【旅】ちょっとだけベトナム(6)【最終回】

今回のベトナム旅行にあたり、事前に、
開高健さんの『輝ける闇』を再読した。
開高さんが書いた情景は、ハノイをかすっただけの旅では
感じることはできず、あるいは、もうどこにもないのかもしれない。

かつてぼくはタイ、マレーシア、ビルマを複雑に歩いた時期があった。
記録に残るような深さはないけれど、
しっかりと自分の脚で歩いた旅だった。

そのころを筋肉と神経が思い出し、ベトナムにも漂うアジアの温度に

もっとみる
よし、もっと頑張るで。
1

世界名作劇場への旅

これは凄い本だなぁ・・世界名作劇場の舞台となる場所(国や土地)を実際に訪れて写真に納めたガイドブックです。

グリーンゲイブルズやセントピーターズバーグなど、メジャーな作品の舞台は当たり前ですが、マルコやペリーヌが歩いた道中まで紹介しています。😮

たぶん物語を知らない人はピンと来ないと思いますが、この本の著者が辿った道程はとんでもない距離ですよ、舞台のロケ地を訪れるのはファンとして夢ですが、そ

もっとみる

【旅】ちょっとだけベトナム(5)

ベトナム旅でお世話になった、ガイドのトンさんによる
ベトナム雑学を、ここに開陳します。
ウラは取っていないので、怪しい情報があってもあしからず。

「ハノイは人口800万人です。バイクは700万台あります、みなさま」

「ベトナムのお給料はだいたい3万円から4万円くらい。
自動車はトヨタで500万円くらい。関税が高いです、みなさま」

「私は日本に行ったことないです。11月に初めて行きます。
政治

もっとみる
ありがとうございます。
1

トラベルガイドブック #01

好きなものについての備忘録+ちょっとした紹介としてここを使ってみようと思います。

今年はコロナのせいでほとんど旅ができてないけど、ガイドブックを読むだけでも楽しい。なので、何冊かトラベルガイドを買いました。余計に旅がしたくなって困ることはあっても、読んで後悔することはないし。

■Cereal City Guide: London

ロンドンのシティガイド。洋書(ペーパーバッグ)です。装丁も中身

もっとみる
thank you ♡
4

【秋田県の記念日】わが郷土・秋田へようこそ!【誕生日 8/29】

こんにちは(〇ω〇)

アキラルです(〇ω〇)

なんと、今日、8/29はアキラルの30うん回目の誕生日です!٩(ˊᗜˋ*)و

各SNSでお祝いメッセージを頂きありがとうございます!ᕦ(ò_óˇ)ᕤもりもり!

そして、我が郷土の『秋田県』が149歳の誕生日を迎えました!

※1871年<明治4年>の廃藩置県で、8/29に『秋田県』が誕生したのです!

秋田県の記念日は祝日ではありません。

もっとみる
スキありがとうございます!(〇ω〇)ノ
1

るるぶ『埼玉』2021度版 発売中

こんにちは。 フリーランスのカメラマンです。主に人物、舞台、スナップなど、撮影させて頂いてます。ライフワークとして太陽の写真を撮ってます。

自粛前に撮影させて頂いたお仕事、『るるぶ埼玉』が5月に発売になりました。

ご紹介するのタイミングを逃していましたが、せっかくなので、此方でご紹介をさせていただきます。

「魔夜峰央先生」の「飛んで埼玉」が映画化されて、今回の騒動でリンクする感じで再度注目の

もっとみる
励みになります
7

旅行ガイドの仕事はなんだろう

109.旅行ガイドの仕事

 私は今回の世界一周旅行で「ガイドの仕事ってなんだろう?」としみじみ考えた。クスコの中澤さん、マチュピチュのビビさん、インドのラマナンドさん、そしてカンボジアのMさん。体調がよければ殆どのことは笑い飛ばす私だが、さすがにカンボジアの3日間はエネルギーレベルがいつもの5分の1ぐらいのところで会話が噛み合わなくてダウンした。

 
 「自分がプライベートツアーの客なのだから

もっとみる
ヾ(^v^)k ありがとうございます!
3

イメージで始める南フランス旅行:海の街

風の気持ちよい季節になってきました。

旅先では、美術館に行く派ですか?街でゆっくりする派ですか?私は、アトリエのようなにおいのする、街の小さな美術館を訪ねるのが好きです。作家さんの家を、美術館に変えたような、生活が少し透けて見えるやつ。

ちょっとした遊びから、はじめましょう。

次の旅で、あなたが南フランスに求める空気感って、どんなものでしょうか?サムネイルの絵から、選んでみてください。単純に

もっとみる
Je suis très heureux!
4

世界遺産バンテアイ・スレイ半日観光ツアーに参加してみたよ。|カンボジア体験レポート

スオスダイ!(訳:こんにちは。)カンボジア支店担当のかたかべです。

今回はアンコールワットだけじゃないカンボジアをお届け!ということで美の宝庫と言われている「バンテアイ・スレイ(Banteay Srei)」へ行ってきましたのでお伝えします。最後までどうぞお願いいたします!

▶世界で有名な美術といえばやっぱりこの人

いきなりですが「東洋のモナリザ」って聞いたことありますでしょうか。
モナリザで

もっとみる
みなさんのスキが更新の励みになります!
3