水野泰孝 Global Healthcare Clinic

東京慈恵会医科大学大学院修了。タイ王国マヒドン大学熱帯医学部留学、在ベトナム日本大使館医務官、東京医科大学准教授、同大学病院感染制御部長・感染症科長を歴任。専門は熱帯医学、渡航医学、予防接種。日本感染症学会指導医、日本小児科学会指導医、米国熱帯医学会認定医(CTropMed®)。
    • 日経COMEMO
      日経COMEMO
      • 8363本

      日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

新型コロナ収束へ向けたワクチンの評価と今後の見通し

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種が4月12日から国内で始まりました。感染症対策の最も確実で簡易なツールであるワクチン接種がスタートしたことは、新型コロ…

新型コロナ感染収束をマラソンのゴールと例えるならば、いまようやく折り返し地点を過ぎたあたりだろう

 政府は9日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に準じた措置をとる「蔓延防止等重点措置」の適用対象を大阪、兵庫、宮城に続き、東京、京都、沖縄の3都府県を追加すると…

なかなか減らない新型コロナ感染の背景にある問題と課題へ・いま掲げる3つの提言

 首都圏1都3県に出されていた2度目の緊急事態宣言が解除されました。発出された段階では1か月で解除する方針を示していましたが、大方の予想通り約1か月の延長となり、首…

医師は「わからない」と言える勇気を持つべきであり、知らなければ間違ったことを言うべきではない

 体調がすぐれなくて医療機関にかかると、多くの医師はその症状から考えられる原因を考えて必要に応じて検査を行い、効果が期待できるであろう薬を処方することになります…

新型コロナワクチンに関する最近の報道について思うこと

 世界では少なくとも70カ国が新型コロナウイルスワクチン接種を始めており、日本は欧米に比べて2カ月遅れのスタートになりましたが、2月17日から接種が始まりました。まず…

本当に濃厚接触者の積極的調査をしないから感染者数が減少しているのか?

 東京都では年末から年始にかけて感染者の異常な増加傾向がみられましたが、緊急事態宣言発出後はそれによる効果かどうかは不明確としても減少していることは明らかです。…