経営企画

ルーティン仕事は悪ではなく、むしろイノベーションを生み出す大切な要素

ルーティンワーク。

そう聞くとなんだか「言われたことをやっているだけ」というイメージがつきまとうのでネガティブな印象がある。

なんだか何も考えずにマニュアルに沿って仕事をしていて「ルーティン以上ン仕事」が努力や成果として評価される傾向が強く、ルーティンワークだけやっている人は評価がされなかったりする。

一方でイチローのバッティングボックスに入る前の一連の儀式的な動きや、ラグビーの五郎丸のキッ

もっとみる
とってもうれしく励みになります!ありがとうございます!
15

1人目の経営企画室メンバーに経験を求めないわけ。成長に対してノリノリになれる人と一緒に、拡大期を創りたい/CFO 古川賢太郎インタビュー

最高のチームで最高のサービスを作る企業として日本を代表する存在になることを目指し成長を続けているタンバリンは、2022〜23年のIPOに向けた準備を進めています。その動きを本格化させるため、経営企画室を新設し、新たにメンバーを募集することになりました。
そこで、タンバリンにおける経営企画室の役割やどんなメンバーを求めているのかを、CFOの古川賢太郎に聞きました。

古川 賢太郎 / Kentaro

もっとみる
*:・・今日がいい日になりますように・・:*
14

情報格差はチャンスである一方、不の連鎖を生むリスクもあると知っておく[アドバースセレクション]

情報を売るというビジネスは人が欲しいと思っている情報を提供するための商売としていろいろなものが世の中にある。

学校やビジネススクールもそうだし、本や情報商材の出版、オンラインサロン、YouTube動画、新聞雑誌、ニュースサイトなど形態は様々だが、情報が少ない人、情報を知りたい人に対して価値のある情報を届けるというが「情報を売る」という商売として存在している。

ここには経済の本質が隠れていて、情

もっとみる
貴重なお時間を使って読んでいただきありがとうございます!
22

自分のレア度を起点に未来を描けるか。「資源ベース理論」の良し悪しについてざっくり考えてみる。

世の中でいういい会社や、成功しているビジネスというのはなぜそれが良いと言えるんだろう。

時折いろいろな成功事例に流れてくるニュースや企業分析で触れることがある。

すでに成功しているものを説明するのは比較的楽で、いろいろなフレームワークに当てはめれば過去のことなので大体説明できる。

それじゃあまだ成功する前、いまから戦略を考えるときにどういったことをすれば成功するのかというのは途端に難しくなる

もっとみる
ありがとうございます!(フォローもいただけたらうれしいです!)
28

XaaSを採用して「ホールドアップ!」状態にならないために取引コスト理論をちゃんと考えておこう

「自社でやるか外部に委託するか」

こんなことを考えるケースというのは仕事をしていると出てくるものだ。例えば何かの部品や雑誌の記事を作る場合や給与計算や経理処理など、それを自社でやるべきか外部に依頼するかといった判断が必要になるケースというのはあるものだ。

「自分でやるか他部門や部下にやってもらうか」

マネージャーであればこんなことを考えることも多い。この作業は自分でやった方が早いけど他の仕事

もっとみる
はじめたばかりなので、このうれしい気持ちを忘れないようにします!
25

公民連携するならおもしろく|Memo

この文は、以前書いた某寄稿文が、たしかに読みにいものの、今なお自分のスタンスがまとまっている感もあるため、あらためて少しずつアップデートしてみようという試みです。

公民連携によるまちづくりが広がっている

地方自治体の財政は厳しく、人口も減少していく局面です。この中で、これまでの官と民との関係にとらわれていては、都市や地域の課題の多くは対応できない。これは現場的にもだいぶ見えてきたのでは

もっとみる
うれしいです
1

「現場」で有効だと思っていること|Memo

以前感じていた閉塞感は薄れ、不確実ながらもだいぶ見通しが立つことも増えてきたように思います。

相変わらず、人口減少への適応として各分野における構造変化は不可避です。ときおり見られる適応障害もいずれなくなるでしょう。有効なのは、限られた元手で小さい循環から複利で増やしていくしくみです。成功事例を水平展開するやり方は得策ではありません。少ない人手で効率的効果的に実践する技術的ツールは揃いつつあります

もっとみる
うれしいです
1

キャズムを乗り越えるというプロセスは必ずしも必要ではないかもしれない

自分のライフスタイルにこだわりをもって生きている。そんな人に誰もがなりたいと思っているし、自己実現をしているように見える人は何の世界でもいつの時代も注目されるものだ。

このこだわりというのは人それぞれ違っていて、最先端の電子機器に異常なほどの熱意を燃やす人もいればガラケーで十分という人もいる。新聞を愛読する人からnews picksなどを活用する人まで情報の取り方も多様だ。ipadで完全デジタル

もっとみる
いただいたスキを原動力にこれからも書いていきます!
25

差別化を持続させられない世界でどういうマインドセットを会社で育てたらよいかについて

どんな会社も事業もライバルがいる。そんな競合他社との闘いをしながら独自の製品やサービスを提供することで社会が発展しているのがぼくらの世界だが、そういった独自性を打ち出すのがドンドン難しくなっていることを誰もが感じている。

差別化戦略をとるのかコストリーダーシップ戦略をとるべきかという点について原則的にはポーターさんのお話や、一般的な経営戦略としては差別化を狙った方が目指すべき方向で同時に実現する

もっとみる
他の記事も読んでいただけるよう頑張ります!
23

経営企画・事業企画に求められる資質

経営企画・事業企画に求められる資質について今日はまとめたいと思います。
他の部署から経営企画に異動し、結局合わずに半年でまた元の部署に戻っていくということを見てきました。
なぜこうしたことが起こっていたのでしょうか。起こらないためには、どんな資質が求められるのでしょうか。

もちろんスキル(Excel、PowerPointへの苦手意識がない、ドキュメンテーションに慣れている)も一定必要だとは思いま

もっとみる