省エネ基準

温熱カレッジ全カリキュラム紹介
+3

温熱カレッジ全カリキュラム紹介

こんにちは。事務局の服部です。 今日はForward to 1985 energy lifeが行っている住宅建築実務者の方向けセミナーで、もっとも実践的な内容の『温熱カレッジ』についてご紹介します! 2021年は省エネ性能説明義務制度が始まりましたが、2025年には適合義務制度が始まろうとしています(※1)。 ・これからの省エネの時代に向けて、まずは外皮性能計算の内容を理解したい ・UAやηACという数値では建主に伝わらないので、「℃」や「円」で説明できるようになりたい

スキ
5
苦労をしないで結果を出す方法を常日頃から考えよう

苦労をしないで結果を出す方法を常日頃から考えよう

今回は、苦労をしないで結果を出す方法を常日頃から考えよう というテーマで、お届けして行きます。 音声配信のプラットフォームは、Himalayaを活用しています。 結論から言いますと、人間の体には、限界があるからなんですね。 だからこそ、省エネで働くとか、働く時の要領の良さが必要になって来るんですね。この仕事をもっと効率よく簡略化したり、省エネ化したりして、なるべく、苦労しないで結果を出せないかな?って考える事は常日頃から口癖にして習慣化した方が良いと思っています。

スキ
2
住宅の省エネ性能の説明の受け方(説明義務制度)

住宅の省エネ性能の説明の受け方(説明義務制度)

今年の4月から住宅は省エネ性能の説明義務制度が始まりました。 この制度が始まったことにより、建築士は建築主に対して住宅の省エネ性能について説明することが義務化されました。 なお、建築主が説明がいらないことを意思表示した場合は、建築士の説明は不要になります。 この制度は建築主にとっては説明を受けることができる権利です。 説明を依頼すれば建築士はそれに答えなければなりません。 では、どのような説明を受けることになるのでしょうか。 住宅の省エネ性能は省エネルギー基準(省エネ基

スキ
2
重曹とクエン酸。身体とお部屋をピカピカに!
+3

重曹とクエン酸。身体とお部屋をピカピカに!

こんにちは! 建築のフジサワでアフター訪問を担当しているマリです (。☌ᴗ☌。) さて、今回のテーマは「手作りバスボム」と「お掃除のコツ」です。 この2つのテーマが重なる点は、材料が「重曹とクエン酸」という点です。 創作を楽しみ、身体とお部屋をピカピカにしちゃおう!という話ですよ(⁎・ᴗ・⁎)♪ 見た目がコロンと可愛いバスボムは、カラフルなボールのようで子どもにも大人気! 浴槽の中にシュワシュワな泡が広がって、疲労回復効果や血行促進効果をもたらすので、みんな笑顔になり

スキ
141
住宅の省エネ性能は簡単に比較できるようになった

住宅の省エネ性能は簡単に比較できるようになった

2021年4月から省エネ性能の説明義務制度が始まりました。 そのため、今後はほとんどの住宅で省エネ基準の計算(省エネ計算)が行われます。 そうしますと住宅を設計した会社には省エネ基準の外皮平均熱貫流率(UA値)、冷房期の平均日射熱取得率(ηAC値)、一次エネルギー消費量のデータがあるはずです。 この数値を比較すれば、その会社が建てている住宅の省エネ性能が簡単にわかります。 省エネ基準の計算でわかる性能は以下の通りです。 外皮平均熱貫流率(UA値):住宅の断熱性能 冷房期

省エネ基準は省エネじゃない?(シミュレーション編)

省エネ基準は省エネじゃない?(シミュレーション編)

前回省エネ基準は省エネにならないということを書きましたので、実際にシミュレーションして検証してみましょう。 以前にこんなのも書いていますので、もしよろしければご参照ください。 東京の一般的な暖冷房費はどのくらいでしょうか。 これは住宅や家族構成、住まい方などによってかなり異なるのではないかと思います。 北海道以外の住宅では部分の暖房しか行われていなかったので、もともと暖房費はかなり少なくなっています。 ここでは仮に年間の暖冷房費が4万円くらいと想定してみましょう。 次に

スキ
1
なんだかんだ言って雑巾最強説!

なんだかんだ言って雑巾最強説!

こんにちは! 建築のフジサワでアフター訪問を担当しているマリです (。☌ᴗ☌。) さて、今回のテーマは「無垢の床」です。 「ただいまー」「おかえりなさい」 歩いたり座ったり、ゆったりと寝転んだり。 赤ちゃんがハイハイしたり、子供たちが裸足のまま元気よく走り回ってみたり。 木の持つ温かいぬくもりや豊かな風合いで、住まいのくつろぎ空間、そして家族の成長を支え続けています(⑅•ᴗ•⑅) そこで今回は、床のお手入れ方法や、床のトラブルを防ぐコツを紹介します。⸜(๑’ᵕ’๑)⸝

スキ
225
住宅の省エネ基準の適合義務化はどうなる?

住宅の省エネ基準の適合義務化はどうなる?

菅首相が2030年の温室効果ガス目標を2013年度比46%削減を表明しました。 46%削減するためには、国全体で温室効果ガスを大幅に減らす必要があり、当然建物で使用するエネルギーの削減も求められます。 従来日本の住宅の暖房は全体を温めるのではなく、炬燵や開放型暖房器(ポータブルストーブ)など、部分を温めるだけだったため、もともと暖房エネルギーは少なかったのですが、最近はエアコンなどで居室を暖める方法が普及してきたため、暖房エネルギーが増えてきています。 暖房エネルギーを少な

スキ
1
夏、美味しいそうめんのお話

夏、美味しいそうめんのお話

こんにちは! 建築のフジサワでアフター訪問を担当しているマリです (。☌ᴗ☌。) さて、今回のテーマは「そうめん」です。 喉ごしがよく、美味しいそうめん。薬味を効かせためんつゆにサッと麺をくぐらせて食べると、口の中で「夏」を感じますね。 その反面、調理方法がワンパターンで飽きがきてしまったり、食事バランスに偏りが出たり、いただきものを余らせてしまいがち・・・。 そこで今回は、健康的にそうめんを食べる、アレンジレシピをお届けします ⸜(๑’ᵕ’๑)⸝ ■そうめんの原材料

スキ
159
省エネ計算の取得日射熱補正係数の新計算法は損

省エネ計算の取得日射熱補正係数の新計算法は損

4月から省エネ基準の計算方法の一部が変更になりました。 窓の取得日射熱補正係数の計算方法も変更になっています。 取得日射熱補正係数は窓の日射熱取得率を計算するときに使用します。 従来取得日射熱補正係数は詳細計算法と簡略計算法の二つの計算方法がありました。 これが4月からは詳細計算法が削除され、簡略計算法のみとなりました。 また、新たにWebアプリとして日除け効果係数ツールが公開され、窓や日除けの条件を入力して日除け効果係数を計算して、取得日射熱補正係数を計算する方法が追加