球団経営

中日・福谷投手の発言から考える球団経営とは

(2020.11.28 21時ごろ 追記しました)

(2020.12.3 6時ごろ 再追記しました)

プロ野球もオフシーズンに入り、FAだの戦力外通告だの色々あるが、最も気になったのはこの2記事である。

現場の野球選手からこんな声が出るとは、と思ったと同時に、よく言った!と言ったのが、感想としてある。

今日はスマホからなので雑多に書き連ねる形で恐縮だが、この記事を受けて思ったことを書いてい

もっとみる

オリジナルメンバーか否か〜WANDS第5期とグループ存続〜

2020年10月28日、『BURN THE SECRET』がリリースされました。

長年のWANDSファンとしては、待望も待望のニューアルバムです。

できる限り情報をシャットアウトした状態で耳にしたサウンドは、
“あぁ、WANDSだなぁ(涙)“ と心震わせるに十分なクォリティでした。

“オリジナル楽曲がもっと聴きたい!“
“上原大史はWANDS史において、重要な痕跡を残す逸材“
“柴崎さん嬉々

もっとみる
読んでいただいて、とてもうれしいです。
2

藤川球児投手の引退会見から今年こそは歯止めがかかれと願うこと

藤川球児投手が現役引退を表明した。

今年はようやく折り返し地点のプロ野球だが、例年と同様に9月を迎えた途端に引退のニュースが入るとは寂しい限りだ。

同時に年々早まっている感がある引退発表、それに伴う引退試合のイベント化には違和感を覚える。

プロ野球とは「今シーズンはこのメンバーで優勝する!」と2月1日のキャンプが始まり秋まで戦うものだろう。
ならば、いくら球団の功労者とはいえ、順位決定前に球

もっとみる
ありがとうございます!
1

球団の教育は甘くないと思う。

埼玉西武ライオンズの相内誠投手がまたやらかした。

今回の不祥事に「球団の教育が甘い」との声もあるようだが、相内選手は26歳である。日本ではいい大人にいつまで教育が必要なんだと思えてしまう。

果たしてライオンズ球団の教育は甘いのか?私はそうは思わない。

相内選手は高校3年生の入団前と確かプロ入り2年目に不祥事を起こした。いくら未成年でもこの時点で解雇されても不思議ではないはず。しかし、相内選手

もっとみる
ありがとうございます!
1

オリックス、勝てるチームになれない要因はどこなのか。

 オリックス…ヤッパリ監督辞任しましたね。私は以前から、オリックス(現在のチーム名は違和感ありまくりなのであえて企業名の方で書きます。)は勝てるチームにはなれないだろうな…と思っています。

 その要因としては、以前書いた記事とかもあるんですが…基本的に変わってないです。ただ、可能性や潜在能力的な部分はできてきたんですよ。それだけに優勝候補に挙げられるほど、客観的な評価だけは高かったですから。

もっとみる
ありがとうございました!励みになります。
1

読売巨人軍オーナー特別寄稿|プロ野球、コロナと戦う

史上初のウェブ・オーナー会議による「無観客開幕」の決断。坂本、大城のPCR検査陽性と入院。6月19日の開幕戦。はじめて約4000人の観客を動員した7月10日……プロ野球がコロナと戦った半年の記録を綴った。/文・山口寿一(読売巨人軍オーナー)

山口氏

順調なキャンプが遠い昔のよう

早春の宮崎には、巨人、ソフトバンク、オリックス、広島、西武とプロ野球の1軍5球団が集う。今年のキャンプ初日は週末と

もっとみる
ありがとうございます!
5

ニュートンとペイトリオッツ

今回はNFLの話、ペイトリオッツにQBキャム・ニュートンが加入した。生ける伝説のトムブレイディを失い。どうなるんだと心配する人もいただろう?2015年MVPプレイヤーのニュートンの加入はほっとした人もいるかもしれない。

ペイトリオッツがブレイディと契約をしなかったことを意外と考える方は多いが、これは数値的にはおかしくない。昨年は爆発的攻撃力が見えなくなり守備力で勝つが多かった。ブロンコスのマニン

もっとみる
ありがとうございます‼️
5

キャリアコンサルティングが、プロバスケットボールチームを買収 (2020年6月29日)

人材派遣、職業紹介の株式会社キャリアコンサルティングが、プロバスケットボールチーム運営のTHTマネジメントを買収。

https://c-consul.co.jp/news/?id=20200626100000

国内で4年程前にスタートしたプロバスケットボールリーグ「B. LEAGUE」。現在は約40弱のチームがリーグに参加している。
バスケチームは結局、強い外国人選手をどれだけ獲得できるかで強

もっとみる

球団経営を読み解く~シカゴカブス編~

どうも。なつをです。今日は少し視点を変えて、球団経営について金融の観点からお話ししていければと思います。この記事を書こうと思った経緯としてはメジャーリーグの給与交渉問題が浮上していることです。

メジャーリーグは現在まだ再開されておりません。そうすると球団としては大切な収入源である入場料等がもらえないがために、選手に本来支払うべき年俸が支払えないというような事態が起こっているわけです。
シカゴカブ

もっとみる
v( ̄Д ̄)v イエイ
12

元プロ野球選手の小林至氏が教えるプロ野球ビジネスの要とは

皆さんこんにちは。昨日はプロ野球のドラフト会議がありましたね!!注目の佐々木選手はロッテでした。皆さん、予想は当たりましたでしょうか。今日はそんなプロ野球のビジネスについての秘蔵インタビューを公開しちゃいます。

8月末から9月にかけて日経電子版で連載した「U40の匠」、皆さんご覧になっていただけましたでしょうか?その中でご登場いただいた元プロ野球選手で、江戸川大学教授の小林至氏のスペシャルインタ

もっとみる
次の日経を考えてくれるメンバーを募集中です!
12