Gelate(ジェレイト)

ゲルの研究をやっています。ゲルを使った人工筋肉、スライム、こんにゃく等、ゲルに関する様々なテーマを扱っています。学会・イベントで研究成果の発表もしています。 1人でも多くの人にゲルと化学の面白さを伝えられたらと思います。 ☆高分子学会正会員、仕事は化学研究職。ゲル研究は趣味です。

■なにをするサークル? 化学について気軽に楽しく話したり、情報を発信するサークルです。 限定公開のYoutube動画や、普段の研究活動についても投稿していくので、ただ見るだけでもOKです。 ■活動方針や頻度 基本は化学に関する話題を扱いますが、科学系ならなんでもOKです。 毎月、個人の研究や思ったことを投稿します。 質問やコメントも気軽にしてもらえればと思います。 限定公開のYoutube動画は不定期投稿です。 休日のようにリラックスして活動するという方針から「日曜化学サークル」としました。 ■どのように参加してほしいか 肩の力を抜いて、気楽に投稿を見て欲しいです。 そんな感じなので、白熱した議論や難解な話はしません。

Gelate(ジェレイト)

ゲルの研究をやっています。ゲルを使った人工筋肉、スライム、こんにゃく等、ゲルに関する様々なテーマを扱っています。学会・イベントで研究成果の発表もしています。 1人でも多くの人にゲルと化学の面白さを伝えられたらと思います。 ☆高分子学会正会員、仕事は化学研究職。ゲル研究は趣味です。

メンバーシップに加入する

■なにをするサークル? 化学について気軽に楽しく話したり、情報を発信するサークルです。 限定公開のYoutube動画や、普段の研究活動についても投稿していくので、ただ見るだけでもOKです。 ■活動方針や頻度 基本は化学に関する話題を扱いますが、科学系ならなんでもOKです。 毎月、個人の研究や思ったことを投稿します。 質問やコメントも気軽にしてもらえればと思います。 限定公開のYoutube動画は不定期投稿です。 休日のようにリラックスして活動するという方針から「日曜化学サークル」としました。 ■どのように参加してほしいか 肩の力を抜いて、気楽に投稿を見て欲しいです。 そんな感じなので、白熱した議論や難解な話はしません。

  • ライトプラン

    ¥100 / 月

    Gelateの個人研究活動やサークル限定の簡易記事などを閲覧できます。

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 掲示板に投稿した日記や記事を見ることが出来、コメントもできます。
    • 限定公開のYoutube動画を閲覧できます。
  • マガジンプラン

    ¥500 / 月

    掲示板の閲覧・コメントに加え、有料マガジンを読むことが出来ます。不定期でメンバー限定記事も投稿します。

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • メンバー特典記事を閲覧できます
    • メンバー特典マガジンを閲覧できます
    • 掲示板への投稿を見られ、コメントもできます。
    • 限定公開のYoutube動画を閲覧できます。
    • 有料マガジン「Gelate研究note」が読めます。

マガジン

  • Gelate 研究ノート

    趣味のゲル研究や化学のニュース・興味深い研究について、一歩踏み込んだ内容の記事をお届けします。基本は以下の3本です。 〇化学に関するニュース解説 〇連載:科学と歴史(不定期) 〇科学に関するコラム ・化学ニュースについては、直近の化学に関する話題や研究成果を1本以上取り上げ、解説します。話題が少ない時は、1,2年前のニュースを取り上げることもあります。 ・科学と歴史は、歴史上の様々な出来事や科学エピソードを取り上げ、そのストーリーをご紹介します。 ・ほかに、技術解説などの科学系コラムや、化学に関する不定期連載を投稿します。 *研究月報は不定期ですが、個人の研究や調査に関するレポートをお届けします。堅苦しくない、日記のようなレポートです。 時期によっては、学会参加レポートや発表レポートなども発信します。

  • ゲルの不思議な世界

    ゲルについての記事をまとめています。 シンプルなようで奥深い、ゲル化学の世界を紹介します。

  • 深海生物

    これまでに投稿した、深海生物に関する記事をまとめています。

  • 化学コラム

    身近なものやニュースを中心に、化学に関する記事を投稿します。 「ゲルの不思議な世界」ではゲル関連を、それ以外はこちらに投稿します。

  • 知育菓子(ゲル・ゾル)

