第二種電気工事士

第二種電気工事士の資格をなぜとろうと思ったのか?
+2

第二種電気工事士の資格をなぜとろうと思ったのか?

第二種電気工事士の資格を取得しました。 第二種電気工事士は、必要な受験資格がなく、どなたでも直ぐに受験可能です。 私の場合、就職というためではなく、自分のために資格を取得しました。 今回は、私がなぜこの資格をとろうと思ったのかを記載します。 他の回で、資格取得のための私がおこなった内容を記載したいと思います。 第二種電気工事士とは?業務独占資格に該当する国家資格になります。 ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の安全を守るために工事の内容によって、一定の資格のある人でな

スキ
2
ビルメン上位資格「三種の神器」とは?
+2

ビルメン上位資格「三種の神器」とは?

こんにちは!建職バンクです。 前回の投稿では、設備管理の仕事内容や年収について取り上げました。 今回はそんなビルメンの三種の神器と言われている上位資格についてご紹介していきます! ビルメン上位資格「三種の神器」とは? ビルメン「三種の神器」とは以下の資格のことを指します。 ・エネルギー管理士 ・建築物衛生管理技術者(ビル管理士) ・第三種電気主任技術者(電験3種) これらは難易度が高く、企業からの引き合いの強い資格群です。 一つずつ見てみましょう。 エネルギー管理

スキ
1
俺は電工! 第十八話「初めてのスラブ作業」

俺は電工! 第十八話「初めてのスラブ作業」

スキ
1
家の電気配線をするために

家の電気配線をするために

今週土曜日までは東京の人、日曜から火曜日まで田舎の人になる予定。 ありがたいことに今週は仕事が忙しい。 自分で家を建てたいと思っているのですが、電気配線も自分でやりたいので、取れるかどうかは別として、第二種電気工事士の勉強をしています。 受験資格を確認したら実務経験や専門の学校を出ないといけない等はないようなので、来年の6月の試験を受けてみようと思っています。 電気理論は数学ですね。 学生時代、数学なんて社会に出たら何の役に立つのかと思っていましたが、こういうのに役立

設備管理の仕事とは?
+2

設備管理の仕事とは?

こんにちは!建職バンクです。 noteも5回目の投稿となりました。 今回は「設備管理」の仕事内容についてご紹介していきます! 設備管理とは? ビルの中で生活や仕事をする人たちが、快適な環境で過ごせるように電気、空調、給排水などのさまざまな設備をメンテナンスする仕事です。 具体的な仕事内容には、受変電室内の電気設備、冷暖房の空調設備、飲料水、汚水・雑排水の給排水設備、スプリンクラー、自動火災報知設備などの消防設備の点検と管理。不具合発生時の緊急対応などがあります。 設

スキ
3
電気工事士の年収はどのくらい?
+2

電気工事士の年収はどのくらい?

こんにちは!建職バンクです。 前々回の記事では、「電気主任技術者」について仕事内容や年収などを取り上げました。 今回は「電気工事士」に関する投稿です! 具体的な年収や、年収アップに関する情報を載せていますので、ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです😀 電気工事士とは? 電気工事士とは、電気設備の工事をするときに必要な国家資格です。 ビルや工場、一般住宅などの電気設備の安全を守るために、一定の資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないと法律で定められています

スキ
2
試験まであと23日

試験まであと23日

10月1日は、交流電圧、回路の勉強でした。難しい。10回ぐらい参考書を読まないと理解できない。

試験まであと24日

試験まであと24日

9月30日は、チートデイでした。美味しいエビフライを食べました。明日から頑張るぞ。

試験まであと25日

試験まであと25日

9月29日は、電圧降下と電力損失の勉強でした。

試験まであと26日

試験まであと26日

9月28日は電流の発熱作用と電力量の問題を解きました。