなんて思うんだろうと考えてしまって、電話するのが億劫になります。

実際に、「これやるんだね」って電話内容を盗み聞きさ

もっとみる
ありがとうございます🌅
5

大西から石川君

初めに

 今日は大西がブログ執筆を担当しますよー。3週目は他己分析ということで、僕は石川君について書きます。前回のブログで石川君が言っていたように、僕は映像制作で石川君と一緒に活動しているので、僕なりに、ある程度は石川君の人物像がわかったつもりです。(笑)今回は、その石川君のキャラクターをみなさんにわかってもらえればなと思います。では行きましょう!

落ち着いている

 一緒に活動したり話してい

もっとみる
あなたのスキはこのブログの原動力です!
8

故人二人

連日、その死を巡り報道されている女優・竹内結子さん。
「気遣いの女王」、「無償の愛」。人々が口を揃える。

けど、本当にそうだったのか?
たまたま礼儀として(?)した差し入れやプレゼントが評判となり、いつしか定番イメージ。「人となり」となり、一人歩き。
しないと(何で?)となっていただけではなかろうか?

被災地への「無償の愛」も、内密(?)とはいえ「芸能人だから」。
半分ぐらいは「売名行為」。偽

もっとみる
らりほぉ~っ♪
2