【かえるのうた】不慮の事故

母が、グラスを割りました。私にとっては、想い出深いグラスでした。母にとっては、特に悪意があるわけではありませんでした。
私はそのグラスが割れた瞬間、現場に居ませんでした。証言によれば、よろけて割ってしまったのだそうです。

私はその事実を知ったとき、何と返事をしたらいいかわかりませんでした。「かえるさんが元気だでええワ」とだけ言いました(「ワ」は方言を表現したくてカタカナにしてみました)。

私の

もっとみる
ありがとうございます!
6

娘とバトル実録

おはようございます!いとうです!

いつも読んでくださり、ありがとうございます!!

さて、我が家では、バスケ部に入りたい小4娘とわたしのバトル勃発!!

夫はとっくに戦力外通告済ですのでね、女の戦い一騎討ち!!

わたしの言い分

→学校、塾この2つが、まずこなせていない、その上に3つ目は、ありえない。

娘→とにかくやりたい

平行線です。

そんな中、自分が小3〜小6までソフトボールをさせて

もっとみる

娘が同性愛者だったら、のはなし

母のことが大好きだ。

父のことが嫌いとかそういうことではないけれど、いまこの世で一番愛しているのは母だと迷うことなく言える位に大切だ。

反抗期真っ只中で嫌いになった時期もあったけれど、一人っ子の私と母の仲は、側から見ても「とても仲が良い母娘」だと思う。

母も、娘の私にありったけの愛情を注いでくれる。普段は離れて暮らしているので、親離れ子離れ出来ない、という距離感はギリ脱出していると思っている

もっとみる
🧚‍♀️🥺🧚‍♀️
13

初めての海外旅行

「まいちゃん、グアムに行ってみたくない?」それは突然の母親からの提案だった。多分私がまだ18歳の頃かな。実家を出て一人暮らしを始めた私は開放感でいっぱいだった。ここにきて更に私を開放してくれるなんて、なんていい母親。笑。どうやら新聞の折り込みチラシを見てたら急に海外に行ってみたくなったらしい。

2人ともまだパスポートも持っていなかったので、母親と一緒に作りに行き、出来上がったパスポートを手にした

もっとみる
いい事あるよ☺︎
1

母の呪縛を解くまで

母親について考え始めると、一体どの感情から手をつけていいのか分からず戸惑ってしまう。

悲劇のヒロインになりたいわけじゃない。私の認知はきっと歪んでいるし、大部分が自分の都合の良いように脚色されている。しかし、私の気持ちは時に、一つの真実でもあるような気もする。そんな思いを込めて。

私の母は、世間的にはとても良い母親だと思う。私にたくさんお金を使い、色々な経験をさせてくれた。明るく、いつものんび

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます!
8

文通の尊さを精いっぱい語りたい。

書簡をおくりあう。この響きだけできゅんとした人は今すぐ百均に走ってほしい。きっとワクワクするはずだから。

けして社会のIT化を批判するわけではありません。

一方的に手紙を書く喜びを語らせてほしい。文通という概念を私の推しだと思ってください。文通、尊い。

私はひとりぐらしをしてから母と文通を始めました。

なんかかしこまっているようだけど、ほぼインスタ的な感覚。

だって見てください、おシャじ

もっとみる
うれしいです!あなたの生活にも嬉しいことが舞い降りますように。
2

義実家の両親を怒らせちゃったよ、って話

昨日、義両親を怒らせてしまった。

理由は、夫がスピーカーホンで話しているとはつゆ知らず、うっかりベラベラと自分が思ってることをそのまま話してしまったのを、後ろにいた義両親に聞かれてしまったのが原因。

これから某治安の悪いエリアの業務用スーパーに行くと話をする夫に対し

「えっ、大丈夫なの?

私なら、絶対行かないんだけど。

というか、うちのお母さんだったら絶対近寄らないよ。だってさー、ヤバイ

もっとみる

備えあれば憂いなし

『がんばれ娘 最善の方法を 選ぶ練習』
応援してるよ!

朝イチの出来事…

登校したはずの次女から、ジャンジャン電話!

私➖何?どしたん?➖

娘、ちょーパニクっておりました。

娘「●駅で、列車と人との接触があって、ずっと電車の中!」

「どうしたらいい?」

私➖まず、今どこに居て、どこに行きたいのか。

路線アプリで調べるか、
分からなければ、駅員さ

もっとみる
あなたの記事も楽しみにしてます。😉
5

タイムワープした母娘鎌倉旅行

数年前、大学進学し横浜に住み始めた娘から、鎌倉日帰り旅行の誘いがあり、ちょうど仕事で上京する機会があったので、その誘いに乗ってみた。

北鎌倉駅に到着し、円覚寺の山門をくぐり、娘とふたり散策している時、「なんか前にも同じような感覚を持ったような気がするなあ~」と感じていた矢先、突然浮かんできた。

そう、私が20代で独身の時、母を誘ってふたりで鎌倉旅行をしたことを思い出したのだ。

その頃、JR東

もっとみる
読んでもらえて超嬉しい💛
6

はじめまして

ずっと書きたいと思いつつ

整理できてないからなど自分に言い訳しながらきましたが良い年頃にもなり周囲にnoteを始めた人たちもいて

まずは書く

ことにしました。

ここでは母とワタシ、ワタシが母親

そんなことを書いていきたい。

書くことで整理していきたい。

満月になにかを始める

良きこと。