生活期リハビリテーション

コラム20 「役割」が明確な利用者さんへのアプローチはスムースです

活動と参加へのアプローチの難しさの一つは「やってみたいこと」「取り組みたいこと」などの目標設定が困難なことだ。

コラム8 「生きる目的」や「やりたいことがある」という人生が普通になるために必要なこと

このコラムでも書いたことですが、「やりたいこと」を明確にイメージできている人はホント少ない。

だからあらかじめ話し合っておく方が今後の人生にとってベターだからACPを実践してほしいのですよね。

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
4

コラム18 PT・OT・STが地域で働くことについていろいろ考えていること

ブログにもよく書いていることですが、病院や診療所などの医療の領域ではなく、地域や生活期という、介護保険の領域でセラピストが働く意味や意義ってあるのかなってことを少し書いてみる。

介護保険領域でパッと思い浮かぶのは、リハ職が多めに在籍している、もしくはリハ職が立ち上げた訪問看護ステーションじゃないかと思う。

だけど今回のコラムでは、リハ職が圧倒的に少数派の現場である、老健や通所系事業所や、普通の

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
8

コラム16 「活動と参加へのアプローチ」は葛藤と試行錯誤の連続です

「新人OTさんが前任の先輩から担当を引きつぎ苦労している」

「OTです、訪問看護ステーションに転職したけど、がっつり歩かせていた前担当者からケースを引き継ぎ作業療法士として葛藤している」

そんな相談をDMやオンラインでいただいたので、少しコラムに書いてみたいと思います。

偉そうにブログやnoteに書いている私は51歳の作業療法士で非常勤掛け持ちであちこちで勤務している。

◆やまだリハビリテ

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
4

動画「介護保険の【超】基本的なお話」

5月7日追記

講義動画を掲載しました

講義テーマ

2020年版noteの主テーマである

「病院リハ」と「地域リハ」をつなぐ

ということを進めるためには、介護保険のことを知っている必要があります。しかしながら病院で働いているセラピストさんの場合、介護保険のことは支援相談員さんや地域医療連携室任せにしていることもあるのではないでしょうか?

そこで、介護保険の「超」基本的な事柄についてオンラ

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
3

2020年のオンライン研修会&講義動画

やまだリハビリテーション研究所が主催している2020年のオンライン研修会のお知らせです。すでに終了したものは講義動画を視聴できます。

2019年についてはこちらをご覧ください

◆2019年の講義動画

5月に開催予定のオンライン研修会

詳細は研修会タイトルをクリックしてください

======================

5月5日(火)

◆介護保険の「超」基本的なお話

5月3日(日

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
2

講義動画 「活動と参加へのアプローチと 触らないリハビリテーション 」

Zoomを使ったオンライン講義のお知らせです。

2020年5月3日追記

オンライン研修会「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」の講義動画を掲載しました。

講義テーマ

昨年のオンライン研修会でも好評でした、

「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーション」

についてお話させていただきます。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は「触らない」とリハビリテーションを

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
3

【動画】「リハビリテーションの実践に必要な6つの視点」

Zoomを使ったオンライン講義のお知らせです。

5月2日11時30分追記

講義動画を掲載しました。

5月2日6時20分追記

ダウンロードできる資料を少し修正したのでを差し替えました。

講義テーマ

リハビリテーションを展開するために必要な6つの視点についてお話させていただきます。

上記6つのポイントについてそれぞれ講義します。

治療技術や手技の講義ではありません。リハビリテーションを

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
2

2020年版note購入者さん限定 Zoomフリートーク開催

昨日に引き続き突然ですが、2020年版note読者さん向けにzoomフリートークを開催します。

開催詳細

開催日:2020年4月12日(日)

開催時間:午前8時~9時

特にテーマは決めません。2020年版note読者さんから、質問とか作業療法士のやまだと話してみたいって人はご自由に参加してみてください。

8時~9時の間でしたらいつでもZoomのミーティングルームに出入りできますので、お気

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
4

動画「診療報酬改定から考える、これからのリハビリテーションのあり方」

2000年に介護保険が開始され退院後のリハビリテーションの選択肢が増えました。

それ以降何度も診療と介護報酬の改定が行われ、厚労省はリハビリテーション専門職に対して、多くの資料を提示してきました。

・厚労省がリハ職に求めているリハビリテーションのこと

・退院後の生活を考得たリハビリテーションとは?

・これからのリハビリテーションのあり方とは?

そんなことをお話させていただきます

興味あ

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
4

コラム1 継続してリハビリテーションを提供するという視点

2019年版マガジン、2018年版マガジンでも繰り返し書いていることですが、リハビリテーションは制度の改革により1カ所の病院や事業所では完結しない時代となってきました。

診療報酬で提供される病院リハの入院期間はドンドン短くなっています。そのため、退院後のリハビリテーションを考慮した入院リハが必要となっています。

介護報酬で提供されるリハビリテーションも入院リハビリテーションほどには集中的な量を

もっとみる
ありがとうございます。コメントもらえると喜びます
1