Gelate(ジェレイト)

ゲルの研究をやっています。ゲルを使った人工筋肉、スライム、こんにゃく等、ゲルに関する様…

Gelate(ジェレイト)

ゲルの研究をやっています。ゲルを使った人工筋肉、スライム、こんにゃく等、ゲルに関する様々なテーマを扱っています。学会・イベントで研究成果の発表もしています。 1人でも多くの人にゲルと化学の面白さを伝えられたらと思います。 ☆高分子学会正会員、仕事は化学研究職。ゲル研究は趣味です。

メンバーシップに加入する

■なにをするサークル? 化学について気軽に楽しく話したり、情報を発信するサークルです。 限定公開のYoutube動画や、普段の研究活動についても投稿していくので、ただ見るだけでもOKです。 ■活動方針や頻度 基本は化学に関する話題を扱いますが、科学系ならなんでもOKです。 毎月、個人の研究や思ったことを投稿します。 質問やコメントも気軽にしてもらえればと思います。 限定公開のYoutube動画は不定期投稿です。 休日のようにリラックスして活動するという方針から「日曜化学サークル」としました。 ■どのように参加してほしいか 肩の力を抜いて、気楽に投稿を見て欲しいです。 そんな感じなので、白熱した議論や難解な話はしません。

  • ライトプラン

    ¥100 / 月
  • マガジンプラン

    ¥500 / 月

マガジン

  • Gelate 研究ノート

    趣味のゲル研究や化学のニュース・興味深い研究について、一歩踏み込んだ内容の記事をお届けします。基本は以下の3本です。 〇化学に関するニュース解説 〇連載:科学と歴史(不定期) 〇科学に関するコラム ・化学ニュースについては、直近の化学に関する話題や研究成果を1本以上取り上げ、解説します。話題が少ない時は、1,2年前のニュースを取り上げることもあります。 ・科学と歴史は、歴史上の様々な出来事や科学エピソードを取り上げ、そのストーリーをご紹介します。 ・ほかに、技術解説などの科学系コラムや、化学に関する不定期連載を投稿します。 *研究月報は不定期ですが、個人の研究や調査に関するレポートをお届けします。堅苦しくない、日記のようなレポートです。 時期によっては、学会参加レポートや発表レポートなども発信します。

  • ゲルの不思議な世界

    ゲルについての記事をまとめています。 シンプルなようで奥深い、ゲル化学の世界を紹介します。

  • ノーベル賞(自然科学系)解説

  • 深海生物

    これまでに投稿した、深海生物に関する記事をまとめています。

  • 化学コラム

    身近なものやニュースを中心に、化学に関する記事を投稿します。 「ゲルの不思議な世界」ではゲル関連を、それ以外はこちらに投稿します。

ウィジェット

最近の記事

  • 固定された記事

蒟蒻(こんにゃく)の化学

蒟蒻について 蒟蒻は変わった食べ物です。 消化出来ない上に味がありません。 味付け出来ないことも無いですが、ほぼ食感を楽しむだけの存在です。 そして、多くの食品が酸性の中、蒟蒻は珍しいアルカリ性食品、しかもpH12という極めて高いアルカリ性を示します。 とても食べ物とは思えません。日常的に食べているのは日本だけです。 そんな蒟蒻ですが、日本には5~7世紀頃に中国から伝わったと言われています。 ただし、詳しいことは分かっていません。長く精進料理として食されてきたため、仏教と共

    • バイオミメティクス

      バイオミメティクスとは、生物模倣 or 生物模倣技術のことです。 その名の通り、生物の様々な特徴を研究し、科学技術で同じ機能を実現するものです。 バイオミメティクスの研究はとても面白く、自然界への興味も深まります。 例えば、レオナルド・ダ・ヴィンチが鳥が飛ぶメカニズムを研究した例が挙げられます。 他には、蚊を模倣した痛みのない注射針などがあります(これは早く実用化してほしいですね…)。 そして、植物の機能を模倣したものもあります。

      有料
      200〜
      割引あり
      • 接着とは?

