やまだリハビリテーション研究所

やまだリハビリテーション研究所が運営するnoteサイト。フリーランス作業療法士 やまだ が書いています。作業療法士として書いているブログ http://labo-yamada.com から、ちょっとスピンアウトしてこちらにも少しずつ書いていきたいと考えています。

やまだリハビリテーション研究所

やまだリハビリテーション研究所が運営するnoteサイト。フリーランス作業療法士 やまだ が書いています。作業療法士として書いているブログ http://labo-yamada.com から、ちょっとスピンアウトしてこちらにも少しずつ書いていきたいと考えています。

マガジン

  • 2022年版 やまだリハビリテーション研究所note

    やまだリハビリテーション研究所 大阪の作業療法士・やまだが運営する2022年版のnoteです。 このページに表示されているものすべてを活用できて1000円です。 2022年に開催するオンライン講義のアーカイブ動画やコラムなどを中心に不定期掲載します。

  • 2021年版note 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

    コラム、講義動画、リアル研修会の資料などを掲載しています。 2025年以降のリハビリテーションのあり方について、生活期リハで働く52歳の非常勤掛け持ち作業療法士が、病院リハと生活期リハで実践すべきことやリハビリテーションの考え方についてお伝えしています。 購入後にnoteサイトにログインすることですべてのコラム・動画を視聴できます。

  • 2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

    2019年版 「生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える」 診療所・通所リハ・通所介護・訪問看護ステーションで非常勤掛け持ちをしている作業療法士の立場から、2025年に向けて必要なリハビリテーションのあり方について書いているコラムです。

  • 2020年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える

    コラム、講義動画、リアル研修会の資料などを掲載しています。 2025年以降のリハビリテーションのあり方について、生活期リハで働く51歳の作業療法士が、病院リハと生活期リハで実践すべきことやリハビリテーションの考え方についてお伝えしています。

  • 生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える

    2018年4月現在訪問看護、通所介護、児童デイサービス、地域ケア会議、保健センターなどで非常勤掛け持ちをしているフリー作業療法士が、生活期セラピストの目線で病院リハビリテーションと地域リハビリテーションを「つなぐ」「変える」ためにコラムを書くマガジンです。リハビリテーションに関わる全ての人に届けたい!

最近の記事

  • 固定された記事

【2022.11.5.】PT・OT・STとして、自分自身の長期目標とか指針をお持ちですか?

私は2022年で54歳の作業療法士です。1991年から作業療法士として働き始めました。 リハ専門病院(7年)、老人保健施設(7年)、訪問看護ステーション(10年)を経て、現在は非常勤掛け持ち作業療法士として、訪問看護ステーション2か所、通所介護事業所、回復期リハ病院での事例検討の指導などでお仕事しています。 プロフィールの詳細はこちらでご覧ください。 20代~40代のセラピストの方へ このコラムをお読みのあなたは、自分自身のセラピストとしての目標というのかな、どんなセラピ

スキ
3
    • 2022年11月20日~11月26日のメンバーシップ投稿まとめ

      2022年11月20日~1週間のメンバーシップ投稿まとめです。今週も毎日投稿しています。お見逃しのコラムがないがチェックしてくださいね。 メンバーシップ未登録の方はこちらの2つをご覧ください。未登録の方でもお読みいただけます。 この1週間の投稿一覧【2022.11.20.】 あなたの仕事や役割は何ですか? ~専門職にありがちな誤解~【2022.11.21.】 セラピストとしてのリ・スタート⑯ 「触って感じろ、そして考えろ!考えないなら触るな!」【2022.11.22.】

      スキ
      1
      • 【2022.11.27.】OTやまだの日常⑦コラムやオンライン講義の先にあるもの

        先日11月19日に「高崎健康福祉大学訪問看護ステーション」さん主催の研修会で講師をさせていただいた。 テーマは「セラピストが考える退院支援~活動と参加に目を向けて~」というもの でも今日のコラム内容はそれではなく、オンライン講義配信のこと。

