【回答】相手から告白してもらうには?他【恋愛相談10件】

【回答】相手から告白してもらうには?他【恋愛相談10件】

質問箱に届いたお悩みに回答する連載、第32回です。今回は恋愛に関する相談10件に回答していきたいと思います! Q1.一目惚れって経験ありますか?一目惚れの経験はありません。未知の世界! Q2.本当に好きなのか分からなくなった時はどうしたらいい?私は別れる派です。旦那が彼氏だったとき、一度別れているのですが、半年後に再会したとき、ものすごく安心感があったのを覚えています。目を合わせて一言交わすだけで、体にかかっていた圧が全部消えるぐらいの感覚があって、この人だと思いました。

1
恋についての一考察

恋についての一考察

 きっとこの文章を読んでいる人はいないと思う。だから、私は今の気持ちをなんでも書くことができる。(誰かが読んでくれたら嬉しいがそれ以上に恥ずかしい。)  一つ言いたいことがある。私はどうやら恋をしているらしい。しかしだ。この恋はまぁまず叶うことはない。私の思いとは裏腹に、相手は恋をしない人物だったのである。なんとも、青春をしたくないらしい。私にはよく分からないが、本人にはしっかりとした理屈があり、そういつも言っている。  気の迷いか?と思ったりもするが、今の気持ちがそうな

先輩男性社員キラーA子ちゃん

先輩男性社員キラーA子ちゃん

前の職場にいたA子ちゃんの話を思い出したので書き留めてみる。 社内にいる「先輩男性社員キラー」なオンナA子ちゃん A子ちゃんと私はそこそこ仲良しで、恋バナとかもする仲だった。 お互いフリーの時期が結構続いた頃は、「早く男できないと、私たちほんと枯れちゃうよ~(笑)」なんて言いながら笑い合っていた。 恋は突然やってくるもので、チャンスがあれば掴む元気はいつだって残していた。 A子ちゃんは「私はその気ないのに、私に好かれてるって勘違いしてるみたいあのメンズ…」とぼやくこ

1
恋バナでもしようか

恋バナでもしようか

随分と久しぶりの更新となってしまった。 最近は家で絵を描くのに没頭している。 決して上手いわけではないが、己の好きなように世界を構築するのは非常にワクワクする。 それはさておき。 noteを更新するにあたって、なんの話をしようかと、洗濯物を畳みながら考えていたところ、ふと昔の恋人を思い出したため、今日は恋バナでもしようかと思う。 ・ ・ ・ 最後の恋人と別れてから6年が経った。 長いお付き合いをしていたわけではないが、この先の人生を含め、彼のことを忘れること

3
【散文詩】恋花(コイバナ)

【散文詩】恋花(コイバナ)

すっかり生ぬるくなったビールの向こうに 睡蓮の花が物憂げな顔で座っている 白い陶器の肌が青ざめて 透き通った光沢を放っている その清楚な肌に触れることを許した 借金まみれの男の手が離れそうだという 他の花の元へ行くのが怖くて 眠れなかったと 伏し目がちな瞳で語る 隣には抑えようとしても ほころんでしまうフレンチローズが 零れそうな蜜の香りを漂わせている 左の薬指に魔除けのリングをはめた上司との ヨリが戻ったという この間まで萎れていた花弁が艶めき リングの指と戯れて 一

11
【感謝御礼】雨の日ならではの楽しさ

【感謝御礼】雨の日ならではの楽しさ

本日noteを開くと嬉しいお知らせが! 毎週月曜日に届くこちらのお知らせ、 皆さんにも改めてお礼を言いたくて記事にしました。 こちらをいただいたのはこの記事でした。 …なんと、またしても先週の感謝御礼記事でした! アメリカの語学研修と、 その前後の話を書いた記事でした。 語学研修中に出会えた人には、 価値観とか、考え方とか、 色々なことを教えてもらいました。 そんな内容が、少しでも 伝わっていたら嬉しいです。 ちなみに、いただいたカテゴリーはこちらでした。 ま

17
結局恋に生きる女

結局恋に生きる女

随分ほったらかしていたノート。 一番最初に述べてた意中の彼とは告白をすることもされることもなく、連絡も取らなくなりフェードアウトしていきましたとさ。 もう暫くは恋はいいかな~なんて思いながら、ちゃんと思ってはいたのですよ? なのに、なのにまた、、 気になる人が出来た…!!!! ~そして学ばない私はまた叶わない相手に恋をするのであった~ このままセ○フレになってしまうのか、はたまた彼女になれるのか、はたまた別の人に恋をするのか、、、今後に注目です!

1
この年になって自分の子供より年下に恋をするなんて思わなかった~その後のレッスン状況~

この年になって自分の子供より年下に恋をするなんて思わなかった~その後のレッスン状況~

前回のお話はコチラ こちらのオンライン英会話を始めた時に自分のレベルも分からないし、どうやって進めていいのかわからなかったので、 『やり直し』の意味も含めとりあえずテキストも超初心者レベルから勉強していました。 この方のレッスンは自分の仕事の都合上いつも週末に受けていましたが、 そんなある時、この方のレッスンで突然 『あなたには簡単すぎる』と言われ  少し難しい他のテキストをすすめられました。 そのテキストを見せられましたが、 私にはムリ😣と分かったので苦笑いしながらやん

2
恋…夢…

恋…夢…

夢を見た 明け方頃だったかなぁ。 それは 恋の夢… 淡くてせつない恋夢 そうそう 昔の若い頃を 思い出すような夢だったなぁ。 逢いたくて逢いたくて せつない夜を何日も過ごして やっと逢えても 何時間一緒にいたとしても 時間が足りなくて足りなくて… 「こんな大好きな子と 結婚できたらどんなに しあわせなんだろう」 「毎日がハッピーで 素敵な日になるに違いない」 今結婚し 昔の想いが実現できている。 恋してる時はまるで 真夏の夜に打ち上がる

4
お互い同じ熱量で付き合ってる人たちすごいな、と思った話。 * 恋話

お互い同じ熱量で付き合ってる人たちすごいな、と思った話。 * 恋話

ほっといてほしい、一人にして欲しい とぶっきらぼうに突き放したくなる。 一番私を理解しようとして、大切にしてくれる人に対して。 こうやって改めて文字に起こして見ると、私はひどく勝手で冷たい人だなぁと思う。 なぜそのような衝動に駆られるのだろう。 ①その人に対して素を出せないから ②そしてそれに対する罪悪感があるから という2つが思い浮かぶ。 なぜ素を出せないのだろうか? それはきっと その人が私に対して向ける熱量よりも、自分がその人に対して向ける熱量が少ない

3