子供部屋おじさん

不定期~こどおじ日記(2020年10月25日日曜日)

2020年10月25日。晴れ。9時半に起床。相変わらず起き掛けはどんよりしている。自分が置かれてる立場を認識して、自分を追い込み、落ち込む。もっと自分と大事にしてあげれば良いのだ。お前は充分頑張って生きてきたではないか。

朝の日課として、台所、玄関、風呂場、トイレの掃除を行う。これらは毎日。後玄関の掃き掃除と自分の部屋の掃除は3日に1回で充分だろう。母親の認知症を少しでも食い止めるのは、定物定位

もっとみる
駄文にお付き合いいただき感謝です!
3

不定期~こどおじ日記(2020年10月23日金曜日)

2020年10月23日金曜日。引越しの疲れもあってか、睡眠薬も良く効いて昨晩は良く眠れた。昨日からの雨も上がっていた。曇りのち晴れ。

朝は介護支援専門員の方が訪問あり。母の状態が思わしくなく、要支援1から2に変更の提案をしてくれた。母は身体は健康なのだが、認知症の兆候がここ数年で出始め、現在では明らかに行動に異常が出てきている。双極性障害から認知症へ発展することは珍しくないようだ。自分がその立場

もっとみる
駄文にお付き合いいただき感謝です!
2

不定期~こどおじ日記(2020年10月21日 水曜日)

2020年10月21日水曜日。晴れ。9時半に起床。午前3時に寝て、正午に起きるという生活をしていたが、やはり気分が上がらないので少しずつ朝型へ生活リズムを戻している。今日は寒いと思い、裏起毛のパーカーを着てみたのだが、意外に暑く、日中はロンT1枚で過ごすことにした。9月23日に適応障害が限界を迎え、会社に行けなくなってからほぼ社会から断絶をしていた。飲み食いもせず一日中布団に潜り込み、夜になって食

もっとみる
駄文にお付き合いいただき感謝です!
2

【暮らし】実家暮らしの大学生が一人暮らし・実家暮らしを考える。

自分の考え

高校生の頃は絶対一人暮らししたいと思っていた。実家暮らしは恥ずかしいと思っていた。しかし、宅浪生活、大学生になってオンライン生活を続けているうちに実家の居心地の良さに気づいた。出来るのであれば、実家暮らしでもいいかなと思う。

実家暮らしは恥ずかしいことなのか。

ここ30年の不況、経済の低迷、現在のコロナ禍、高齢化社会の進行、子供が減少しているという状況を考えると、実家暮らしの人が

もっとみる

Youtubeの広告を観せないブラウザ

✅分散型台帳ブラウザ

こんにちは。突然なんですが子供にYouTube見せてるときや、ネットを見せてるときに有害なアダルト広告出てきたら、『ハッ』としますか❓
自分が広告載せてる側なんで、あんまり教えたくなかったんですが、ネット見てると『YouTubeの広告が突然流れて、困る』と『広告ビックリする』なんて言葉が散見されるんで、意外とまだメジャーじゃないのかな❓
と思って、書きました。

ちなみに、

もっとみる
誠に感謝しております💦フォローもお願いします❕
27

子供部屋おじさんの逆襲(婚活編_最終話)

私の問いかけに対して、静まり返った会場が答えを出していた。
「突然、変なことを言って申し訳なかったです。せっかくの楽しい空気を壊してしまったお詫びではないですが、帰りにこちらのスタッフに返金を申し出てもらった方には全額を返金させていただくように手配しておきます。」

会場中の人たちにお詫びをし、スタッフに返金依頼があった場合は後日、請求書を私宛に出して欲しいという旨などを伝え、会場をあとにした。

もっとみる
ぜひ、ランチの話題にしてもらえたら嬉しいです!

子供部屋おじさんの逆襲(婚活編_4話目)

私たちの話し声が意外と大きくなってしまっていたのか、会場中の注目を集めていたことに気付いた大坪さんは司会者からマイクを受け取ると、
「大変失礼致しました。フリートークは継続中ですので、皆さま楽しい時間をお過ごしください。」
と会場にアナウンスした。

「佐々木さん、もうお帰りになるんですよね。出口までお送りしますよ。」
大坪さんが私を誘導しようとした時、
「小林さんに佐々木さん、もう帰られちゃうん

もっとみる
今日か明日、あなたに良いことがあるでしょう!
1

子供部屋おじさんの逆襲(婚活編_3話目)

「すみません、責任者の方に挨拶したいんですが、どちらにいらっしゃいますか?」
突然の問いかけにスタッフが戸惑っている様子だった。

「運営上でなにか問題でもありましたでしょうか?」
スタッフはもしクレームだった場合、上に報告される前に自分のところで止めておけるならば止めておきたいというのが本音だったのだろう。そういった雰囲気を感じたので、
「いえ、何か問題があったという訳ではありません。このパーテ

もっとみる
スキありがとうございます!!

子供部屋おじさんの逆襲(婚活編_2話目)

フリートークに入ると、他の人に先を越されまいと男女が獲物を狙うように押しかけていった。そんな中、私と小林さんには全く女性陣が近寄ってこなかった。

「小林さん、やっぱり子供部屋おじさん影響が出てますね、これは。」
「そうですね。でも、私は子供部屋おじさんでもなければ、年収が低すぎるわけでもないのに来ないのは何ですかね?」
「それは、単純に小林さんに魅力がないだけなんじゃないですか?」
私と小林さん

もっとみる
今日か明日、あなたに良いことがあるでしょう!