山戸結希

カネコアヤノ/山戸結希/ゆりやんレトリィバァ/筒井結愛/猥雑さと暴力性がカッコ良いアーティストたち(7,006字)

はじめに

「あらゆる音楽も文学も映画もエンターテイメントと呼ばれるものは一通り出尽くして、過去に誰かがやったであろうことをいかにズラすか切り貼りするかくらいしかなくて、そういうのよく分かんないふりしてチャラいことやってもなんだか虚しくて、難しい時代だよね。でもなんとかオリジナリティを出して、ひゅーっと壁を乗り越えて、ハッピーになれるものを生み出したい。」

今この時代を生きる表現者たるもの、大な

もっとみる
スキありがとうございます!
12

乃木坂46の楽曲を一日一曲語る。72日目『ごめんね ずっと・・・』(β)

【この記事の構成】

①今日のこばなし・・・
本題の伏線になる時とならない時がある雑談

②『〇〇』ってどんな曲?・・・
センターや歌唱メンバー等の基本情報

③『〇〇』を語る・・・
愛と飛躍に溢れた考察あるいは戯れ言

④おわりに・・・
総括と決り文句

↓時間が無い時は、『〇〇』を語るから読んでね↓

今日のこばなし-恋愛における比例と反比例-

「恋愛における比例と反比例」という言葉の組み合

もっとみる
グラツィエ!
1

今日のこばなし タイトル一覧【11~20日目】

『乃木坂46の楽曲を一日一曲語る。』内にて毎日連載中の「今日のこばなし」(30~200字程度)。

「今日のこばなし」にアクセスしやすくするべく、10日ごとにタイトル一覧を作ることにした。

11日目「ダメ人間」
#逃げ水#自分じゃない感じ

12日目「近江に行けなかった皆様へ」
#百人一首#近江#大会中止

13日目「キャッチコピー」
#キャッチコピー#トリビアの泉

14

もっとみる
チェーズーティンバーデー!
4

本の背表紙を眺める。

本屋さんに入って、背表紙を眺める。

例えば「学校」という単語を含む本を探す。

「学校・いじめ」「学校・こわい」「学校・経営」「学校・ICT」「学校・青春」「学校・事件」「学校・夢」「学校・大切なこと」「学校・転生」「学校・魔法」

ペタペタ単語を拾って切り貼りしただけなのに、その本の個性が何となく見えてくるのが面白い。

同じ「学校」という単語でも、色々な単語と結びつく。
人によってポジティブ

もっとみる
今日一日僕が幸せになりました。あなたも幸せでありますように。
5

私が尊敬し、愛してやまない山戸結希監督が久しぶりに大きなアクションを起こされていた。予告していた訳でもないのに、ずっとその日を待っていたかのような心の底から湧き上がる昂りを感じる。止まっていた記憶が蘇るようでもある。また近々noteにまとめたいと思っている。

#30DayMovieChallenge

Songに続く30日チャレンジ。和訳を捉えるのに手こずったり、否定的なものもあったり、途中から30DayFilmChallengeなる類似別企画のほうが伸びてきてたり、でなかなかモチベーションを保つのが苦しい企画であった。なるべく、ベスト映画に選出したもの以外から選ぼうと努力した30作品。

[1日目 お気に入りの映画]

THE 有頂天ホテル

こういうの考えると、いつでも結局ここに戻ってきてし

もっとみる
キスキスキー
23

2010年代ベスト映画30

今更ながら勝手に至極個人的な2010年代を振り返りたい、ベストトラックに続くベスト映画。平成ベスト映画と比べて、重たいテイストの作品が加わったけど、邦画好きからすると直球なセレクトが多い気がする。50音順30本。

1.愛がなんだ

ずっと引きずってきていた想いに額縁がついて飾られた気分になったような。人と人との結びつきに悩みは尽きないし、いつだって正解などないのだけど、落ち着いて見返した時に、ふ

もっとみる
キースキキー
31

映画「ホットギミック 」を観てドキドキした話。

今日Netfilxで「ホットギミック ガールミーツボーイ」を観た。

乃木坂の堀ちゃん好きだし、女の子に気持ちを描くのがうまい監督と聞いてずっと気になってた。

結論から言うと色、音、画角、質感、完ぺきだった。全てが揺れる気持ちを表してくれてた。

私もずっと空っぽで自分が何者なのか分からなくて悩んで。でも回りに流されて今自分がどこにいるのか分からなくて。なんだか10代の自分と重なって少々イライラ

もっとみる

-ダム初め-

本日は、午後からダム初めをしてきました。

近隣のよく足を運んでいるダムのひとつ。

空と水の感じが新年っぽいですね。

空や水が、新年っぽいって、我ながらよくわからないけど。



そして、このダムの景観としては、こちらが見どころ。

山並みの感じが日本画にしか見えない。

まったく何の加工もしてない撮りおろしの写真です。

日本画や水墨画、というのは、ほんとうに見えてるものを、ただ描いていた

もっとみる

2019年ベスト映画

いつもはひと監督につき1本という縛りでやってるのだけど、どうしても2本入れたくなってしまったのでそのルールは解き放った。多分、これからの作品にも期待をかけてしまうよ。久々にそういう映画監督と出会えたなぁ。

10位 ウィーアーリトルゾンビーズ 

演出だけでだいぶ得点高い。それくらい、目に新しい映像の応酬。カラフルでポップな世界の中で、両親が死んだ13歳の中学生たちがバンドを組みやがて世間に広まっ

もっとみる
スキスースキ
19