大森美希 / パリ在住ファッションデザイナー

海外在住24年。服飾学校教員→ Balenciaga→ Lanvin→ Nina Ri…

大森美希 / パリ在住ファッションデザイナー

海外在住24年。服飾学校教員→ Balenciaga→ Lanvin→ Nina Ricci→ Coachシニアデザインディレクターと、ジョブ型雇用で米仏老舗ブランドのデザイナーを歴任。現在パーソンズ・パリ修士課程でアソシエイトディレクターを務める傍らインフルエンサーとして活動中

マガジン

  • 考えるミキ

    私が見たこと、したこと、考えたこと、そして今後の展望について。 海外生活や外資系企業&学校勤務で体験したことや、海外在住者が見た日本のことなどを感じたままに綴るマガジン。いちファッションデザイナーの所見ですがファッション関係者でなくても楽しめるような、海外生活で身についた生き方のヒントを月に4回程度お届けします。 「人間は自然のうちで最もよわい一本の葦にすぎない。しかし、それは考える葦である。... 人間の尊厳は、すべてその思考の中にある。よく考えることに努めよう。考えることにこそ、道徳の原理があるのだ。」 パスカル『パンセ(Pensées)』 他人のSNSにいいねしてばかりしているあなた、自分の目で見て、自分の心で聴き、自分の頭で考え判断する「考える葦」になる習慣をみんなで身につけていきましょう。

  • ミキの歩き方

    私がオススメするパリガイドです。ちょっぴりディープでマニアックな「パリの歩き方」をお楽しみください。月4回程度の配信です。

最近の記事

  • 固定された記事

「日本人」であるということ

昨日は天皇陛下が即位を国内外に宣言される「即位の礼」が国の儀式として執り行われた。残念ながら生中継では見ることが出来なかったが、今やっとそれを見ながら、この文章を書いている。 今はインターネットがあるから外国に住んでいてもほとんど時間差なく見られるのは本当にありがたい。 海外に住んでいてもやはり、日本の伝統的な儀式は気になる。 前回、平成の「即位の礼」をテレビで観たのは1990年、29年前だからどんな儀式をどんな順番で行われるのかももう覚えていない。だからもう一度見てみ

    • 「推し」の著名人が眠るパリの墓地を散策しよう

      (写真はモンパルナス墓地のセルジュ・ゲンズブールのお墓) パリにはいくつか墓地があって、その中で最も有名な「ペール・ラシェーズ墓地(Le cimetière du Père-Lachaise)」「モンパルナス墓地(Le cimetière du Montparnasse)」「モンマルトル墓地(Le cimetière du Nord - Le cimetière de Montmartre)」は、たくさんの偉人や著名人が眠っているので、観光地として人気で、世界中からたくさん

      有料
      200
      • 自分自身を知り、行動する勇気を持つ。

        インターネットの普及で特にコロナ禍以降、家にいながら気軽に世界中の著名人や成功者の講演会や勉強会、セミナーに参加できるようになった。 彼らとセミナーやSNSを通して気軽に意見交換もできるようになって、さまざまな体験談や成功のノウハウが、ひと昔前とは比べものにならないほど気軽に共有されているし、地方にいてもいろいろチャンスは転がっているわけだ。 ただ、人の体験談やノウハウは間違いなくその人のものであって、それはあなた自身の体験談やノウハウではないことは明白だ。 成功者や著

        有料
        200
        • 将来何がしたいのか見つからないあなたへ

          高校や大学の進学先を選ぶときも、就職先や転職先を探すときも、将来何をしたいのか何となくでも分かっている人だったら話は早い。やりたいことに必要な資格が取れたり、技術が学べる進学先や就職先を選べばいいし、その目標が決まったらそこに向けてまっしぐらに進めばいい。 でも、将来の夢が明確な人ばかり存在しているわけではない。正直言って将来何をしたらよく分からない人の方が大多数だろう。インターネットやスマホの普及とともに情報が常に溢れかえっていて、例えば私が20代だった90年代の頃よりも

