木造建築

オリンピック開幕式 聖火台を灯したのは!

オリンピック開幕式 聖火台を灯したのは!

以前から、隈研吾さんの設計は木造なので、消防法上、聖火台が作れないから、場外で点灯とか聞いていて。。。えっ!、審査員の人は選ぶときにそれに気づかなかったの。。。 最初から「富士山に日の出」みたいなオブジェを見ながら、アレでするのかな〜と。。。どんなサプライズが見れるのか楽しみにしていたのですが、結構地味でした🤣 他のオリンピック大会と比べたら、めちゃくちゃ地味な点灯でしたが。。。Naomiさんが可愛かったから、良しとします。 でも、あれだけ花火をあげて、消防法上問題ない

3
総合防災企業として、、、あるべき姿とは、、

総合防災企業として、、、あるべき姿とは、、

闘病生活から木村も戻ってきたし、 中途で新入社員も取りました。 20日は月に一度の定例会議です。 1時間しっかりとお話しして、 いいムードを作っていきたいと思ってます。 今期はね、準備してきたことを実にする年です。 どんどんとやっていきたいと思ってます。 あ、そうそう、先日研修にいってきたSOUFA、 ほんとうに凄かったですよ。 シロアリから木材を守る薬剤として、 素晴らしい効果を発揮しますし、 何よりその防炎性能、、 30分隣家が燃えても、燃え移りませんでした、、

6
木にこだわる「木造軸組工法」

木にこだわる「木造軸組工法」

在来軸組み工法は他の工法と違い、我が国、日本で発達した伝統的工法であります。つまり、日本の気候、風土、生活文化の中で長い年月をかけて育まれてきたのが、在来工法なのです。さらに、この在来工法を発展させ、開口部や間取りに自由性のある軸組(在来)工法と合理的な構造強度を持つ枠組(ツーバイフォー)工法、この両工法のメリットを高い次元で融合。木造の良さを生かしつつ、在来工法や2×4工法の約2.5倍の耐震性を発揮する画期的な工法です。 建物を固めて、力で対抗する「耐震」+地震エネルギー

経験上「これだけはやめとけ!」という賃貸物件の特徴

経験上「これだけはやめとけ!」という賃貸物件の特徴

激狭キッチン料理しづらすぎて料理する気無くなる 毎日外食してると食費がかなりかかる 湿気が異様に高い 1階がコンビニ、飲食店堕落待ったなし! 木造とにかく謎の虫が大量に湧く 交差点の近くの物件 公園前 事故物件で犯人が捕まってないとこ犯人は現場に戻ってくる 壁を叩いて響くような軽い音がするとこ 鉄筋を選んでもすべてが鉄筋じゃないところもある 線路の毎日近くはうるさい 共有通路に物を置きまくってるアパート スーパー、コンビニが遠い ロフトで寝れる奴はすご

4
隈研吾のTOKYO公衆トイレ

隈研吾のTOKYO公衆トイレ

一日一善ならぬ、一日一ワクワク。大切なのは、小さなアゲアゲを自ら前のめりになって発見すること⤴️❤️ 美術館の近くの渋谷区の松濤の鍋島公園に、渋谷区の公衆トイレプロジェクトの隈研吾のトイレが出来たって言うので夕方フラフラと。長雨後というのもあって薄暗くジメジメ、蚊がスカートに止まる。遊ぶ相手を待つ男子1人、沢山の荷物を持ってベンチに寝てる男性1人、外国人親子1組。 10年前くらい?かなり前の隈研吾、青山にある「なにこれ?」パイナップルケーキ屋に雰囲気がソックリに見えたけど

11
On the street No.103

On the street No.103

隈研吾建築だけでない!ステキな「東京の木造建築」10スポットを1日で効率よく巡る!

隈研吾建築だけでない!ステキな「東京の木造建築」10スポットを1日で効率よく巡る!

ステキな木造建築といえば、隈研吾さんを思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。 その隈さんは「21世紀は木の世紀になる」と言われています。 それに呼応するかのように、最近、ステキな木造建築を目にする機会が増えてきたように思います。 私が「東京の建築巡り」をUPしているインスタアカウントでも、木造建築の投稿は、たくさんの反響をいただきます。 そこで、「東京の建築巡り2021総合版!効率よく巡るジャンル別プラン」第8弾では、あえて隈研吾さんの建築を外した『隈研吾建築だけでな

37
100
駅 No.14

駅 No.14

Grasshopperと環境シミュレーション

Grasshopperと環境シミュレーション

建築情報学会でGrasshopper・Ladybug ・Honeybeeを使ったシミュレーションが公開されましたね。先生はスタジオノラ代表の谷口さん。Ladybug とかは面倒でまだインストールはしていなかったんですが、とりあえずインストールまではしました。 案外インスールに癖がある。結局海外サイトのインストールを参考に、、、。 こういうのがあると本当良い。今回紹介されてたのは太陽パネルシミュレーションがメイン。あとは全般的な説明とか、気象データとか、風とか。 ただ個人

2
つないでいきたいものがある人がいる。
古材文化の会編集室のこと。

つないでいきたいものがある人がいる。 古材文化の会編集室のこと。

古いに材料の材と書いて “こざい” と読みます。 古材には知恵や技が詰っています。 時間を重ねるほどに新たな魅力も生まれます。 先人がつないできた木造建築の文化・技・心を伝え、 自然環境やモノを大切する社会を目指して 古材文化の会は活動を続けています。 会では機関誌「古材文化」を隔月で発行しています。 記事をもっと多くの人に紹介したい、活動を知って欲しい。 そんな思いでnoteを始めました。 いつか、ホンモノノの編集室ができることを夢みて 古材文化の会編集室として発信してい

5