細胞培養

細胞培養(解凍)

細胞培養(解凍)

大学卒業後から現在まで製薬会社で細胞を扱った研究者として働いている私が細胞の解凍方法について伝授します。これまで扱った細胞腫は80株以上です!解凍後の細胞の増殖が悪くて困っている人は参考にどうぞ! 会社で、細胞について詳しい人が周りにいなくて困っている方もどうぞ! 解凍凍結されている細胞量が1mL(1x10^6cells)程度の場合、以下のようにするといいです。 1.まず、15mL遠心管に培地(10%FBS)を9mL入れます。(培地は温めなくても室温程度になっていればO

スキ
1
有料
100
「食の進化」という話

「食の進化」という話

食の価値

スキ
173
有料
300
コスメ/食材など様々なものに利用できる低コスト細胞培養プラットフォーム技術「CulNet System」のインテグリカルチャー株式会社が約2.4億円の資金調達を実施

コスメ/食材など様々なものに利用できる低コスト細胞培養プラットフォーム技術「CulNet System」のインテグリカルチャー株式会社が約2.4億円の資金調達を実施

※この記事はすべて無料で閲覧が可能です。 資金調達情報 調達額:約2.4億円 ラウンド:ラウンド不明 募集方式:-(研究開発型スタートアップ支援事業/Product Commercialization Alliance(PCA)) 調達先:国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 調達年月:2020年8月 企業情報 企業名:インテグリカルチャー株式会社 住所:東京都文京区本郷4-1-3 明和本郷ビル 7F 事業内容:コスメから食材まで様々

スキ
2
有料
100
コスメ/食材など様々なものに利用できる低コスト細胞培養プラットフォーム技術「CulNet System」のインテグリカルチャー株式会社がシリーズAで8億円の資金調達を実施

コスメ/食材など様々なものに利用できる低コスト細胞培養プラットフォーム技術「CulNet System」のインテグリカルチャー株式会社がシリーズAで8億円の資金調達を実施

※この記事はすべて無料で閲覧が可能です。 資金調達情報 調達額:8億円(累計約11億円) ラウンド:シリーズA 募集方式:第三者割当増資 調達先:Beyond Next Ventures株式会社     日本ハム株式会社     リアルテックファンド     Agfunder     中川成久(Caygan Capital Ltd.、CEO兼CIO)     株式会社広島ベンチャーキャピタル     VU Venture Partners     他、事業会社    

スキ
10
有料
100
【IntegriCulture】細胞培養でアイドル牛爆誕⁉誰もがオリジナル肉をデザインする時代へ【後編】

【IntegriCulture】細胞培養でアイドル牛爆誕⁉誰もがオリジナル肉をデザインする時代へ【後編】

前編ではインテグリカルチャーが生み出した「純肉」と、低コストでの細胞培養を可能にした「CulNet™ System」について紹介しました。培養肉が一般に浸透した未来では、私たちの食卓はどうなっているのでしょうか? ■畜産農家のシゴトはどうなるの? お話を聞いていてひとつ気になったんです。 それを羽生社長にぶつけてみました。 培養肉とリアル肉で食肉市場のシェアを仲良く分け合えるならいいですが、安くておいしいなら培養肉がどんどんシェアを奪ってしまうのでは? 「畜産農家の人

スキ
11
【IntegriCulture】サヨナラ食糧危機!細胞培養肉がつくる未来の食卓【前編】

【IntegriCulture】サヨナラ食糧危機!細胞培養肉がつくる未来の食卓【前編】

※上のお店はまだ存在しません。開店までもう少々お待ちください。 それはさておき、世界が直面する食糧危機。 食用動物の需要はどんどん増え、飼育する土地が足りない・餌となる食糧が足りない…といった問題が噴出しています。 牛や豚、鶏、羊など、グルメな人類がどんどん開拓してきた「食用肉」の歴史ですが、人口の増加によって畜産業は大きな危機にさらされています。 そんな危機に大きな希望をもたらすのが、細胞を培養してつくる人工肉。 国内で研究開発を行うインテグリカルチャー株式会社の

スキ
13
ほら、だからね、次は細胞培養で草食人間

ほら、だからね、次は細胞培養で草食人間

「段ボール肉まん」、やらせ報道でひと時騒がしかったことがありましたが、今度は、ホンモノの疑似肉。のようです。 アメリカ合衆国で若者の間で人気ですが、中国では豚コレラで肉の値段が跳ね上がっていますから、「ホンモノの商品」となって経済を引っ張る可能性が高い。 つまり、疑似肉が商売になるとなれば、一気に広まるのが中国。その中国で「安くなった疑似肉」が一帯一路で広がりを見せれば、中国発の「疑似肉の世界化」となるわけです。 おもしろいモノで、人気の陰でひたすら次のヒットを狙う輩が

スキ
4
「食の3Dプリンター」の次は、人間光合成

「食の3Dプリンター」の次は、人間光合成

えぇ、もうそれは、究極の人間。緑色や赤色の人間。 太陽の光を浴びて、呼吸をすれば酸素を吐き出す緑色の人間。ありとあらゆる ”水” があるところに、足を突っ込めば、生きていられる人間。だから、食の3Dプリンターが不要となるわけです。 ありえへん?どうでしょう・・・。人間の細胞にシアノバクテリアを住まわせることができたら。それは、緑色の人間。または、紅色細菌を取り込んで、火山のそばで硫化水素を足から吸い上げ、硫黄を吐き出す人間になっているかもしれません。そうれは、赤色の人間。

スキ
2
ロボットや発展途上に頼るしかない、年金

ロボットや発展途上に頼るしかない、年金

現役世代が年金を支える仕組みである以上、現役世代が減った分、自動化で増えたロボットが年金を支えるしかなさそうです。 ロボット課税。経済を活性化させるために自動化が進む中、ロボット税を取り入れ、社会保障を目減りさせない政策が必要。これ、自動運転関連にも。 場合によっては、「年金世界連合」を構築し、最も経済が活性化し伸び率の高い国や地域に「発展途上税」をお願いすることになるのかもしれません。インド・アフリカ諸国が対象でしょう。でも、なぜ先進国の年寄りを発展途上国が担わなければ

スキ
3
e発明塾通信 vol.567(2019年1月21日号) 「CAR-T細胞療法」で、ますますHOTになる「細胞培養」技術 ~ ブリストルのセルジーン買収、他

e発明塾通信 vol.567(2019年1月21日号) 「CAR-T細胞療法」で、ますますHOTになる「細胞培養」技術 ~ ブリストルのセルジーン買収、他

無料登録で最新号が配信されます!是非ご登録をお願いします! ・・・ e発明塾通信 vol.567(2019年1月21日号) 「「「 「CAR-T細胞療法」で、ますますHOTになる「細胞培養」技術 ~ ブリストルのセルジーン買収、他 「「「  こんにちは、「発明塾」塾長の楠浦です。 今回も、過去に発明塾や本メール講義で取り上げたエッジ情報の続報、関連情報を取りあげます。 前職時代に、ナノ加工技術の一つの出口として 「細胞培養デバイス」 の開発と事業化を手がけていた

有料
100