寄付の配分は現金か現物か

前回、寄付をする側の「現金寄付」「現物寄付」について書きました。今回は、受け取った寄付を配分するときに現金か現物かについてです。

まず、寄付を受け取って配分する機関の選択肢について整理します。

①現物を受け取って現物を配分する

②現金を受け取って現金を配分する

③現金を受け取って現物を配分する

基本的にはこの3つです。今回は②か③かという話。ちなみに④現物を受け取って現金化し配分する も

もっとみる
ご縁に感謝。コメントお待ちしています
4

足利市競馬場跡地緑地広場の渋谷スクランブル交差点セットの話。

怒り。の感情でこの話に触れる。

足利市に競馬場跡地緑地広場という場所がある。この場所は足利競馬が閉鎖後に公園として活用したりテニスコートができたり、病院ができたり、イベント実施できる広場としての活用をしたりと、明らかにわかりやすい市民の為の場所だった。

この場所の一部に去年、撮影の為と一時的にスクランブル交差点のセットができた。まぁここまでは良い。去年中に撤去される予定でこれは作られたのだが予

もっとみる
スキありがとございます(`・ω・´)ゞ
6

疫病で市民活動にどんな影響があったのか−大阪ボランティア協会の調査結果から

まちづくり支援者界隈では、疫病が落ち着いてきたこともあり、いよいよ地域活動や市民活動への支援の強化が始まりつつあります。では、どんな支援が求められているのでしょうか。当然ながら、現場の活動家がどんなふうに困っているか、ということから知る必要があります。

 この点について、大阪ボランティア協会が主催した調査結果を公開してくれています。「新型コロナウイルス感染症が市民活動に及ぼす影響に関する調査(正

もっとみる
毎度おおきに!ありがとうございます!
3

【学生の学外活動レポ1】学生と市民が同じ方向を見てつくるワークショップ。普段の大学を飛び出してまちに変化のタネをまく同級生に惚れた。

noteを見てくださり、ありがとうございます!

こちらの記事は、山形の東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科のオンラインオープンキャンパスの一貫で作られているものです。

新型コロナウイルス災害による活動自粛のため、また、オープンキャンパスに訪れてくださる方々の安全の確保のために、私たちのオープンキャンパスもオンライン化されました。オープンキャンパスの全容をご覧になりたい方はこちらにアクセスく

もっとみる

【イベントのお誘い】6/27(土)団体の広報・PR戦略について語りませんか?

<目次>
団体広報こんなことでモヤモヤしない?
千葉県松戸のサポセンで広報・PRのイベントやるよー!!
ゲスト紹介:野村美穂さん
私はこんなことがしたいな。あなたは?

◆団体広報こんなことでモヤモヤしない?

自分たちの活動を知ってほしい、イベントへの参加者が増えてほしい、支援者がいるといいな、そんな願いを実現するのが「広報・PR」の仕事。

広報・PRの悩みは活動がどんな段階であっても尽きるこ

もっとみる
嬉しいです!なんてお礼を言えばいいか…
4

ステイホームで得た、ホームタウン

ステイホーム期間、と言われていた時期が終わりになりました。これから、新たな展開に入っていくために、個人や社会が動き出していく日々がやってきました。

外出を自粛し、仕事も普段と違うやり方で進み、家族との時間が増えた一方で、不安なことはいくつも生まれるような、そんな日々が懐かしくもあり、再び同じような生活になるのもまた怖い気がしています。

職場に行かないと仕事ができない、という性質の業務が実はリモ

もっとみる
読んでくれて、ありがとう!
10

「ハコ」を用意して、「表現する場」を提供する

コモンビートは16年間の活動で約6,300人の市民を大ホールの舞台にあげてきた。プロではないアマチュアな人たちばかりだ。

歌や踊りや演技などの技術的なハードルは全くなく、「やりたい気持ち」があれば、先着順に参加を受け入れてきた。

最初はぎこちなかった表情も動きも、表現活動を通して変化していく。大きな声を出して歌い、思いっきり体を動かし、窮屈な心を解放できることが大きな価値だったはずだ。

プロ

もっとみる
「スキ」って恥ずかしいですが(笑)、ありがとうございます!
10

#03 市民によるモニタリング -誰が担うべきか?

#01日本の「アドボカシー」を考える では、市民によるアドボカシー(社会を変えるための活動)を行うボディが必要だという話をした。この想いは最近、特にコロナ禍での4月以降の活動を振り返ってみて、ますます強くなっている。

4月以降、僕は都内のホームレス支援の団体の方々と協力して、コロナ禍で住まいを失う人への支援の必要性を訴えてきた。緊急事態宣言によってネットカフェが営業を休止すると住まいを失ってしま

もっとみる

第32おと 新生オトレンジャー

こんにちは(^-^)
パパ子育て応援団おとキッズのじゅんせんせいです(^^♪

おとキッズが4人体制となりました。
今まで2人でやってきたことが4人になることでできることも格段に増えるよね。
僕たちは胸躍らせ、あれやこれやと考えていた。そして、またしてもおとキッズに勢いがついてきた。

それでは、第32おと、はじまり、はじまり。

「4人になったことだし、オトレンジャーの新色作るかね」

もっとみる
テンション上がりまする😎
13

第30おと 3人目

こんにちは^^
パパ子育て応援団おとキッズのじゅんせんせいです(*´∀`*)

お世話になっている町内会の方から依頼が入った。親子総勢700人のイベント。桁外れの人数に驚いたが、何事も経験。得意の
「はい、喜んで」
と引き受けたんだよね。

それでは、第30おと、はじまりはじまり。

「なっ、700人ですか?」
「そう、700人。ちょっと多いけどよろしくね」

電話を切った後によし

もっとみる
どもどうも〜🎵
7