        スキ
        1
        • 【2022.11.26.】セラピストの稼ぎのこと「訪問は稼げるの?」

          給料が良いから訪問リハや訪看リハに転職しようとしたり、実際に転職しているセラピストもいるようです。 それでもまだまだ、病院で働いているセラピストが多い。病院で働いていて、現在の給料が不満で訪問リハの現場の給料を知り合いに聞いている人も多くいると思う。 54歳、非常勤掛け持ち作業療法士の僕が、非常勤の稼ぎのことについて少し書いてみる。僕の時給についても少し書いています。 訪問の給料のこと 勘違いしているセラピストが多そうなこと 目先の給料とこれからの給料のこと 訪問

          スキ
          3

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 2022年版 やまだリハビリテーション研究所note
          やまだリハビリテーション研究所
          ¥1,000
        • 2021年版note 病院リハと地域リハをつなぐ・変える
          やまだリハビリテーション研究所
          ¥5,000
        • 2019年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える
          やまだリハビリテーション研究所
          ¥5,000
        • 2020年版 病院リハと地域リハをつなぐ・変える
          やまだリハビリテーション研究所
          ¥5,000
        • 生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変える
          やまだリハビリテーション研究所
          ¥3,000
        • 【動画】2025年に向けてリハ専門職が知っておくべきこと
          やまだリハビリテーション研究所

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 登録会員が15名となりました

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 連載コラムの掲載のこと

          月曜日に「リ・スタート」シリーズ、火曜日に「小児の訪問看護・リハ」シリーズを掲載していますが、12月以降は曜日に関係なく、コラムを掲載します。 今載せたい! っ…
        • 講義テーマのリクエスト受け付けますよ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 連載コラムの一覧を作成しました

          やまだリハビリテーション研究所・メンバーシップで連載しているコラムを、続けて読むことができるようにするために、シリーズ別に一覧にしました。 それぞれのシリーズ別…
        • 登録会員が15名となりました

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 連載コラムの掲載のこと

          月曜日に「リ・スタート」シリーズ、火曜日に「小児の訪問看護・リハ」シリーズを掲載していますが、12月以降は曜日に関係なく、コラムを掲載します。 今載せたい! っ…
        • 講義テーマのリクエスト受け付けますよ

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 連載コラムの一覧を作成しました

          やまだリハビリテーション研究所・メンバーシップで連載しているコラムを、続けて読むことができるようにするために、シリーズ別に一覧にしました。 それぞれのシリーズ別…

        メンバー特典記事

        メンバー特典記事をすべて見る すべて見る

          2022年11月20日~11月26日のメンバーシップ投稿まとめ

          「「読む」会員」他に参加すると読めます

          2022年11月20日~1週間のメンバーシップ投稿まとめです。今週も毎日投稿しています。お見逃しのコラムがないがチェックしてくださいね。 メンバーシップ未登録の方はこちらの2つをご覧ください。未登録の方でもお読みいただけます。 この1週間の投稿一覧【2022.11.20.】 あなたの仕事や役割は何ですか? ~専門職にありがちな誤解~【2022.11.21.】 セラピストとしてのリ・スタート⑯ 「触って感じろ、そして考えろ!考えないなら触るな!」【2022.11.22.】

          スキ
          1

          【2022.11.27.】OTやまだの日常⑦コラムやオンライン講義の先にあるもの

          「「読む」会員」他に参加すると読めます

          先日11月19日に「高崎健康福祉大学訪問看護ステーション」さん主催の研修会で講師をさせていただいた。 テーマは「セラピストが考える退院支援~活動と参加に目を向けて~」というもの でも今日のコラム内容はそれではなく、オンライン講義配信のこと。