        接着剤で2つのものをくっつける。 誰でもやったことがあると思います。 では、接着剤に必要な機能は何でしょうか? 何をどうしたら、2つのものをくっつけることが出来るのでしょうか? 接着剤と言っても色々あり、中には異種材料を強固に接着するものもあります。 例えば、金属と樹脂、木材と樹脂などです。

        有料
        300
        • 量子技術とは?

          先週、有料エリア内でお話しした通り、今回は量子技術についてお話します。 そもそも、量子とは何の事でしょうね? そう言えば、2023年のノーベル化学賞は量子ドットの開発でした。 文科省にある説明の通りで、量子はとてつもなく小さく、そして特殊な性質を持っています。

          有料
          300
        • 固定された記事

        蒟蒻(こんにゃく)の化学

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • Gelate 研究ノート
          Gelate(ジェレイト)
          ¥400 / 月
        • ゲルの不思議な世界
          Gelate(ジェレイト)
        • ノーベル賞(自然科学系)解説
          Gelate(ジェレイト)
        • 深海生物
          Gelate(ジェレイト)
        • 化学コラム
          Gelate(ジェレイト)
        • 知育菓子(ゲル・ゾル)
          Gelate(ジェレイト)

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 限定公開動画まとめ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 捨てる前に

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • よく見ると?

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 仮装大賞

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 限定公開動画まとめ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 捨てる前に

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • よく見ると?

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 仮装大賞

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          ゲルとは何か? ~身近な例と歴史を紐解く~

          「マガジンプラン」に参加すると最後まで読めます

          これまでゲルについて様々な記事を投稿してきましたが、ここで改めてゲルについてまとめてみます(前半無料です)。 ゲルについて ゲルは、寒天やこんにゃく、プリンに代表されるソフトでウェットな材料です。 私たちの身体も殆どがゲルで出来ています。 では、具体的にゲルとはどんな物の事を指すのでしょうか? 高分子は、分子が沢山繋がってできた細長いものです。 この高分子が化学結合や絡み合いなどで網目構造を作り、水などの液体を含んだものがゲルなんです。 寒天や蒟蒻は約95%が水、ゼラチ

          有料
          200

          ゲルとは何か? ~身近な例と歴史を紐解く~

          有料
          200

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          自分の足で情報を得ること

          今は高速通信が普及したおかげで、手軽に情報を得ることが出来ます。 その一方で、自分から情報を取りに行き、自分で調べて考えることが大切なのは今も昔も変わらないと思います。 流れてくる情報を浴びているだけでは、物事の一面しか見ていない事になるかもしれませんし、結局何も得ていない可能性もあります。 自分の足で学会や展示会などに行くと、やはり直接情報を得て考えることは大事だなと感じます。 現物を見て、その場で質問し、議論する事で得られる事は唯一無二です。

          有料
          200〜
          割引あり

          自分の足で情報を得ること

          筑波宇宙センター

          JAXAのつくば宇宙センターに行くと、色々なものを見ることが出来ます。 以下の施設に関しては予約不要で見学できるので、近くに行く事があれば是非寄ってみて下さい。 ・展示館「スペースドーム」 ・プラネットキューブ(企画展示・売店) ・ロケット広場 あまり宇宙に興味が無い方でも楽しめると思います。 展示館では、QRコードを読み取ることで音声ガイドを聞く事もできます。 一度行ったことがありますが、本物のロケットを見ることが出来て感動しました。

          有料
          100〜
          割引あり

          筑波宇宙センター

          研究レポート 2024.01 ~見た目も大事?~

          材料研究をやるとき、まずは目的の性能・機能を満たすことを目指しますが、製品化までを考えた場合、色や光沢などの見た目も重要になるケースがあります。 基礎研究ならそこまで考慮する必要はありません。 如何にして目的に到達するのか、考えながら試行錯誤します。

          有料
          300

          研究レポート 2024.01 ~見た目も大事?~

          学会参加登録しました。 発表日まではまだ時間があるので、更に実験を重ねてテーマの深堀りをします。 いつもそうですが、聞いた人に興味を持ってもらえる発表にしたいと思っています。 ※星型のゲルを発表するわけではありませんが、写真は使うかもしれませんw

