会津若松市 公共施設マネジメントタウンミーティング

データ利活用した政策立案プロセスをデータアカデミーでは作成しましたが、行政として市民と共同でめざす姿を作り込むプロセスはここには入っていませんでした。

そこで、今回は、研究対象として実際の公共施設マネジメントのタウンミーティングを通じて、どのようなワークショップの設計、人材の育成、地域での話し合いを重ねていくとよいのかを支援という形で市役所、市民の方と共に約1年かけて行ってきました。公共施設マネ

もっとみる

第2次掛川市総合計画改定案へのパブリックコメントを提出しました

去る1月13日、第2次掛川市総合計画改定案を読む会を開催しました(詳しくは以下記事)。

この会を経て、あらためて総合計画を読み直し、自分なりの意見を整理してパブリックコメントをつい先程提出しました(〆切当日でした……ギリギリ)。
せっかくなので、以下にどんなパブリックコメントを書いたか共有させていただきます。

------

1.計画全般に関するご提案

はじめに、計画全般に関係する記載につい

もっとみる
「いいね」じゃなくて「スキ」なの、ちょっと照れますね。Thanks!
15

第2次掛川市総合計画改定案を読む会を開催しました

「第2次掛川市総合計画改定案を読む会〜2025年の掛川をイメージしよう!〜」を1月13日(月・祝)大日本報徳社・冀北学舎にて開催しました。

当日は大学生、会社員、フリーランス農家、ライター、音楽プロデューサー、教員、議員、行政職員など、さまざまなバックグラウンドの12名が集まりました。

自己紹介をザッとした後、まずは総合計画を読んできた中で、興味のあるテーマや気になるポイントについて一通り話し

もっとみる
スキありがとうございます!ぼくもポチッとしてくれたあなたがスキです!
8

パブリックコメントの書き方攻略大全〜みんなでつくる地域政策〜

1.そもそもパブリックコメントって?

あなたは「パブリックコメント」(パブコメ)という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
e-Gov(電子政府の総合窓口)では、次のように説明されています。

国の行政機関は、政策を実施していくうえで、さまざまな政令や省令などを定めます。これら政令や省令等を決めようとする際に、あらかじめその案を公表し、広く国民の皆様から意見、情報を募集する手続が、パブリックコメン

もっとみる
「いいね」じゃなくて「スキ」なの、ちょっと照れますね。Thanks!
5

【告知】第2次掛川市総合計画改定案を読む会を開催します

生涯学習2.0の嚆矢として、1月13日に「第2次掛川市総合計画改定案を読む会〜2025年の掛川をイメージしよう!〜」を開催します。

現在、掛川市では、「第2次掛川市総合計画」の改定にあたり、パブリックコメント(市民からの意見公募)を実施中です。

この機会に、みんなで「第2次掛川市総合計画改定案」を読んでみて、前向きなアイデアを提案してみよう、という会です。

◯総合計画とは
自治体が策定する自

もっとみる
「いいね」じゃなくて「スキ」なの、ちょっと照れますね。Thanks!
1

まちづくりには終わりはない〜市民参画のまちづくり

武蔵野美術大学大学院 クリエイティブリーダーシップ特論、今回のゲストはアトリエTーplus建築・地域計画工房代表の辻喜彦さんです。1990年代から市民参画のまちづくり取り組んでいる、先駆者なのです。

まちづくりに関わる方のお話はこれまでも聞いてきましたが、都市計画を軸にした話を聞いたのは初めて。場所の持つ力の大きさに気づかせてくれた講義でした。

市民参画でまちづくりをするということ

今でこそ

もっとみる
わーい!ありがとうございます❤

つながりを創る:南アルプス市市民活動センターコーディネーター新津幸さん(2)

(前回から続く)

地域づくりは人づくりからはじまる。その想いから、当時の市民活動センター長であった保坂久さんが企画した通年のワークショップ「南アルプスWAKAMONO大学」。新津さんもそこに参加したことで、さらに様々な人たちとのつながりが深まっていったという。そして、活動拠点となっていた「南アルプス市市民活動センター」も、無料でコピーができたり部屋が借りられるというハード主体の場から、誰かに出会

もっとみる

つながりを創る:南アルプス市市民活動センターコーディネーター新津幸さん(1)

10月18日(金)に開催された第3回の地方創生Miraiサロン。今回は「つながりを創る」をテーマに、現在、南アルプス市市民活動センターのコーディネーターをはじめ、様々な地域活動に携わっている新津幸さんをゲストにお招きしました。

息子2人娘1人の子ども達の写真からスタート。10代で結婚出産し、まだまだ自分自身が遊びたい年代に子育てを経験した。今から20年ほど前、子育てのお母さんと言えば家事をやって

もっとみる

「アクティブラーニング」と、どう付き合っていく?⑥(終)

いい写真です。今年のお正月の写真ですね。風邪が治りかけたこどもちゃんと、こどもちゃんから風邪をうつされて鼻水びーびーになりながらこどもちゃんに着いていく私。なんでこどもって風邪ひいているのにあんなに元気なんですかね??? 

 ということで、長い連載も今回で最終回。今回はまじで最終回です。もう書くことないです。いや、まぁ自分のやってることの整理のために書いてるから終わりも何もないんだけど…。

 

もっとみる
愛してます!!
12

住民参加のまちづくりは、本来「面倒くさいものだ」っていう話

こないだこんなニュースが有りましたね。

 道路に引かれている線は、センターラインや車線境界線など、モノによって管轄が違うみたいですけど、「停まれ」という文字や停止線は、公安委員会っていうところらしいが発行主体です。他にも道路標識なんかも設置したりしています。

 公安委員会っていうと、テレビドラマでよく見かける内閣府の外郭の「国家公安委員会」とごっちゃになってややこしいですけど、こちらは都道府県

もっとみる
毎度おおきに!ありがとうございます!
4