          スキ
          1

          【2022.11.26.】セラピストの稼ぎのこと「訪問は稼げるの?」

          「「読む」会員」他に参加すると読めます

          給料が良いから訪問リハや訪看リハに転職しようとしたり、実際に転職しているセラピストもいるようです。 それでもまだまだ、病院で働いているセラピストが多い。病院で働いていて、現在の給料が不満で訪問リハの現場の給料を知り合いに聞いている人も多くいると思う。 54歳、非常勤掛け持ち作業療法士の僕が、非常勤の稼ぎのことについて少し書いてみる。僕の時給についても少し書いています。 訪問の給料のこと 勘違いしているセラピストが多そうなこと 目先の給料とこれからの給料のこと 訪問

          スキ
          3

          【2022.11.25.】活動と参加へのアプローチ⑨悩んでるから答えが欲しい?答えや正解がないと働けないの?

          「「読む」会員」他に参加すると読めます

          54歳作業療法士、このお仕事30年以上しています。 2022年に入って講演依頼は病院や団体さんや県士会さんからいくつかいただき5か所以上でお話しさせていただいています。 自慢じゃありませんよ。 メンバーシップやブログでも活動と参加へのアプローチについては良く書いています。 じゃあ、そんな作業療法士の僕が、活動と参加へのアプローチのことをめちゃくちゃ理解してて、サクサクと仕事を進めているかというとそんなことはないんですよね。 でも僕は作業療法士として自信をもってお仕事

          スキ
          4

          【2022.11.24.】OTやまだの日常⑥めちゃくちゃうれしい瞬間

          「「読む」会員」他に参加すると読めます

          スキ
          1

          【2022.11.23.】多職種連携③「時間がありません」ってほんまなん?

          「「読む」会員」他に参加すると読めます

          以前のフェイスブックに書いたことです =====以下引用===== 【2022.9.1.】 多職種連携のこと 時間を確保しないと動けない人もいれば、隙間時間をうまく利用して動ける人もいる どっちが正解ってことでもないけど、行動するために時間は必要 時間がないって言うてる人はいつまでたっても多職種連携は無理だと思う 業務の中に組み込む、時間を確保する、そんな行動が必要だと思うわけだ 「必要があることはわかっています、だけど時間がないんです。今は無理です。」 とか言い

          スキ
          2

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          【2022.11.25.】活動と参加へのアプローチ⑨悩んでるから答えが欲しい?答えや正解がないと働けないの?

          54歳作業療法士、このお仕事30年以上しています。 2022年に入って講演依頼は病院や団体さんや県士会さんからいくつかいただき5か所以上でお話しさせていただいています。 自慢じゃありませんよ。 メンバーシップやブログでも活動と参加へのアプローチについては良く書いています。 じゃあ、そんな作業療法士の僕が、活動と参加へのアプローチのことをめちゃくちゃ理解してて、サクサクと仕事を進めているかというとそんなことはないんですよね。 でも僕は作業療法士として自信をもってお仕事

          スキ
          4

          【2022.11.24.】OTやまだの日常⑥めちゃくちゃうれしい瞬間

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          スキ
          1

          【2022.11.23.】多職種連携③「時間がありません」ってほんまなん?

          以前のフェイスブックに書いたことです =====以下引用===== 【2022.9.1.】 多職種連携のこと 時間を確保しないと動けない人もいれば、隙間時間をうまく利用して動ける人もいる どっちが正解ってことでもないけど、行動するために時間は必要 時間がないって言うてる人はいつまでたっても多職種連携は無理だと思う 業務の中に組み込む、時間を確保する、そんな行動が必要だと思うわけだ 「必要があることはわかっています、だけど時間がないんです。今は無理です。」 とか言い

          スキ
          2

          【2022.11.22.】小児の訪問看護・リハ⑬「思い込みで決めてしまってはいけません」

          今日は6年前のブログのご紹介です。 小児の領域のリハにかかわっていると時々こんなことに遭遇します。 自分の考えたプログラムを一生懸命やっているのですが、「いつの間に?」ってことに遭遇するのです。 昨日公開したコラムの「いつの間にかできるようになっていた、ではだめなんだよ」というのとはちょっと違うのかな、いや気づけていなかったという点では同じなのかな。 「できない」って決めつけてはいけないってことなんです。 では以下のリンクから、6年前の私の至らなさをご覧ください。

