編集ライター養成講座

未経験で編集・ライターへの転職でやって良かったこと

※最後まで無料で読めます。

現在WEB系の法人営業をやっている私は、5月に編集・ライター職に転職をする。未経験からの転職だ。

転職活動の中で困っていたのは「情報量」だった。確かに、ググれば「未経験でもライターになれる!」みたいな記事もある。でも未経験→編集ライターへの転職までの具体的な道筋が曖昧で、結局自分で手探りで転職活動を進めていくしかなかった。

そこで、これから未経験で編集職・ライター

もっとみる
あなたの「スキ」で明日も早起きできます
16

宣伝会議のライター講座を初回でやめた話[前編]

正確に言えば初回のあとも何回かは一応行ったのでタイトルは若干嘘です。
わおんです。

2018年秋、ぼくは病んでいました。
元々あんまり身体が強いわけではなかったんですが、それにつけてもどうもおかしい。夜眠れないとかなんやかんやいろいろ不調のオンパレード、極めつけに飯が食えなくなって食っても吐く。
なんとかギリギリ蜂蜜と牛乳で食いつなぎつつ、どこの医者行っても大きな異常はなくて藁をも掴む気持ちで行

もっとみる

プロ7人が原稿を講評すると

宣伝会議の編集ライター養成講座即戦力コース、通称米光講座の8回目は、エキレビオーディションだった。

エキレビ編集長をはじめとして、プロの編集者、ライターが7人ぐらい遊びにきてくれて、ひとつずつ原稿をピックアップして、それぞれの講評を交わしながら進行。

7人もいると、講評が多角的になって、おもしろい。原稿の欠点は、(おそらっく)ほとんど同じように見つけているのだけど、それを修正する方法の入射角は

もっとみる
わーいヘ(゚∇^ヘ)(ノ^∇゚)ノ ヘ(^∇゚ヘ)(ノ゚∇^)ノ
17

花粉症とライター講座と卒業制作と。つまりつれづれ。

おかしい。まだ予報もニュースも出ていないのに、目も顔も痒いし鼻がムズムズする。

そう。花粉。もう花粉が飛んでいる気がする。
気のせいだと思いたいけど、多分違う。
私の花粉センサーが反応している。

関東の花粉事情ってどんな感じなんだろう。都会だからやっぱりすごいのかしら。
とりあえず明日、アレグラでも買ってこよう。早い方がいい。あとヨーグルトと甜茶。

ヨーグルトと甜茶の参考文献についてはこちら

もっとみる
これで明日も頑張れます…!
10

新しい出会いの中にしか新しい発見はない

今日は週に一度の「編集ライター養成講座」。
講座後に懇親会もあって、何人かの方とお話ししたけど、みんな業種もさまざま。
違う世界の人と話すのは、やっぱり面白いなあと実感。

『新しい出会いの中にしか新しい発見はない』と、前田裕二さんが話していたのだけど、本当にそうだよなぁと思う。

どんなにインターネットが発達して、5Gになって、今までより多くの情報を早く得ることができたとしても、実際の人と会った

もっとみる
励みになります…!
16

「サザンカ」に涙する1人の帰り道。

久し振りに人とご飯を食べた。そして人が作ったご飯を久し振りに食べた。家で作れないものがいいよねって、アジア料理を選んだ。

 ガパオライス。それなりに美味しかった。(正直もっと美味しい店はいっぱいあるだろうなという程度だった。ちょっと残念)

 一緒にご飯を食べたのは、名古屋から仕事で東京に来ていた友人。
 少し前に「今度東京行くんだけど、この日空いてる?」って連絡をくれた。すごく嬉しかった。

もっとみる
私も好き…
7

「ものを書く人になる」ということ

昨年12月から、宣伝会議の「編集・ライター養成講座」という講座に通っている。

 これ。広告で見たことある人も多いかも。 

 数年前から「事務代行」としてフリーランスで働いているのだけど、フリーランスでやってる人たちって大体が「これが私の使命!!」「世界中にこれを広める!」みたいな情熱を持っていることが多くて、私はどっちかっていうと「ご飯を食べるために」仕事をしてる感じだったので、そこに熱量の差

もっとみる
私も好き…
29

編集・ライター養成講座を修了して

2018年12月から2019年6月までの約半年、株式会社宣伝会議が主催する編集・ライター養成講座に通っていた。

6月29日に最終講義があり、私の卒業制作は26本の卒業制作の中から優秀賞に選ばれた。最優秀賞が1本、優秀賞が3本。そのうちの1本である。
私以外の3名は既に執筆経験があったが、私は今までに全く執筆経験がない。そんな私でも優秀賞をいただけた。

幼い頃から本を読むことや文章を書くことは好

もっとみる

在日外国人の実態と日本語教育

現在受講中の宣伝会議 編集・ライター養成講座の卒業課題の取材に応じてくれた山田拓路さんが、私の書いた記事の一部をブログで紹介してくれています。

私自身、日本語教師としての経験や外国の方と一緒に働いた経験はあるものの、まだまだ知識不足、勉強中の身の上、海外にルーツをもつ子ども、若者たちへの日本語教育、多文化保育の必要性を改めて感じました。

http://yamadatakuji.org/

もっとみる
スキ ありがとうございます♡
7

見えない引き立て役

現在、私が通っている宣伝会議 編集・ライター養成講座の少人数クラスで出されていた、インタビュー記事の課題をリライトして載せました。

今回はいつもより少し長めの記事ですが、読んでいただけたら嬉しいです。

「見えない引き立て役」

長期連休を迎えた4月下旬、私は最寄りの駅で一人の人を待っていた。無人駅ではあるものの、近くに大きなお寺さんがあり、そこに咲く藤の花がちょうど見頃だということもあって、

もっとみる
감사합니다 ♡
4