          学会参加登録しました。 発表日まではまだ時間があるので、更に実験を重ねてテーマの深堀りをします。 いつもそうですが、聞いた人に興味を持ってもらえる発表にしたいと思っています。 ※星型のゲルを発表するわけではありませんが、写真は使うかもしれませんw

          JAXA探査機「SLIM」の月面着陸成功

          20日未明、JAXA探査機「SLIM」が、月面着陸に成功しました。 先日、民間企業で月面探査を目指すispae社を取り上げましたが、JAXAの成功に続き、ispace社も成功して欲しいです(今年打ち上げ予定)。 今回のチャレンジは、既に着陸に成功している他国との差別を図っています。 それは、着陸場所の誤差を100メートル以内に抑える「ピンポイント着陸」です。 従来の着陸場所の誤差は数キロ〜十数キロメートルなので、物凄い精度です。この技術を確立できれば、月面に存在すると考えられ

          有料
          300

          JAXA探査機「SLIM」の月面着陸成功

          HAKUTO-R

          民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」をご存じでしょうか? このミッションを行っているのがispaceです。

          身体とタンパク質の状態

          水を除くと、人の身体の殆どはタンパク質で出来ています。 もっと言うと、人の身体はタンパク質のハイドロゲルなんですね。 身体の中のタンパク質について、最近考えていることを少し話します。

          有料
          300

          身体とタンパク質の状態

          ゲルの重さ

          ゲルの重量はゲルが含んでいる液体に大きく左右されます。 というのも、多くのゲルはその7割以上が液体だからです。 水を含むハイドロゲルの重さは、ほぼ水の重さと言っても過言ではありません。

          有料
          300

          近道は無い

          研究が進まないと、何が原因なのかを考えます。 単に考えても駄目で、今回の方法と結果を過去のものと比べ、異なる部分を見つけたり、目標とそこに到達するための手法を再確認したりします。

          有料
          100〜
          割引あり

          無いものを作る

          今や広く浸透したフッ素樹脂やフッ素樹脂加工。 特にフライパンへのコーティングはよく知られていますよね。 テフロンコーティングとも言いますが、テフロンは開発したデュポン社(現在はケマーズ社)の登録商標です。 厳密に言うと、テフロンはフッ素樹脂の一種であるPTFE(ポリテトラフルオロエチレン)のことです。デュポン社の打ち出したテフロンコーティング(あるいはテフロン加工)が広く浸透し、フッ素樹脂=テフロンの認識になりました。 フッ素樹脂加工を施したフライパンは表面の滑りがとても良く

          有料
          200〜
          割引あり

          ゲルと生命の謎⑨ 〜刺激応答性ゲルとエントロピー〜

          「ゲルと生命の謎」連載は終了しましたが、今回は本編の補足をお話します。 連載の中でも刺激応答性ゲルについて取り上げましたが、今回はその時の内容を補強するものです。 各記事単独でも分かるように書いているつもりなので、これまでの連載を読まれていなくても大丈夫です。 刺激応答性ゲルというのは、私が研究している温度応答性ゲルのように、何らかの外部刺激で色や大きさなどが変わるゲルです(電気、光、pH、溶媒組成)など。 では、刺激応答性ゲルが脳の記憶と何の関係があるのか?

          有料
          300〜
          割引あり

          ゲルと生命の謎⑨ 〜刺激応答性ゲルとエントロピー〜

          科学技術と学び

          テクノロジー(科学技術)の発展によって社会も発展してきました。 一方で、テクノロジーの導入が遅れている国は、導入が進んている国よりも遅れ、科学技術は衰退していきます。 テクノロジーを導入し、活かしていくには学ぶ必要があります。一人ひとりが学んでテクノロジーを活用する国と、旧態依然の国では大きな差が生まれます(科学技術はもちろん、経済や社会システムなど、あらゆる面で差が出ます)。 以上のことは歴史や今の世界を見れば分かることです。 日本はどうでしょうか?

          有料
          300