住宅専用地に病院・店舗ができることで、公民館が変わるかもしれません。

住宅専用地に病院・店舗が設置できるようになりそうです。住宅地でも「第一種低層住宅専用地域」が対象のようです。

高齢者が歩いて行ける場所に施設が欲しいニーズがあり、暮らしやすい街づくりにつなげるねらいがあるようです。改正案が成立すれば、年内にも設置できるそうです。

施設の誘致は、自治体が判断するようですが、国交省は、スーパーマーケットや病院、子育て中の親が共同で利用できる仕事場などを想定していま

もっとみる
スキありがとうございます!

果たして大手薬局で地域医療出来るのか?

みなさんおはようございます

今日の日経からです。

#COMEMO #NIKKEI

確かに、2020年の調剤報酬改定で厚生労働省は対物業務から対人業務への転換を狙い診療報酬を配分する予定です。

しかし、大手チェーン薬局で地域医療がちゃんと出来るの?って想いが私にはあるのです。

大手チェーン薬局は確かに調剤業務をシステム構築して会社として経営しているところは凄いです。

しかし、本来地域医療

もっとみる
嬉しいです〜(*^-^*)
3

ソフトバンクグループの情報管理は抜穴だらけ‼ 信用出来ない会社‼ ソフトバンクの機密情報、ロシアに譲渡か 元社員逮捕 警視庁公安部は25日、勤務先だった通信大手、ソフトバンクの機密情報を不正に取得したとして、同社元社員、荒木豊容疑者(48)=千葉県浦安市=を不正競争防止法違反(営業秘密の領得)の疑いで逮捕した。

同部は荒木容疑者が取得した機密情報を在日ロシア通商代表部の職員らに渡したとみており、調べを進めている。逮捕容疑は2019年2月18日、自身が勤務していたソフトバンクのサーバーにアクセスし、同社の営業秘密である機密情報など計2点を複製し不正に取得した疑い。公安部によると、荒木容疑者はロシア通商代表部の現職職員の男に唆されて、取得した情報を渡した疑いがあるという。警視庁は25日、外務省などを通じ、既に

もっとみる

日本政府や企業も追随したら‼ 人の移動に制限をかけなければ拡散するばかりだ‼ 帰国したら最低2週間は経過観察をする必要が有る‼ まだ、治療方法も確立していない‼ 世界は非常に注意を払うべきである!! 米、武漢から退避へ臨時便 新型肺炎で米報道 複数の米メディアは25日、米政府が肺炎を発症する新型コロナウイルスの発生地である中国の湖北省武漢から米外交官や米市民を退避させるためチャーター便の手配を進めていると報じた。

中国当局は退避計画に協力的といい、米政府は機体の選定や具体的な日程を詰めているもようだ。国務省当局者は25日、「米国民の健康や安全は我々の最優先事項だ」と強調した。CNNテレビによると、武漢の米総領事館は連絡先を把握する米市民にチャーター便の座席を提供できると通知している。臨時便には医療チームが搭乗して新型肺炎の診断にあたる計画だという。武漢には1000人程度の米国人が住んでいるとみられている。米

もっとみる

原子力規制委員会のお墨付きが有っても原因不明の全電源喪失が起きる事がハッキリとした。 こんな事で原子力発電を信用しろと言われても信用出来る訳が無い‼ 伊方原発で停電トラブル ほぼ全ての電源が一時喪失 25日午後3時45分ごろ、四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)で3号機の定期検査中、発電所内が一時停電するトラブルがあった。

非常用ディーゼル発電機が起動するなどして約10秒後に復旧した。四国電は「ほぼ全ての電源が一時的に喪失した」と説明している。原因は不明。外部への放射能漏れはないとしている。伊方原発ではトラブルが相次いでおり、四国電は同日、定検の全作業を当面見合わせると明らかにした。四国電によると、停電は電気を供給する送電線の部品の取り換え作業中に発生。運転停止中の1、2号機はすぐに別の電源から受電し、3号機も非常用

もっとみる

口コミvs.AI~『好み』を発見するAIのポテンシャル~

日経電子版の記事【飲食店選びはAIに丸投げ、個人に合わせおすすめ】は、自分で口コミから『好み』の店を見付けるスタイルから、AIによるレコメンドへと変わり出した潮流を見事にあぶりだしていると思います。

 まず、記事などから、口コミの問題点とそこにAIを介在させることによる効果を対比してみると――

▶口コミvs.AI

(1)口コミの問題点

  ① たとえ口コミに信用できる高評価が投稿されていた

もっとみる
スキありがとうございます!
4

中国政府は全ての渡航禁止をすべきなのに何故しない‼ WHOの対応は、常軌を常軌を逸している‼ こんな状態を放置すれば、観光業の損失は莫大なものになる‼ 遅すぎる対応、目先の利益を追えば100倍の損失が待っている‼ 中国、27日から海外団体旅行を禁止

新型肺炎拡散防止で中国政府は25日、国内の旅行会社に対し、すべての団体旅行を中止するよう命じた。中国国内の団体旅行は24日から中止しており、日本を含めた海外旅行も27日から中止する。中国政府は異例の対策で、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に広がるのを防ぐ狙いとみられる。中国国営中央テレビ(CCTV)が25日、中国の旅行会社の業界団体からの情報として伝えた。中国当局が

もっとみる

キャッシュレス戦国時代の行方・・・

近畿でライフプランデザイナーをしております石野です。

増税ポイント還元政策により、やっと日本でもキャッシュレス決済が普及し始めました。

民間企業や私たち自身の行動によるのではなく政治によって誘導されているのは悲しいですが・・・。

以下の記事ではフィンテック戦国時代が終わり始めている、という現状を書きました。

日銀の黒田総裁もおっしゃっているように、決済方法の乱立は消費者側、お店側とも混乱を

もっとみる
Kiitos!(ありがとう)
16

ただいま投稿中

NASAは1975年に衛星放送技術を1年間だけインドに貸した。これは教育番組を放送するためのもので、インドの僻地でも視聴できた。この技術のコストはアポロ計画並みで、4億ドルだった。

インド国産の最初の人工衛星は旧ソ連の打ち上げロケットで発射された。この衛星の目的は宇宙エックス線と太陽系物理学の研究だった。その後、1979年、2回目の衛星が打ち上げられた。この時は2基の地球監視衛星だった。2回とも

もっとみる
ネタ仕入れてがんばります

〈経済論壇から〉格差拡大にどう対応するか 大学入試改革、迷走の背景/高まる金融緩和の限界論

日本経済新聞の毎月最終土曜日の読書欄にて、今月の経済論壇で取り上げられた論考を紹介する「経済論壇から」。今月の論考として、

●経済格差拡大と民主主義の関係に関する論考
 アマルティア・セン・米ハーバード大学教授(週刊エコノミスト12月31日・1月7日合併号)
 エマニュエル・サエズ・米カリフォルニア大学バークレー校教授(日本経済新聞1月9日付朝刊創論)
 猪木武徳・大阪大学名誉教授(アステイオン

もっとみる
スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
3