「届かないなら届けるしかない」高梨雄平投手の決意。

新しいことを始めようとか、これまでと違うことを始めようという決意を公表するって、とても勇気がいることだと思います。
それが、前例のないことならなおさら。

今日は、素晴らしい決意表明をされたプロ野球選手をご紹介します。

今シーズン、トレードにより東北楽天ゴールデンイーグルスから東京読売ジャイアンツへ移籍した、高梨雄平投手。
移籍後、中継ぎとして連日素晴らしい投球を披露している高梨投手ですが、新型

もっとみる
優しいあなたに、幸多からんことを!
4

プロ野球、入場者数の制限緩和で、何人まで入れる?~各球場まとめ~

(2020年9月19日更新)

2020年9月12日に、NPBは各球団それぞれの判断で入場者数の規制を緩和していくことを決定しました。

これにより、2020年9月19日から各球場で上限5,000人が緩和され、定員数の半分までチケットを販売することができるようになりました。

直近の試合では、チケットの追加販売もありましたね。

各球場の定員の約半数まで入場できるといっても、球団ごとで判断がまちま

もっとみる
スキありがとうございます! 嬉しいです😊

【戦評】 連敗脱出の流れを作った立役者~9/17○楽天5-4オリックス

崖っぷちの逃げ切り

最終回に主将の適時失策で1点差に迫られたときは固唾を飲んだが、5-4で逃げ切った楽天。連敗を3で止める崖っぷちの辛勝になった。

同日は上位2球団ともに勝ったため、もし負けたらゲーム差は今季最大9.0、7.5に広がるところ。優勝戦線にギリギリくらいつき、わずかな望みにかける意味でも落とせないゲームだった。

先発・松井は今季2勝目。
8安打2四球で毎回走者を出す苦しい内容なが

もっとみる
記事更新の励みになります。
1

【戦評】楽天バッテリーに働いた“満塁にしたくない守りの心理”~9/15●楽天1-5オリックス

完敗の移動ゲーム

今季2度目の移動ゲームは1-5の完敗に終わった。

打線は8/22・8/23日本ハム戦に続く今季2度目の2戦連続1得点以下。
相手先発・山本由伸以下オリックス投手陣に散発4安打に封じられた。

山本は8回112球3安打1失点の快投。
楽天打線は三振9個に対し四球2個、BB/Kの低下という最近の傾向を踏襲した。

楽天打者は68球でバットを振りにいくも、空振り24球を喫する始末。

もっとみる
ありがとうございます。

「今日の楽天イーグルス」2020年9月15日

楽天イーグルス 1-5 オリックスバファローズ

今日の先発は辛島。
主に中継ぎなのですが、最近はローテーションの谷間のような時に先発させられる。

相手は山本由伸なので厳しいと思ってましたが、
予想通り浅村さんのホームラン1本に抑えられ、
育成上がりの大下のプロ初打席初ホームランで逆転され反撃できず。
山本由伸、やはりいいピッチャーです。

明日、切り替えて勝ちましょう!

ありがとうございます!

パ・リーグ各球団の手書きのスタメン表をまとめてみた

千葉ロッテマリーンズの手書きのスタメン表が達筆だと話題になっていたので、パ・リーグ6球団のスタメン表をまとめてみました。朝日新聞のロッテ担当の方が毎試合、スタメン表をあげておられます。

このスタメン表、監督が書いていると思う人もおられるかと思いますが、記入するのは監督ではなく、球団スタッフの仕事だそうです。ちなみにメンバー表を書いているロッテのスタッフの方は、幼稚園から小6まで習字をされていて、

もっとみる

「今日の楽天イーグルス」2020年9月14日

楽天イーグルス 1-2 日本ハムファイターズ

今日は月曜ですが、先日中止された分。

塩見、バーヘイゲンの両先発が好投。
イーグルス打線は全くバーヘイゲンを捉えられず。
2-0の9回、田中和基のホームランで1点差。
さらにランナー出して粘るも、
最後は宮西に踏ん張られてしまいました。

できれば3連勝したいところでした。
明日は神戸に移動してバファローズ戦。
最近、好調の辛島が先発。
山本由伸相

もっとみる
ありがとうございます!

「今日の楽天イーグルス」 2020年9月13日

楽天イーグルス 14-6 日本ハムファイターズ

久々の岸くんの先発に期待半分不安半分。
2点先制した後に6点取られ不安的中。
かと思いきや4点取って追いつくジェットコースター的展開。

その後は中継ぎ陣ほぼ総動員で0に抑え、打線爆発!
寺岡にプロ初勝利がつきました。

昨日の試合中止の分が明日に振り替えられ今日から8連戦。
厳しい日程ですがCSに出られるように踏ん張りどころです。

ありがとうございます!

パ・リーグ最多勝争いに新たな刺客 ロッテ・美馬投手 5連勝で7勝目

パ・リーグの最多勝争いに新たな刺客が現れました。当初、開幕8連勝で圧倒的に勝ち星を積み上げていた楽天・涌井投手ですが、ここ3試合は負数2、勝ち負けつかずが1となり少し停滞気味。一方、ロッテ・美馬投手が5連勝で勝数7となり、最多勝争いに名乗りを上げ猛追しています。

そんな2人の投手ですが、涌井投手は金銭トレードでロッテから楽天に移籍しての1年目、美馬投手はFAで楽天からロッテに移籍しての1年目とい

もっとみる