          スキ
          1

          【2022.11.21.】セラピストとしてのリ・スタート⑯「触って感じろ、そして考えろ!考えないなら触るな!」

          普段「触らないリハビリテーションが必要」と言っている僕が触るリハビリテーションのことを書いてみる。 触るなら感じろ!患者さんに触れるなら、感性を研ぎ澄ませてほしい。 患者さんの変化を感じてほしい。リハビリテーション専門職としての五感とか六感とかをフルに発揮してとにかく患者さんの状態の変化を感じるようにしてほしい。

          スキ
          2

          2022年11月13日~11月19日のメンバーシップ投稿まとめ

          2022年11月13日~1週間のメンバーシップ投稿まとめです。お見逃しのコラムがないがチェックしてくださいね。 メンバーシップ未登録の方はこちらの2つをご覧ください。未登録の方でもお読みいただけます。 この1週間の投稿一覧【2022.11.13.】 今日はオンライン講義、そのあと編集、そして書く【動画】 深める!リハビリテーション会議とリハビリテーションのマネジメント【2022.11.14.】 セラピストとしてのリ・スタート⑮ 「辞めたかったら辞めたらえーやん」【2022

          【2022.11.20.】あなたの仕事や役割は何ですか?~専門職にありがちな誤解~

          あなたは職場内での自分の仕事の内容や役割をきちんと理解していますか? 理学療法士だから理学療法業務をやっているよ 作業療法士だから・・・ ほんとにあなたの仕事や役割ってそれだけなんですか? 「マンツーマンリハだけをやっていればいいわけじゃない」 というコラムを2022年11月9日に投稿しました。 いやいや勤務先では基本的にはマンツーマンの仕事しかしてないよ! それが基本業務ですよ ってセラピストもいるのかな?

          スキ
          1

          12月11日オンライン講義「こんな訪問看護ステーションはもういらん!」

          12月11日(日)に開催するオンライン講義のお知らせです。 開催日:2022年12月11日(日) 時 間:午前10時より開始 Zoomへのアクセスは午前9時50分ごろより可能です。 講義と質疑応答を含めて約2時間を予定しています。 途中入室・途中退室可能です。 テーマ 2024年同時改定に向けて! 「こんな訪問看護ステーションは、もういらん!」 改定のたびに、訪問看護のリハは結構いろいろ批判される。でもそれにはそれなりの事情を抱えている訪問看護ステーションがあると

          スキ
          1

          やまだリハビリテーション研究所・メンバーシップ連載コラム一覧

          やまだリハビリテーション研究所のメンバーシップに連載中のコラム一覧です。 連載コラム「セラピストとしてのリ・スタート」 連載コラム「小児の訪問リハ・看護で大切なことや考えていること」 連載コラム「活動と参加へのアプローチ」 連載コラム「2024年同時改定に向けたリハビリテーションの在り方」 連載コラム「OTやまだの日常」

          スキ
          4

          【2022.11.19.】多職種連携②連携は特殊なものではなく、日常だってこと

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          【2022.11.18.】OTやまだの日常⑤やっぱりつながっていることが大切

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          スキ
          1

          【2022.11.17.】多職種連携①僕にとっての連携の原点

          「多職種連携」を中心としたシリーズコラムを開始します。 今回はその第1回目のコラム。 私にとっての連携の原点は2003年にさかのぼります。実はそのころからブログとか書いています。 以下の文章は、2004年頃に書いたものです。 ====以下引用===== 「ネットワークを築く」 実はこれって、自分が未熟であるにもかかわらず平成15年(2003)の大阪府作業療法士会 第19回学会長を務めたときの学会テーマです。 恥ずかしながら、就職して7年ほど在籍した『病院』時代にはあま

          スキ
          1