2021年5月15日 短歌

絶望の灯

消えていくカムパネルラよ云ってくれ私を見捨てたりなどしないと

寄り添えずサソリの火にすらなれなくてこうして今もぼうっと生きる

大丈夫。銀のススキが光ってる。景色を見せて安心させて

長いことザネリの心で生きてきた私すっかり遅れてしまった

あのときねツイッタ外で泣いてたのと報告されているツイッタの中

望んだよ。でもそばにいるときに、なんだか怖くなってしまうの

移動した上司に誰も

もっとみる
やったね!
2

十首連作「よく晴れた水曜日だった」

休むため休まなくては「精神科 おすすめ」探す 足が震える

受付の声やわらかく初診だと予約は来週になるらしい

待合に集う人のうちがわにすぐ効くようなワクチンはない

呼ばれても気づかないほど久々に みょうじになまえ、みょうじになまえ

いつまでも将棋がうまくならないと言うようにして不調を告げる

箱ティシュごと差し出されああぼくが生きているのも奇跡なくらい

院長のプレート付けたおじさんの頭のテ

もっとみる
「スキ」ありがとうございます😁
7

はらはらと

はらはらとながす涙もうつくしく世界を雨にするきみのこえ

冬なのにひまわりの花こんなにもさびしい朝をかかえてひとり

よく晴れたひなたのにおいほっぺたをきみのせなかにあててねむれば

しあわせな鳥は鳴かないまひるまのそらにあなたの影をみつける

くちびるのさきで溶けだすチョコレイト世界の闇をのみこむ朝に

窓枠を格子で覆う正しさを忘れるようにコーラを飲んで

真夜中のアップデートを待っている毛布に

もっとみる

2021年5月14日 短歌

四捨五入

部屋暑い四捨五入したら30℃この発想がすでに 天才◎

冷房の試運転をしなさいと優しきツイートいいわけにする

クーラーが動いてないのかいるのかと試すためにフラフラ揺れる

冷風がどういうわけか天井に溜まっているよ 上級冷風

扇風機よりはコタツの方が好きゆえに冬が得意か? そうでも

他人事あーそうなんだふーん……って思えることも大事だと知る

悲しいが他人のために自分の身削ることは

もっとみる
やったね!
4

昼顔

ひっそりとするべき恋と知りながらがまんできない 名前を呼んで

カステラのざらめの部分だけそっとすくってきみと過ごす日曜

真夏にも雪を見せたりしてくれるそんな愛され方がしたいの

愛だって知らなかったのかなしみのなかでもきみは激しくおどる

妹のような存在かもしれず昼顔の花揺らしてみたり

しあわせと言えば言うほどうそっぽいアルバムのなか並ぶふたりは

もうきみの何を信じてあげるべき?SOSには

もっとみる

5首連作「カレンダー」

気がかりは君と別れた日に投げた日めくりカレンダーの終わり方

昨日から今日までのキョリと明日から来週までのキョリが等しい

1月のまま壁にいるカレンダー夏の日差しを半分浴びる

次に来る祝日探す深爪がまだちりちりと痛む中指

テーブルの脇に落ちてた日めくりの日付の上に埃が積もる

「スキ」ありがとうございます😁
8

貝殻

貝殻をつなげてつくるネックレス今年の夏を閉じ込めるため

砂浜に書いた日付がさらわれてゆくのもきみは運命という

つま先を水に濡らして細胞を千年前のわたしにかえす

潮風に酔った身体は水分を求めさまようかなしいうさぎ

現実と夢の違いがわからずに空と海との境目をゆく

この街の海には青が足りないと絵の具の青の正しさで言う

神様に祝福される誕生の瞬間だけは泣いてもいい日

(2015年かばんより)

短歌連作 - 五月

五月   坂中 茱萸

遠い蟹 誰かが倒れている道の端をゆっくりと渡り終える

トーキング・ヘッズ いいよねと思う 遠足のような眠気の底で

深度にもいろいろとあり夢の外で誰かが髪を切っている音

ご自由に、の声はすずしくさざ波のような麦茶を受け渡される 

たんぽぽの花冠が捨てられていて晴れやかな県庁通り

大いなる力で風が求愛をする水際を歩く背中に

ティム・バートンを見たことがない 川を歩き

もっとみる

スチームアイロン-2021/05

アク抜きをしたそのお湯で茹でてみたパスタむちゃくちゃまずくて夏だ

雨が降り、染みて地下へと流れ出るまでの時間を耐え切れずにいる

ありそうにないことばかり起きる夢、財布の中身だけがリアルだ

わたくしが謝りたい人たちはいま幸せですか答えなくて良いです

明日はまだ選べないから真夜中にワイシャツを3着アイロンかける

大丈夫と言ってほしいだけ 眠れない体はどこに痛みがあるの

いい加減こんな生活終

もっとみる

5首連作「いれもの」

抜けてった髪の毛たちの行く先にトリートメントがありますように

天然のハッカ油を人工のケースに入れた物を買う 夏

雨除けのカバーに抱かれ落ち着いた色をしているマルイの袋

飲みかけのペプシを流しに行くための一歩目がまだ出せないでいる

スーパーでもらえるお箸に入っているつまようじにも人生がある

いま身の周りにあるもので詠みました。今は納得しているけど、また推敲するかも〜。

「スキ」ありがとうございます😁
8