    ゲルやゾルを活かしたお菓子のレビューを集めたマガジンです。 「ねるねるねるねの化学」などを収録しています。

ウィジェット

Gelate 研究ノート

趣味のゲル研究や化学のニュース・興味深い研究について、一歩踏み込んだ内容の記事をお届けします。基本は以下の3本です。 〇化学に関するニュース解説 〇連載:科学と歴史(不定期) 〇科学に関するコラム ・化学ニュースについては、直近の化学に関する話題や研究成果を1本以上取り上げ、解説します。話題が少ない時は、1,2年前のニュースを取り上げることもあります。 ・科学と歴史は、歴史上の様々な出来事や科学エピソードを取り上げ、そのストーリーをご紹介します。 ・ほかに、技術解説などの科学系コラムや、化学に関する不定期連載を投稿します。 *研究月報は不定期ですが、個人の研究や調査に関するレポートをお届けします。堅苦しくない、日記のようなレポートです。 時期によっては、学会参加レポートや発表レポートなども発信します。

すべて見る
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

屈筋とは?

読んで字のごとく、足や腕を曲げるときに使うのが屈筋です。 伸ばす時に使うのが伸筋ですね。 人の屈筋で最もおおきなのが大腰筋(だいようきん)です。 股関節や脊柱を屈曲するときに使います。 上半身を支える大切な筋肉です。 スポーツ選手のケガに関する情報をよく見ると、屈筋と書かれていることがあります。 屈筋は虫にもあります。

スキ
3
有料
100

研究レポート 2022.7 その2 ~意外な結果~

今月2つ目の研究レポートです。 6月に新たに作ったゲルについて詳しく調べています。 そして、想定とは大きく異なる結果が出ました。

スキ
2
有料
200

研究レポート 2022.7 ~共通点を探す~

今月は蒟蒻のゲル化機構について、いつもと違う視点から迫ってみました。

スキ
2
有料
400

椎間板とヘルニア

椎間板ヘルニア、よく聞きますよね。 椎間板は、人の背骨に存在します。 骨と骨の間にあるんです。 その役割はクッションです。 しかし、大きな負荷がかかってしまうと損傷してしまいます。 椎間板は髄核という軟らかい組織と、線維輪という硬い組織(髄核を覆っている)でできています。 損傷すると線維輪から髄核が飛び出し、神経に当たってしまいます。 これが椎間板ヘルニアです。 負荷のかかり易い腰部の骨で起きやすいですね。

有料
300

ゲルの不思議な世界

ゲルについての記事をまとめています。 シンプルなようで奥深い、ゲル化学の世界を紹介します。

すべて見る
  • 153本

ゲルと生命の謎⑦ ~眼の不思議~

眼は様々な部位で構成され、その機能は複雑です。 そして、眼は多量の水を含むハイドロゲルでもあります。 高い透明度やピント調節など、あらゆる機能をゲルで実現しているわけです。 基本的なことは以前投稿した記事で取り上げました。 この記事で取り上げなかったことを中心に、眼の驚異的な性能と不思議についてお話しします。

スキ
1
有料
400

ゲルに燃料を貯蔵?

ゲルは高分子鎖でできたネットワークの中に、水などの液体を保持した材料です。 寒天やこんにゃくなどは、水を高分子ネットワークの中に閉じ込めたハイドロゲルの一種です。 このゲルの特徴を活かせば、液体燃料を保持させることも可能ですよね。

スキ
5
有料
100

ゲルと生命の謎⑥ ~階層構造と高分子~

階層構造とはなんでしょうか? ファイルシステムの階層構造は分かり易いですね。 他にも、様々な階層構造があります。 なんとなくお分かり頂けたでしょうか? 今回お話しするのは、高分子の階層構造についてです。 高分子材料は、様々なスケールの構造から成り立っています。 大雑把に言うと、数ナノメートル → 数マイクロメートル → 数ミリメートルという具合に、小さなサイズの構造がより大きな構造を形作っています。 この階層構造は生物にも欠かすことのできないものです。

