ありがとうございます^ ^よろしければシェアをお願い申し上げます。
38

医療従事者とともに日本の森林が命を守る ~医療×つな木~

大庭 拓也
日建設計 設計部門
アソシエイト アーキテクト

Nikken Wood Lab|「レジリエンス」な社会インフラの提案

コロナウィルスとの闘いは収束を見せず、これから第2波、第3波が懸念されています。それに加え日本では、地震や豪雨などの自然災害も頻繁に発生していることを踏まえると、様々な非常事態に対して弾力的かつ継続的に対応できるシステムが必要と考えられます。
日建設計の木質・木造の

もっとみる

丈夫な建物って?

地震、台風、豪雪、春夏秋冬四季折々に襲いくる湿気、灼熱の太陽光線、集中豪雨。

日本で長生きするのは楽じゃないよ。

…あ、建物の話です。

ここでいう「同じ性能」の意味について補足ですが、建築の丈夫さ=性能を左右する①耐火性能②耐震性能③耐風性能にはそれぞれランクがあります。今の技術なら大抵は木造、鉄骨造、RC造のどれを選んでも各ランクに適合させることが可能ですから、骨組みの材料より、これらの性

もっとみる
ありがとうございます!( ^ω^ u
2

スギCLTで国内最大級の大屋根を構築

賃貸住宅大手の大東建託(「林政ニュース」第487号参照)は、国産スギのCLTで国内最大級の大屋根を構築した「ROOFLAG(ルーフラッグ)賃貸住宅未来展示場」を東京都江東区に開設した。約90億円を投じて3月26日に完成していたが、新型コロナウイルスの影響でオープンは6月8日となり、現在は1日5組の予約客に限定して施設内を案内している。→詳しくは、「林政ニュース」第632号(7月8日発行)でどうぞ。

もっとみる
ありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。
2

【木造工事/建設機械】2級建築施工管理技士 施工 学科試験問題PDF

■12題分の解説PDF
平成25年 問49/問50
平成26年 問49/問50
平成27年 問49/問50
平成28年 問49/問50
平成29年(後期) 問49/問50
平成30年(後期) 問23/問24

■PDFサンプル
購入前に1度サンプルを印刷して、どのような仕上がりかを確認して頂ければと思います!

1枚の資料作成時間→平均1時間以上
・各工事項目ごとのセット販売になります。
※返金は

もっとみる

菓子製造業の許可 1

〈2020年2月29日〉

「菓子製造業」とは

チョコレートを製造、販売するには管轄の保健所が出す「菓子製造業」の営業許可がおりた製造場所が必要です。
許可を取得するためには生活スペースと隔離された製造のみのスペース。床が洗い流せる、壁は平滑、2層式シンク、手洗い用の洗面台などが挙げられます。基準は明確にあるようですが、各自治体によって、また担当者によって様々ってところが現在の実情のように感じま

もっとみる
スキありがとうございます!また良ければ見てみてください!
6

京橋

【京橋(2)】
 
以前
東京中央区
京橋の小さな交番の横にある
「きゃうばし」と書かれた
小さな石の柱の写真を紹介しましたが
 
道路(中央通り=東海道)の逆側にある橋も見つけました
こちらのほうが大きいですね
 
「京橋」は
1603年に架けられたそうです
徳川家康が征夷大将軍になった年ですね
 
東海道は
日本橋から出発しますが
出発後、最初の橋であるため
「京都に向かう最初の橋」→「京橋

もっとみる

都市木造への考察③ 「地産地工(ちこう)」を目指して|ウッドマイルズの教え

農業的な素材|「地産地消」と「地産外消」
 木材を活用した建築作品において、「地産地消」というワードはもはや馴染みのフレーズである。「地元で生産したものを地元で消費する」という概念であり、地元の生産者と消費者をつなぐ仕組みを構築することで、地域の活性化を図りつつ、輸送コストの低減や教育力の強化が目的とされている。このように産地が前提とされた素材であることは、コンクリートや鉄にはない木材ならではの「

もっとみる
ありがとうございます^ ^よろしければシェアをお願い申し上げます。
53

都市木造への考察② 木材利用と森林保護の両立|産地へのロマン

国土の4分の1が人工林の国
 日本の国土のおよそ2/3が森林と言われている。歴史を遡ると、そのうちのおよそ4割が戦後に植樹された人工林であり、つまり国土の1/4が人の手によって形成された「人工的な自然」ということになる。レジャーやキャップで我々が目にする針葉樹を基本とした森林のほとんどがそれらに該当する。この「人為的に作られた」森林は昨今の土砂災害や水不足、花粉等々の諸問題と深く関係していることも

もっとみる
ありがとうございます^ ^よろしければシェアをお願い申し上げます。
43

ムクのJAS製材品で7階建て木造ビルを建設中

日本で初めて主要構造部にムクのJAS製材品を使用する7階建て木造ビルの建設がJR仙台駅前で進んでいる。柱にはシェルターが開発した「COOL WOOD」(クールウッド、「林政ニュース」第499号参照)を採用し、コア(芯)部分を集成材から複数のスギ製材品を合わせた「束ね材」に切り替えた。梁もスギ製材品を2本合わせた「合せ梁」としている。→詳しくは、「林政ニュース」第630号(6月10日発行)でどうぞ。

もっとみる
ありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。