マガジンのカバー画像

2022年版 やまだリハビリテーション研究所note

15
やまだリハビリテーション研究所 大阪の作業療法士・やまだが運営する2022年版のnoteです。 このページに表示されているものすべてを活用できて1000円です。 2022年に開… もっと読む
診療所、通所リハ、訪問看護、通所介護、児童デイなどなどに非常勤掛け持ちで働く53歳の作業療法士やま… もっと詳しく
¥1,000
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

2022年のオンライン講義(予定)&アーカイブ動画

やまだリハビリテーション研究所の作業療法士「やまだたけし」の2022年の講義予定と終了後に掲載している講義動画の一覧です。 2022年やまだリハビリテーション研究所noteについてのお知らせ 2022年版noteは講義の参加と動画資料のための年間パスポートみたいなものです。2022年版note(マガジン)を購入いただくと、ここで紹介しているアーカイブ動画の視聴に加えて、今後開催するオンライン講義への参加と終了後のアーカイブ動画の視聴が可能となります。 作業療法士 やまだの

スキ
2

7/2オンライン講義「リハビリテーションマネジメントについていろいろ考えていること」

三重県理学療法士会・介護保険部さんからリハビリテーション会議やリハビリテーションマネジメントに関する研修の講師依頼をいただきました。 現在資料をいろいろ作成中なのですが、一度講義をして自分で話してみないことには、自分の納得できる研修会での講師を務めることができませんので、いったん現時点で考えている内容をオンライン講義でやってみたいと思います。 オンライン講義をやってみて、ろいろ整理したうえで、三重県理学療法士会さんの研修会に挑みたいと思います。 既に2022年版やまだリ

スキ
1

【講義動画2022-6】「最近考えている多職種連携のこと」(2022.5.14)

2022年5月14日午後追記 5月15日(日)まで無料でどなたでも視聴できます。5月16日以降は2022年版note購入者さんのみが視聴できます。 最近介護保険領域での多職種連携についていろいろ考えています。 「そんなことを突然ですがzoomで話してみます」と呼び掛けて開催したオンライン講義の動画です。(約30分) 資料などはありません。思いつくまま連携のことを少し話してみたいと思います。 このページの一番下に動画を掲載しています。 TwitterやFacebookで

スキ
3

【講義動画2022-5】訪問看護ステーションにおける新しいリハビリテーションの形3「看護とリハの連携のこと」

2022年4月17日追記 講義動画フルバージョン(約1時間)、ダイジェスト版(約10分)を掲載しました。 資料のダウンロードとダイジェスト版の視聴はどなたでも可能です。 既に2022年版やまだリハビリテーション研究所noteを購入済みの方は、noteサイトにログインしてからこのページにアクセスすることで、講義動画をご覧いただけます。 講義概要テーマ 訪問看護ステーションにおけるリハと看護の連携のこと ~訪問看護ステーションにおける「新しいリハビリテーションの形」 ③~

スキ
4

リハビリテーションの目標設定と「ICF」と「元に戻りたい患者さんの思い」のこと

2022年3月24日追記 ICFとSPDCAなどに関する講義の資料をこのコラムの一番下に追加しました。 =====ここからコラム本文===== 3月15日の投稿は同じものをFacebookページにも投稿したのですが、コメントいただいたので少し思うことを書いてみます。 3月15日のnoteはこちら Facebookページはこちら いただいたコメントの中で、 「元に戻るまで入院したい」とか「目標を伝えても理解してもらえない」とのご意見がありました。 当事者さんの理解につ

スキ
2

コラム24 訪問看護ステーションでのリハと看護のコラボレーション

2022年3月3日追記 思うところがあり、2020年のコラムを2022年マガジンで読めることができるようにするとともに、このコラムを無料でどなたでも最後まで読めるようにしました。 ==以下より本文です== リハ職が在籍している訪問看護ステーションは世の中にたくさんある 診療報酬や介護報酬の改定のたびにいろいろ議論のネタにされるくらいなので、リハ職在籍のステーションはたくさんあるってことがわかる。 これまで非常勤作業療法士として、5カ所くらいのステーションに勤務経験があ