スキ
2
有料
400

ゲルと生命の謎⑤ ~筋肉の驚異的な性能~

筋肉は、水を含んだゲルとは思えない驚異的な機能を持っています。 どこが驚異的なのか、なぜそのような機能を持っているのか、深堀します。 筋肉の不思議筋肉を使わない日はありません。 歩く・物を持ち上げる・立つ・座る・食事 etc. 挙げればきりがありませんね。 では、筋肉を動かそうと意識して動かしたことはありますか? ほぼ無いと思います。 やろうとする動作と筋肉の動きはリンクしていて、ほぼノータイムで身体の様々な部位を動かすことが出来ます。 脳から瞬時に指令が届き、筋肉が動い

スキ
2
有料
400

深海生物

これまでに投稿した、深海生物に関する記事をまとめています。

すべて見る

深海の生態系

冷たく、光の届かない深海。 水圧も高いため、深海に生息する生物は他の海域の生物よりも特殊です。 では、深海の生態系はどうなっているのでしょうか? 陸上と違い、深海は調査が困難なため、未だにその生態系は明らかになっていません。 しかし、生態系を把握することは極めて重要なことです。 今回は、深海の生態系について、判明している情報を元に考えてみます。

スキ
1
有料
200

リュウグウノツカイ

特徴的な姿が印象的なリュウグウノツカイ。 大型の深海魚で、体長は3~5mとされています。 過去の報告例では、11mという個体があったそうです。 そのため、現在において世界最長の硬骨魚類とされています。 世界中の海の外洋に幅広く分布し、古くから目撃例のある生き物です。 チョウチンアンコウなどと並び、最も有名な深海魚の一つですね。 水深200~1000mの海域に生息すると考えられています。 ……取りあげておいてなんですが、ほとんど書くことがありませんw 深海の調査は容易ではない

スキ
16

化学ニュースピックアップ vol.16 ~マンボウの体温調節~

マンボウは海面に浮かんで日光浴(?)をしていることがあります。 その一方で、水深800mよりも深い場所まで潜ることも分かっています。 深海になると水温は10℃以下になります。 そのため、深海に潜って冷えた体を海面で温めていると言われています。 また、体表の寄生虫を殺菌するためとも考えられています。 海の生き物としてお馴染みですが、 飼育が難しく、その生態は謎が多いです。 しかし近年、そのマンボウの生態の一部が明らかになりました。

スキ
6
有料
400

メンダコ

メンダコは深海に棲む変わった形のタコです。 深海生物の中でも人気のある生き物です。 かわいいキャラクターにデフォルメされることもありますね。 メンダコ(沼津港深海水族館:http://www.numazu-deepsea.com/dsfish1) ただ、海から引き揚げられるとペシャンコになり、結構グロテスクな姿になります。 見ての通り足が放射状に広がっていて、あまり動かすことが出来ません。 耳のように見えるのはヒレで、このヒレを動かして泳ぎます。 また、墨を吐くことも出

スキ
14

化学コラム

身近なものやニュースを中心に、化学に関する記事を投稿します。 「ゲルの不思議な世界」ではゲル関連を、それ以外はこちらに投稿します。

すべて見る

今見ている数値とデータの意味は?

科学研究において、得た数値やデータが何を意味するのか、しっかりと考え、分析することが重要になります。 数値だけ見て一喜一憂していると、状況を見誤ってしまいます。 その好例が、昨今の新型コロナウイルス感染者数です。 最近は感染者数が過去最多だと連日のように大きく報道されています。 しかし、一連の報道は一部を切り取ったもので、不正確です。 以下のグラフを見て下さい。 以前も指摘したことですが、検査人数と感染者数は相関しています。 グラフを見れば、これまでにないくらい多くの人が

スキ
6

特定化学物質とは?

