【#90】薫風の鼻に抜けざるこの夏の麦わら帽子とマスクにて立つ

薫風の 鼻に抜けざる この夏の 麦わら帽子と マスクにて立つ

薫風(くんぷう)とは初夏の若葉や青葉の香りを含んだ穏やかな風です。
いつかこの単語を詠もうと思っていましたが、こんな形で読むとは思いもしませんでした。
昨日暑かったため、麦わら帽子とマスクといういで立ちで外に出たら、鏡に映った自分を見て笑いました。
それはまるで、ダウンジャケットにサンダルのような季節感が演出されていました。

この季

もっとみる
次回の作品もご期待ください!
4

子どもがくれる愛情ってすごい。

【わが頬に唇を寄せ「くっ」と言いあくびをしてはまた寝に戻る子よ】

まだ「ちゅ」が言えないので、「くっ」と言う娘。

今日は寝ぼけたのか、寝たフリで寝かしつけをする私の頬にちゅーをして寝てくれました。
あああ、母は幸せだー。

□■□

「無償の愛」って言葉がありますよね。だいたい、母が子に注ぐ愛情のことを「無償の愛」と呼ぶように思います。

でも実際に子育てをしてみると、逆じゃないかな?と思うの

もっとみる
フ…フォローなんかもしてくれたら幸せ…壁]ω・)ジー
4

#39,40ー連作二首短歌

たった今隣の白い布団から生まれたキミの髪は湿って

星屑の道をザクザク踏みしめて光を散らす双子のキミと

9.

今ではもう君との間は暁月で
明日にも消えるそんな関係

8.

洗いたて白シャツが空に映えていく
天の香具山いいえスカイツリーに

バナナ

キッチンに置いてあるバナナのスウィートスポットが
三日月にみえる眠れない夜。

三日月に座って。

三日月🌙に座ってharpでも鳴らしながら
夜空を眺めていたい。
降り方はもちろん梯子で。

覆面歌人になりたいって話

立ち読みしていたのは短歌タイムカプセルです。現代短歌のアンソロジーみたいな感じ、なのかな?

 本としては素晴らしかったんですが、各歌人の写真と経歴が2ページごとに載ってるのを見ていて、ここに載るような名高い存在になりたいけど個人情報出したくないなって思いました。そして新人賞にプロフィールきちんと書いて送ったことを思い出してちょっと嫌だなって思いました。(下の画像が実物です。)

 あのですね、デ

もっとみる
ありがとうございます!
5

積読

図書館で借りた本。自分で買った本。

積み上げられていく物語。

物語がよんでくれと本の中から出ようとしてる。

短歌10選2

妖精は黄色い雪、蜘蛛の巣だんご、ノミ、ダニ、ほこり等に弱いです

忍ぶれど 色に出てる時点でバレバレだからw 反論ないなら俺の勝ちだが?w

オッケーgoogle!今日…あ、違うんだよsiri!やめろ練炭を検索するな

これ俺のガールフレンド(仮)(笑)(暗黒微笑)

なりたくてなってる訳じゃないと胡蝶に言われ普通に傷つく荘子

「おばあさんの口はどうしておおきいの?」「コンプレックスだからちょい

もっとみる
蟹「天使のようだ」