          有料
          200
        • 固定された記事

        マガジン

        • ミキの歩き方
          ¥500 / 月
        • 考えるミキ
          ¥500 / 月

        記事

          あなたにしかない「強み」とは何か

          大学入試や就職面接で「あなたにしかない強みを教えてください」と聞かれたら、あなたはいくつの強みを答えられるだろうか。 みんな何かしら他の人にはない良いところや、強みを持っているのに、それに自分自身が気付いていない人が案外多いものだ。 あなたにしかない強みをあなた自身が知ることは、決して面接対策のためにするのではない。あなたの人生がもっと楽に、そして意義のあるものになっていくために、自分の強みを知ることはとても重要である。 私がパリに来たばかりの頃は、そこまでフランス語が

          有料
          200

          あなたにしかない「強み」とは何か

          ファッションデザイナーが選んだ、パリのおすすめヴィンテージショップリスト

          (2024年5月6日、新たに【一気に見てみたいエリア】を追加しました。) ここ数年、Z世代を中心に「第2次古着ブーム」が巻き起こっています。日本では「メルカリ」で古着を買ったり売ったりする人がめちゃくちゃ多いですよね。おしゃれなヴィンテージ古着ばかりではなく、リユース、リサイクルのブランド品を扱う古着屋も全国的に増え、特にZ世代に古着は大人気です。 海外ではH&Mが、2月6日にNYのソーホーに新形態のコンセプトストアをオープンし、その中には、北米のH&M店舗としては初とな

          有料
          200

          ファッションデザイナーが選んだ、パリのおすすめヴィンテ…

          新しいことを始めるのに適した年齢について

          何か新しいことを始めたいなと思った時、「でももう年だし、今から始めるには遅すぎる」と年齢が高いことを理由に始める前から諦めてしまう人が少なくない。 確かに人間の脳の中で人間らしい高次な機能のほとんどを担っている重要な部位、前頭葉(前頭前野)の働きは、およそ20歳前後でピークを迎え、加齢とともに低下していくことが分かっている。 だから私のようなアラフィフをはじめ、30代以上の人々が年齢を理由に新しいことを始めるのをためらうのはわかる気がするのだが、中には10代や20代の人た

          有料
          200

          新しいことを始めるのに適した年齢について

          パリのカフェと文化を味わい尽くす vol.2

          「パリのカフェと文化を味わい尽くす」第二弾です。今日はカフェをどのように活用していったら良いのかと、カフェにある飲み物について重点的に書いてみました。お楽しみください。 第一弾はこちらからどうぞ。 お気に入りのカフェを見つけよう パリっ子たちは、たいてい自分のお気に入りのカフェがひとつやふたつ、自宅の近くにあります。居心地の良いカフェが見つかったら、そこにずっと通い続けます。 注文するものもあまり変えません。店員さんたちはどの客がどの飲み物を注文するのかしっかり覚えて

          有料
          200

          パリのカフェと文化を味わい尽くす vol.2

          反対意見で議論を交わせるフランス人と、人格否定されたと思い込む日本人

          先日の朝、いつものカフェでいつものようにお茶をしていると、フランス人の店主とお客さん合計3人で、昨今のパリオリンピックに伴うパリ市内の道路工事についての話が始まった。 カフェの前の広場がただ今工事中で、もう100年以上その広場に置かれていたであろうデコボコではあるが趣のある古い石畳が取り除かれ始め、その代わりに真新しい大きな石が次々と置かれていくのを目の当たりにしたからだ。 カフェの店主は、道路工事にとても否定的だ。まあ、営業中に行われている工事が仕事の妨げになっているせ

          有料
          200

          反対意見で議論を交わせるフランス人と、人格否定されたと…

          パリのカフェと文化を味わい尽くす vol.1

          パリっ子たちの生活に欠かせないカフェ 皆さんがイメージするパリといったら、エッフェル塔や凱旋門の次に連想するのがきっと「カフェ」ではないでしょうか。 パリにはカフェがとても多く観光客はもとより、パリっ子たちもカフェに足繁く通います。 早朝から深夜までずっと営業しているパリのカフェ。パリっ子たちは朝は新聞を読んだりクロスワードパズルをしながら一杯のコーヒーを飲んだり朝ごはんを食べたり、昼は同僚たちとビジネスランチ、午後はテラスで読書や日向ぼっこをしながら知人と語らい、