簡単に言うと、労働者の安全を守るために取り扱い・管理の規制が決められた化学物質です。 労働安全衛生法に基づいて定められています。 働く人の化学物質による健康被害を防止するのが目的ですね。 *特定化学物質は特化物(とっかぶつ)と略して呼ばれることが多いです。 例えば、クロロホルムやアクリルアミド、フッ化水素などが指定されています。 硬い表現ですが、以下のような悪影響を及ぼす・危険とされる物質です。 これだとピンと来ないと思うので、 代表的な例・物質をピックアップします。

スキ
19

輪ゴムと共和

共和という企業をご存じでしょうか? と言っても、タイトルでなんとなく分かりますよね笑 お馴染みの輪ゴム、オーバンドを製造・販売している企業です。 でも、ゴムをだけを作っているわけではないんです。 医療用・工業用テープ、包装材、包装機械、電線、自転車用タイヤチューブ etc. 様々な材料を扱う化学メーカーです。 中でも、創業当時(大正12年)から続くロングセラー商品、オーバンドは共和の看板商品ですね。 何より、共和の企業ロゴ。 これはベンゼン環をアレンジしたものです。 二

スキ
11

分子構造模型で見る「立体異性体」

異性体というのは、同じ分子式(原子の種類や数が同じ)でありながら構造の異なる物質のことです。 例えば、以下のブタノールは分かり易い例です。 分子式はどれも同じC4H10Oですが、構造は違います。 これを構造異性体と呼びます。 そして、三次元空間で重ねることの出来ないものを立体異性体と呼びます。 構造異性体でなくても、立体異性体である物質は存在します。 立体異性体の難しいところは、平面に構造を描いても分かり難いところです。 ここで、分子構造模型の登場です。 実際に立体異性

スキ
17

知育菓子(ゲル・ゾル)

ゲルやゾルを活かしたお菓子のレビューを集めたマガジンです。 「ねるねるねるねの化学」などを収録しています。

すべて見る

「グミつれた」 ~ゲル化の仕組みは?~

クラシエフーズの知育菓子「グミつれた」 知育菓子の中でもインパクトの大きな商品だと思います。 その名の通り、グミが釣れます。 どんな原理でグミ(ゲル)が出来るのでしょうか? まずはどんなものか、作ってみましょう。 まず、三角のカップを切り離し、丸いトレイに水を入れます(内側の線まで入れる)。 そして、ジュースのもとを入れ、添付のフォークでよく混ぜます。 粉末がほぼ溶けたら、隣のトレイに三角カップ一杯の水と、あわソースのもとを入れてよくまぜます。 発泡してボリューミーにな

スキ
23

ねるねるねるねの化学 ~その2~

30年以上続くロングセラーの知育菓子「ねるねるねるね」 色が変わって膨らむ不思議なお菓子を、改めて掘り下げます。 今回は、色が変わって膨らむ過程をもう少し詳しく見てみます。 1番の粉と2番の粉には、それぞれクエン酸と炭酸水素ナトリウム(重曹)が入っています。 そのため、混ぜると酸と塩基の中和反応が起こり、二酸化炭素が発生します。 この二酸化炭素によって膨らむわけです。 ということは、pHを調べるとその変化が分かるはずです。 pH試験紙は研究でよく使われる、ADVANTECの

スキ
13

のびのびスライムとキサンタンガム

知育菓子の「のびのびスライム」 原材料は「ねるねるねるね」と共通したものが多く、見た目も似ています。 大きく違うのは、とてもよく伸びるという点です。 以前もレビューしましたが、改めて、どんな感じなのか作ってみます。 まず、長方形のトレーを切り離して内側の線まで水を入れます。 そこに「実験ジュースのもと」を入れ、付属のフォークで約50回ほど混ぜます。 できた実験ジュースを2つのトレーの内側の線まで入れます。ギリギリの量なので、一方に入れすぎると足りなくなりますw 続いて

スキ
13

たのしいおすしやさん(知育菓子)

久しぶりの知育菓子レビューです。 「たのしいおすしやさん」 楽しそうですねw 早速作ってみましょう。 中にはトレーのほかに、六種類の粉と黒いソフトキャンディ、スプーンとスポイトが入っています。 まず、ごはんを作ります。 トレー1のくぼみに水とごはんのもとを入れて混ぜます。 まぜると吸水して膨らんだ粉がまとまってきます。 粉が沢山残っているときは、付属のスポイトを使って少し水を足します。 見た目は本当にご飯みたいです。 次はたまごとマグロを作ります。 渦の模様がある部

スキ
11