死役所

どうでもいい幸せのモノサシ。不妊治療や死産を通して想う幸せの形とは。

私が最近偶然に見始めたドラマ「死役所」。名前だけ見ると、ちょっと背筋がブルっとするような名前だが、その名前のイメージ通り、亡くなった人が成仏するために、自分の死を届け出る中で振り返り、自分の人生を閉じていくという物語だ。

昨日見たのは第2話、死役所の主役は生まれたばかりの赤ちゃん。何年も長い間、不妊治療でもがき苦しみながらも諦めずようやく授かった赤ちゃんだったが、もうあと少しで産まれるという中で

もっとみる
スキを本当にありがとうございます!宜しければシェアをお願いします!
2
ありがとうございます!貴方へラッキーがたくさん届きますように
1
ありがとうございます!今日も1日素晴らしい日ですよ、ぜったい!

「お客様は仏様です。」の理念と条例に基づいて私たちの死は処理され、真実は明らかにされる。『死役所』

死んだ後、私たちが向かう場所

私たちは死の先に何があるのか知らない。自らの死後、周縁で何が起こったかを知ることもできない。生と死は連続であると考えることもできれば、完全な「無」であるとも想像できる。「死」は無限の想像性を私たちに持たせる未知の世界である。

本書は、何らかの理由により亡くなった死者が成仏するため、そして、次の道を決めるため、必ず立ち寄らなければならない「死役所」の業務を通じ、死者

もっとみる
ありがとうございます、そしてあなたの好きな漫画も教えてください。
3
ありがとうございます!今日も1日素晴らしい日ですよ、ぜったい!
ありがとうございます!貴方へラッキーがたくさん届きますように
1

【20200805】すごく頭のエネルギーを使うこと

2020年8月5日(水)

一年後のわたしへ

今日は本当〜に何もしなかったな。家事系。

でもNetflixで「死役所」を全部観た!(笑)

暇人。

クーラーの効いた部屋で過ごしてて快適だったな。

そんな日もあっていいよね!

そうそう、その死役所を観ててさ

死と向き合う登場人物たちの気持ちに少し寄り添ってみたりした。

わたしは一瞬一瞬で死を覚悟することが数回あったけど

時間をかけて向

もっとみる
やったー!
1

【不自由な身体を持つこと】死役所を観て思ったこと

「死役所」ってご存じです?TOKIOの松岡くんが主役の深夜ドラマ。Netflixでやっていたので3話まで昨日視聴しました。



2話目の「母」という回、泣けちゃいました。

死役所とは「此岸と彼岸の境界に存在する役所」で、死後の手続きを行うという設定なのですが、そこに赤ちゃんが1人紛れ込んでくるのです。

その子は、ある夫婦が不妊治療の末やっと授かった子どもで、でも、この世に生まれることなく母

もっとみる
❤Thank you❤
14