          有料
          200

          パリのカフェと文化を味わい尽くす vol.1

          ファッションデザイナーという職業のこれから

          (写真 Vogue Italia September 2010 issue, Photographe by Paolo Roversi) 今日のファッション市場は、デザイナーにとっては「冬の時代」である。以前のようにただ良いデザインや高いクオリティの服を提供すれば売れるという時代ではなくなっているのだ。 今に始まった事ではないが、ラグジュアリーファッションとファストファッションの二極化が加速する中、それに加えて昨今の物価高とサステナビリティな観点から消費者がなかなか新しい

          有料
          200

          ファッションデザイナーという職業のこれから

          自分の目で確かめる

          私は2000年の8月にパリに移住してきた。 そして、それから23年と半年が経つ。 ファッションデザイナーとしての経験を積むこと、せっかく海外に行くのだから日本人のコミュニティーにすべて頼らず、出来れば海外ブランドで働いてみたい。3年以内に仕事が決まったらパリに残る、決まらなかったら日本に帰る。 というのが自分自身に課したミッションだった。また、 百聞は一見に如かず、小さい頃からずっと憧れだった海外生活を実際に体験してみよう。そして自分の生まれた国、世界から見た日本がどん

          有料
          200

          レディー・ガガだってアリアナ・グランデだって、その奇抜なコスチュームを着て舞台で動き回るのよ - シン・ファッションデザイン

            (写真 Rei Kawakubo for Comme des Garçons, Photographe by Paolo Roversi) 私は現在、ニューヨークにあるパーソンズ美術大学のパリ校であるパーソンズ・パリの、2年半前に新設されたファッションデザインとアートの修士課程 MFA(Master of Fine Arts) Fashain Design and the Artsのアソシエイトディレクターとして、プログラムディレクターのトマスと共に「Core Stu

          有料
          200

          レディー・ガガだってアリアナ・グランデだって、その奇抜…

          はじめの一歩、行動するかしないかで今後が決まる

          街には情報が溢れかえっている。 ソーシャルメディアの急速な発展で、大都市や海外に住んでいなくても、インターネットやスマホさえあればいつでもどこでも国内外のさまざまな情報が入ってくるし、あなたが特に有名人ではなくても、自分の考えや意見をSNSで自由に投稿し、人々の共感を得ることが出来る。 また、オンラインセミナーに参加すれば、簡単に有名人やインフルエンサーたちと意見を交わすことが出来たりもする。著名人が辿った成功の話を参考にすれば憧れの仕事だって見つかったりするかもしれない

          有料
          200

          はじめの一歩、行動するかしないかで今後が決まる

          大切なのは「決して諦めない」こと - レディー・ガガのアカデミー賞受賞スピーチと年の瀬に思うこと

          2023年も残すところ本日のみとなってしまいました。 コロナ禍のゴタゴタがやっと終息に向かってきたと思えるようになってきた2023年は、パンデミック中に味わった滅多にない貴重な体験を振り返りながらも、リアルな生活の喜びと尊さを噛み締める1年間でした。 激動のこの数年間で、思い描いていた将来の設計図が予定通りに進まなくなってしまい、まわり道や変更を余儀なくされた時や、挫けそうになった時に時々思い出す映像と言葉があります。 それはレディー・ガガが2019年2月24日に、第9

          大切なのは「決して諦めない」こと - レディー・ガガのアカデミー賞受賞スピーチと年の瀬に思うこと

          本当にフランス人は「週35時間」しか働かないのか。

          よく「フランス人は働かない」とかいわれるけど、実際は本当にそうなのだろうか。 今朝いつものカフェに行ったら、日曜日の午前9時にも関わらず常連客のおばさんがいつものように真ん中の同じテーブル席に座って、そして別のお兄さんがやはりパソコン取り出して真剣に仕事していた。 たしかにフランスでは法律で5週間の有給休暇や週35時間労働が規定されているが、実際には残業する職種も多いし、管理職になると仕事が35時間以上になるのは結構普通だと思う。フリーランスの場合はどうだろうか、やはり仕

          本当にフランス人は「週35時間」しか働かないのか。