スキ
4

コラム26 多職種連携「少しでいいから視点を変えてみませんか?」

2022年3月3日追記 思うところがあり、2020年のコラムを2022年マガジンで読めることができるようにするとともに、このコラムを無料でどなたでも最後まで読めるようにしました。 ==以下より本文です== リハビリテーションは多職種で行うことが当たり前という視点に基づいてこのコラムを書いています。 「連携」についての研修会は毎年毎年あちこちでいろんな職種や団体さんが主催して開催されています。裏を返せば、「連携」や「チームアプローチ」や「協業」が大事だといいつつも、きちん

スキ
7

【講義動画2022-4】 リハビリテーションの今と予測できる未来の話とこれから実践すべき訪看リハの話

2022年3月5日(土)に開催した2022年度やまだリハビリテーション研究所第4回オンライン講義の動画です。(約1時間15分) 既に2022年版やまだリハビリテーション研究所noteを購入済みの方は、noteサイトにログインしてからこのページにアクセスすることで、講義の視聴に必要なURLをご覧いただけます。 このページの中ほどから、どなたでも講義資料のダウンロードが可能です。 講義概要テーマ 「リハビリテーションの今と予測できる未来の話とこれから実践すべき訪看リハの話」

スキ
4

【講義動画2022-2】「2024年の同時改定に向けて病院と生活期のリハビリテーションのコラボに必要なこと

こちらに掲載しているのは、2022年度やまだリハビリテーション研究所第2回オンライン講義の動画です。 2022年2月23日追記 約1時間30分の講義動画を掲載しました。 既に2022年版やまだリハビリテーション研究所noteを購入済みの方は、noteサイトにログインしてからこのページにアクセスすることで、講義の視聴に必要なURLをご覧いただけます。 講義概要テーマ 「2024年の同時改定に向けて病院と生活期のリハビリテーションのコラボに必要なこと」 ~バラバラな概念のリ

スキ
4
有料
500

【講義動画2022-3】「活動と参加へのアプローチと触らないリハビリテーションとセラピストとしてのアイデンティティ」

こちらに掲載しているのは、2022年度やまだリハビリテーション研究所第3回オンライン講義の動画です。 (2月20日追記) 約1時間の講義動画を掲載しました。 既に2022年版やまだリハビリテーション研究所noteを購入済みの方は、noteサイトにログインしてからこのページにアクセスすることで、講義の視聴に必要なURLをご覧いただけます。 講義概要講師 やまだリハビリテーション研究所 作業療法士 山田 剛 ◆講師プロフィール 講義内容 こんな感じのレジメの講義を行いま

スキ
5
有料
500

【講義動画2022-1】2022年度から始める訪問看護ステーションにおける「新しいリハビリテーションの形」

4月23日追記 パート3のオンライン講義動画を公開しました 3月7日追記 パート2のオンライン講義動画も公開しました ====ここから本文==== 2022年2月11日に開催した2022年度やまだリハビリテーション研究所第1回オンライン講義の動画です。 講義概要テーマ 2022年度から始める訪問看護ステーションにおける「新しいリハビリテーションの形」① ~あなたの事業所をリ・スタートさせましょう~ 講師 やまだリハビリテーション研究所 作業療法士 山田 剛 ◆講師プロ

スキ
6

【動画3】訪看リハの目標設定や効果判定のこと

大阪府訪問看護ステーション協会の研修会で、表題にあるタイトルで約20分のミニ講義を2022年2月24日に行わせていただきます。 その講義の練習もかねて動画を作成しました。 大阪府訪問看護ステーション協会の研修会では動画のアーカイブ配信はないので、2022年版のやまだリハビリテーション研究所noteを購入いただいた方向けに、動画で配信します。 この動画の中でお伝えしている、介護保険に関する資料や屋外歩行の距離をグーグルマップで測定する方法などについては、以下のリンクにまと

スキ
3

【動画2】井の中の蛙のセラピストのこと

フェイスブックに掲載したコラムのことを少し動画で話してみました。 4分ほどのショート動画なので気楽にご覧ください。 やまだリハビリテーション研究所のフェイスブックページはこちらです。 ◆https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

スキ
3

【動画1】だからOTとして発信するのです

SNSとか動画とかオンライン講義をしている理由について話している動画です。 作業療法士としての「やまだstyle」がひろまると少しだけリハビリテーション業界は前に進むと考えています。

スキ
2